名言、迷言多し!第六部までの『ジョジョの奇妙な冒険』歴代ジョジョとラスボスを網羅

Maxresdefault

第一部冒頭より名言と迷言、そして名シーンの宝庫である『ジョジョ』。まさにタイトル通り、「ジョジョ」の異名を持つ者が過酷な運命に身を投じるというサーガ。「宇宙が一巡りする」前の第六部までの「ジョジョ」と、各部を盛り上げてくれたラスボス、並びに名言と迷言をまとめました。ジョジョ立ち、スタンド戦、頭脳戦ばかりがジョジョの魅力ではない!?

『ジョジョの奇妙な冒険』とは

生まれ持った明晰な頭脳、冷徹な野心で英国貴族ジョースター家の乗っ取りを画策する少年ディオ。19世紀から100年以上にわたり続く、ディオとジョースター一族の戦いを描いた因縁の物語が第六部までの『ジョジョの奇妙な冒険』というわけです。「人間賛歌」がテーマであり、血筋も含めた過酷な運命に立ち向かう姿が描かれます。「ジョジョ」というのは各部主人公の愛称。

ジョースター一族

「元は貴族だったのに、ワルっぽいお調子者、不良、ギャング、無実とはいえ囚人。部を重ねるごとに社会的に堕ちていく」とよく言われますが、気高い意思を持ち、個人差はあれど強い信念の下ディオ並びに各部の敵と戦います。第三部より、左の首筋に星型のあざを持つという新設定が追加。

20131030221652

これが第三部で「ジョナサンの体が敵のDIOに乗っ取られたことの決定的証拠」としての絶望感を与え、第六部ラストでは「『新たな世界』で、戦闘と無縁に生き、父や婚約者と良好な関係を築いている女性が除倫であることの印(血統のあざは受け継いでもDIOとの因縁はもうないということ)」として感動を与える効果となっていました。

「ジョジョ」の系譜

第一部・ジョナサン・ジョースター

英国紳士であり、「敵わない相手」と知りつつ女の子(後の妻、エリナ)を助けるため立ち向かうなど既に紳士の片鱗を見せていました。しかし一方、テーブルマナーが悪い、隠れてパイプをふかすなど「本当に紳士を目指してるのか」と言いたくなる面もありました。それでも大学進学後は考古学の道に進み、父の持っていた「石仮面」の研究をするようになります。ディオとは義兄弟にして親友と言った形で文武共に「学校の誇り」と称されることも。しかしその友情が偽りのもの、体を壊した父の「病因」がディオにあると知り、行動に出ました。

75efa29e 32a9 4ad0 8113 daf13cab96d2

相手がゴロツキだろうと手加減した理由。

ゴロツキの集まる街に赴き、絡んできたチンピラに応戦。しかし大して深い傷は追わせませんでした。チンピラたちを束ねるロバート・E・O・スピードワゴンに「最大の大甘ちゃん」とされながらも、必要以上に他者を傷つけたくないというジョナサンの高い精神性を見抜いた彼から「さん」付けで呼ばれ何かと助けられることになります(死後に至るまで)。吸血鬼となったディオを倒すには「波紋」という特殊な技を身に着けなくてはなりません。それは特殊な呼吸法により、太陽と同じエネルギーを発して吸血鬼やそれに噛まれたゾンビたちを倒すというもの。ツェペリ男爵の下過酷な修行や実戦での修業の果て波紋法を身に着けて一旦はディオの撃破に成功。しかし、エリナとの新婚旅行の際、首だけになったディオに肉体を奪われそうになります。この船旅で親を亡くした赤ん坊をエリナに託し、ディオに「奇妙な友情」を感じて短い生涯を終えました。

【スタンド能力】
波紋しかない第一部のみの登場なのでスタンドとは無関係に思われがちですが、第三部で彼の肉体を乗っ取ったDIOが念写能力を使用。「スタンドって一人に一体じゃなかった?」と疑問視するファンもいましたが、茨状のスタンドが腕から出ている点、孫ジョセフと似た能力である点から「ジョナサンのスタンド」ということに落ち着いたようです。

B481e344

この茨状のスタンドはジョナサンのもの。

【名言】
・僕は本物の紳士を目指しているからだ!君が女の子で困っていたからだ!(略)負けると分かってるからって紳士は勇気を持って戦わなくてはならない時があるからだぞ!(金持ち嫌いのいじめっ子たちに、敢えて「ジョースター」の名が刺繍されたハンカチを見せてまでエリナを守ったシーンより)
・君が!泣くまで!殴るのを!止めない!
・震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!
【迷言】
・何をするだァー!(厳密には「何をするんだ」の誤植ですが、色々とネタにされている「迷言」の一つ。ディオに愛犬で親友のダニーを蹴られた時のセリフです)
・食べ残しのチョコだ!(品のないがっつきのオノマトペの中に「やったね」の文字。行儀の悪さが元で夕食を中断させられた後でした)

