目次

  1. 闇道化師と化したマサヒロ
  2. 髑髏の司祭ヤスシ
  3. 山岳の闘士トモヒロ
  4. 偉大なる戦士タイラー(Tyler the Great Warrior)
  5. まとめ
  6. 【関連まとめ】

闇道化師と化したマサヒロ

Maz19761006ess img406x600 14580181087pwiuw692

遊戯王の第2回全国大会、優勝賞品。
マサヒロとは大会の優勝者の名前で、優勝記念品として製作されたカードです。

イラストは『闇・道化師のサギー』を基にしており、ステータスも同じです。
「墓地にある効果モンスターの効果を再利用する」というリバース効果を持ちます。

リバースモンスター中心のデッキで活躍する。
特にほとんどがリバースモンスターで占められている『シャドール』デッキで無類の万能さを発揮します。
あくまで「効果モンスターの効果」なので、リバースモンスターの効果も利用できます。


プロモカード扱いなので公式大会では使えません。

髑髏の司祭ヤスシ

Sim

第2回全国大会の準優勝商品。
こちらも同じく、順優勝者の名前です。


『スカルビショップ』を基にしたカードで、ステータスも同じ。

世にも珍しい、「トラップカードが素材となる融合モンスター」です。
素材の両方が禁止カードに指定されているため、正規融合は不可能。
そもそも『融合』のテキストには、素材カードは「モンスターカード」と書かれており、つまり魔法カードや罠カードを素材とすることが出来るのかは不明です。もし公式大会で使用可能だった場合、どうなるのでしょう。

ビショップとは『司教』ですが、このカードは司祭です。司祭は司教よりも位階が下です。融合した結果ランクが下がるのはなぜなのでしょうか?

オークションで30万の根がつきました。

山岳の闘士トモヒロ

Img 1

こちらも第2回全国大会の3位賞品です。同じく3位入賞者の名前です。

公式大会では使用不可。

基になったカードは『マウンテン・ウォリアー』で、ステータスやイラストにも共通点があります。

効果は『キャノン・ソルジャー』です。
このキャノン・ソルジャーは過去の大会優勝者が3枚投入していたカードです。
射出モンスターを安定して用意できればかなりの強力な切り札となります。

オークションで10万の値がつきました。

偉大なる戦士タイラー(Tyler the Great Warrior)

28569

海外で遊戯王カードの販売を行っていた会社、UpperDeck社が特別に開発したカード。
これは正真正銘、『世界に1枚しかないカード』です。


『タイラー』とは、未分化肉腫という難病にかかった少年、Tyler Gressle君のこと。
彼には遊戯王カードを自分でデザインしたいという夢がありました。

彼の夢を叶えるため、普通の生活が送れない子供達を支援する事を目的とした財団「Make a Wish Foundation」が、UpperDeckと共同で製作したのが『偉大なる戦士タイラー』です。


このカードはプロモカードや記念品と違い、公式デュエルで使用できます。
もちろん複数枚積むことはもちろん、タイラー君以外はデッキ採用することすら不可能です。


イラストは『ドラゴンボール』のスーパーサイヤ人風に、そして手裏剣と『伝説の黒帯』も描かれています。カードの原案はタイラー君によるものなので、おそらくタイラー君は日本の漫画やニンジャ・カラテなどが好きなのかもしれません。

その後、タイラー君の病気は完治したそうです。

遊戯王GXではカードには精霊が宿ると言われている。
世界に一枚しかないタイラー君のためだけのカード。
もし精霊がいるならば、それはこのようなカードに宿っているのかもしれない。

出典: YUGIOH-WIKI.NET

まとめ

いかがだったでしょう。
実在する人物をモチーフにしたカードまとめでした。

自分の姿がカードになるとは、遊戯王などのカードゲームファンなら1度は考える事です。
遊戯王のオリジナルカード(オリカ)自体はわりと簡単に作れますが、公式的にカードが製作されるというのはかなり珍しく、普通ならまずチャンスはないでしょう。
自分をモチーフにしたカードが欲しい……カードゲームを続けていれば、いつかその夢が叶う日もくるかもしれません。

【関連まとめ】

RENOTE.JP

RENOTE.JP