目次

  1. SUMMER SONICとは?
  2. 今年の出演アーティストは?
  3. 注目アーティストは?

SUMMER SONICとは?

S03

WWW.SUMMERSONIC.COM

2000年8月、都市型フェスティバルとして産声を上げた“SUMMER SONIC(サマーソニック)”。

国内初!関東・関西の2大都市での同時開催&出演アーティストを総入替、という画期的なフェス形式のもと、 グリーン・デイ、ブルース・エクスプロージョンをヘッドライナーに、国内外のアーティストが集結した。

出典: WWW.SUMMERSONIC.COM

都市型フェスとあるように、都心からアクセス便利な場所で、
生の音楽を楽しめるのがサマソニの最大の特徴と言ってもいいでしょう。

また、普段なかなかお目にかかれない海外アーティストの出演もあり、
毎年非常に豪華なメンツが揃います。

今年の出演アーティストは?

WWW.SUMMERSONIC.COM

洋邦、様々な音楽性を持った個性豊かなアーティストが揃っていますね。

注目アーティストは?

A003

【ARIANA GRANDE】
1993年6月26日生まれ、現在21歳のアメリカ人。
“ネクスト・マライア”とも言われる程、ズバ抜けた歌唱力の持ち主で、YouTubeでマライアのヒット曲等、数々のカバーを披露して注目を集め、「オンライン上で影響力のある女優」の3位にランクインし、全米ビルボードは「オンライン上影響力のある人物」とも称えている。

今、全世界の音楽業界で最も注目されているといっても過言ではない彼女。
キュートな見た目と妖艶な歌唱力のギャップを感じるはず。

B017

【MAGIC!】
ナスリ・アトウェ(Nasri Atweh) ボーカル
マーク・ペリッザー(Mark Pellizzer) ギター
ベン・スピヴァク(Ben Spivak) ベース
アレックス・タナス(Alex Tanas) ドラムス

MAGIC! (マジック!)は、カナダのトロント出身の4人組レゲエポップバンド。2013年に発表されたデビューシングルである「ルード」(邦題:それでも僕は結婚する)が全米チャート・全英チャートで1位を記録した。

レゲエをベースにしたゆったりとした楽曲が夏フェスの野外にはピッタリなのではないでしょうか?
夕暮れどきに是非とも聴きたい!!

B015

【CLEAN BANDIT】
ジャック・パターソン / ベース、サックス、キーボード
ルーク・パターソン / ドラム
グレース・チャトー / チェロ
ミラン・ニール・アミン-スミス / ヴァイオリン


イギリス出身の4人組、クラシックをベースにしたエレクトロ・ユニット。
クリーン・バンディットは、ケンブリッジ大学で出会ったジャック、グレイス、ニールの3人に、ジャックの弟であるルークが加わり2009年に結成。ケンブリッジの暗くて狭いナイト・クラブで、クラシックとベース・ミュージックを融合させた音楽を演奏し、「今まで聞いた事の無い音楽」と話題に。
2012年12月にリリースしたシングル「A+E」が、全英チャート100位にチャート・イン。続いて2013年4月にリリースしたシングル「モーツァルト・ハウス」は、彼等にとって2013年までで最高位となる全英チャート14位を記録。
2013年12月、日本で撮影したミュージック・ビデオ「ラザー・ビー」を公開し、2014年1月にシングルとしてリリース。
2014年2月1日付の全英シングル・チャートで「ラザー・ビー」が初登場1位に輝き、4週連続で1位を獲得。

クラシックとダンスミュージックの融合で新鮮な感覚を味わえるのではないでしょうか?
ステージの照明と組み合わさればいい異世界が広がりそう。

日本ではなかなかお目にかかれない海外のアーティストを紹介しました。
ここで紹介しきれない話題のアーティストも多く出演するサマソニ。
ぜひ、世界の音楽シーンの今を感じてみては?

次は日本のアーティストを紹介します。