第二部・ジョセフ・ジョースター

二代目ジョジョで、ジョナサンの孫。祖父同様「JOJO(ジョジョ)」と呼ばれます。第三部、第四部にも登場。性格はお調子者にして熱血漢。半面祖母のエリナを恐れているような素振りがあり、警察官をたたきのめしたことよりも「ばあちゃんに叱られる」ことを心配していました。波紋については修行していないのに生まれつき習得しており、普段の言動からは想像もつかない知略を持って現代人類以上の能力を有する「柱の男」の一人を撃破。

Dnixyuew

左から三部、二部、四部。

努力嫌いという主人公としては珍しい性格ですが、柱の男から死の指輪(内部に毒が入っている。1920年代の外科手術での除去は不可能。33日経つと指輪が崩壊し、内部の毒が流れて死ぬ。解毒剤は柱の男が鼻や唇に着けたピアスにある)を体内に埋め込まれたことで様々な修行をすることに。波紋使いのシーザー共々、過酷な修行の果てにパワーアップした波紋の力と「詐欺師に向いているかもしれない」とされる狡猾さで柱の男たちに挑みます。この戦いの中、仲間の為に手段を択ばず戦うエシディシ、敵であっても戦士に敬意を払うワムウに対しそれぞれ敬意と友情を抱き、ワムウが風となって消えた時は無意識に敬礼をしました。ラスボスのカーズとの戦いで死亡したと思われましたが、どうにか生きており、家族や師匠らの下へ。しかし、タイミングがいいのか悪いのか、皆が集まっていたのはジョセフの葬式の時。趣味は漫画本集め。ラストでは老人になっており、「娘をとった」として日本人を憎む描写がありました。それでも娘や孫を想って泣いたり、「ウォークマンは好き」と言ったりの憎めない好々爺とも言えます。

【第三部】
後述の承太郎の祖父として登場。不動産王として大成していますが、娘を救うためエジプトまで旅行することになります。「わしの乗った飛行機が落ちるのこれで三度目」とサラッとのたまい、ラストでマイナー映画の主演女優や、パロディ洋楽のタイトルを言い当てるなど「下らない知識(承太郎談)」を披露して本人確認が取れるナイスな爺様なのは二部ラストと同じ。若い頃同様お調子者の面も見られます。ただ、波紋の力とスタンド能力を合わせた防御策をとるなど、豊富な戦闘経験や元来の知略による戦いは見ものです。

【第四部】
すっかり耄碌した印象ではありますが、いざという時は頼りになります。隠し子に当たる仗助とは気まずい関係にありましたが、徐々に改善。

8f65a43f1a108cf25ebae8e6c3b40f5b

【スタンド能力】ハーミット・パープル
茨状のスタンド。念写でDIOの写真を写したり、テレビで自分の脳内を見たりもできますが、物理攻撃も可能です。

【名言】
・次にお前は「~」と言う(相手の心理をついてセリフを先読み。相手がその通りの言葉を吐いて「ハッ!」となるのが定石。これは第三部でも使われましたし、ファンがネタとして使うこともあります)
・こいつ(エシディシという敵)は誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きてきたんだな。善悪は抜きにして、コイツの生命にだけは敬意を払うぜ。
・リサリサ先生、たばこ逆さだぜ(戦友シーザーの死後、師匠のリサリサが平静を装う姿に気づいての一言。本人曰く前の自分ならそこまで気づかなかったとのこと)
・闘いにおいて貴様なんかとは年季が違うことを見せてやる!
・山を登る時、ルートも分からん!頂上が分からんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そう、コーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃ!
・カッコつけたかったんじゃよ、お前の前で(第四部より。息子の仗助に見限られつつ、「透明な赤ん坊」を救うために命を懸けた時の一言。実際には「お前」の所に傍点がついています)。
・❝正義❞の中にあるという「黄金の精神」を・・・わしは仗助の中に見たよ。

【迷言】
・俺の一番嫌いな言葉は「努力」で二番目は「ガンバる」なんだぜ!
・オーノーだズラ(「~ズラ」が口癖の敵に対する皮肉)
・わしの乗った飛行機が落ちるのってこれで三度目じゃぞ。生涯で三度も乗った飛行機が落ちる人間てそういるかな?(第三部より)
・じゃ、これで終わり!?こいつの名前も知らないのに!?(あっさりバトルが片付いてしまった時のセリフです)

第三部・空条承太郎

「くうじょう・じょうたろう」と「じょう」が続くことから「jojo」と呼ばれていたんですが、いつからか呼ばれなくなりました。急に現れた悪霊により周りに迷惑がかかるとして自分から刑務所に入っていたのですが、その悪霊の正体こそがスタンドでした。祖父ジョセフやアヴドゥルにより出所。スタンド能力の開花がDIOの覚醒の影響から来るもので、母ホリィにもまたその影響が出ます。しかし戦闘向きでない性格の為スタンドが害となってしまい、50日以内にDIOを倒さなくてはならなくなりました。

20160217031705

「帽子と頭が一体化している」という説もありましたが、劇中で脱いでいるのでご安心を。

彼自身は「不良のレッテルを張られている(まずいレストランで料金を払わない、威張るだけの教師を病院送りにするなど不良と言えば不良)」高校生で、喧嘩は強い上に、高校生ながら祖父よりも落ち着いて見える冷静沈着ぶりを披露。生粋のギャンブラーやゲームの天才などにも勝利する際はハッタリやイカサマを使ったりと肝も据わっています。クール&ヒートを絵に描いたようなキャラクターですが、「火のついたタバコを五本口の中に入れて、火を消さないでジュースを飲む」という隠し芸を持っているそうです。ついでに言えば、刑務所にいた時は缶ビールの側面に穴を開けてそこから一気飲みもしていました。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない(Diamond is Unbreakable)とは

「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない」は、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの第4部の作品(単行本29〜47巻に収録)、およびそれを元にしたメディア展開作品のことです。1999年の日本M県S市の杜王町(もりおうちょう)にて、主人公の東方仗助(ひがしかたじょうすけ)が、町に潜む連続凶悪殺人鬼と、次々と登場するスタンド使いに挑む、サスペンスホラー風の漫画です。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース(Stardust Crusaders)とは

「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース」は、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの第3部の作品(単行本12〜28巻に収録)、およびそれを元にしたメディア展開作品のことです。1987年、復活したDIOを倒すために世界を巡り、タロットのアルカナやエジプト神を模した敵と戦う冒険活劇です。今作に登場した「スタンド(幽波紋)」は、今作以降もジョジョを代表する能力となりました。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン(Stone Ocean)とは

「ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン」は、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの第6部となる作品(単行本64〜80巻に収録)、およびそれを基にしたメディア展開作品です。舞台は2011年のアメリカ。無実の罪で刑務所に収監された女性主人公・空条徐倫が仲間達とともに、「天国へ行く方法」を実現させようとするプッチ神父を止めるべく奔走する物語です。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風(VENTO AUREO、Golden Wind)とは

「ジョジョの奇妙な冒険 Part5 黄金の風」は、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの第5部となる作品(単行本47〜63巻に収録)、およびそれを基にしたメディア展開作品です。主人公ジョルノ・ジョバァーナが、ギャング組織のチームメンバーとともに「ギャングスターになる」夢を追う物語です。組織のボスや、ボスの放つ刺客たちとの戦いが、2001年のイタリアを舞台に繰り広げられます。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険 第7部 スティール・ボール・ラン(STEEL BALL RUN、SBR)とは

「ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン」は、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの第7部となる全24巻の作品(単行本81〜104巻に収録)、およびそれを基にしたメディア展開作品です。19世紀末に開催された架空の北アメリカ大陸横断レース「スティール・ボール・ラン」に挑む二人を主軸に、レースの裏に潜む国家の陰謀を描く、ホラー・アドベンチャーです。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険 第1部 ファントムブラッド(Phantom Blood)とは

「ジョジョの奇妙な冒険」とは、荒木飛呂彦のマンガ作品、およびそれをもとにしたアニメ、小説、ゲーム作品。第1部「ファントムブラッド」は今なお続く大人気シリーズ「ジョジョ」の原点であり、ジョナサン・ジョースターとディオ・ブランドーとの青春と対立が描かれています。ジョースター家と宿敵ディオの因縁の物語はここから始まり、様々な時代と舞台で「波紋」や「スタンド(幽波紋)」を駆使して戦いを繰り広げていきます。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険 第8部 ジョジョリオン(JoJolion)とは

「ジョジョの奇妙な冒険 Part8 ジョジョリオン」は、2016年12月の時点で14巻(単行本105〜118巻に収録)刊行されている漫画作品および、それを基にメディア展開されている作品です。第4部でも舞台となった杜王町で、3月11日に起きた震災でできた「壁の目」から出てきた記憶喪失の主人公・東方定助が、自分の記憶を探っていくサスペンス・ホラーです。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険 第2部 戦闘潮流(Battle Tendency)とは

「ジョジョの奇妙な冒険 Part2 戦闘潮流」は、「ジョジョの奇妙な冒険」の単行本5〜12巻に収録されているマンガおよび、一連のメディア展開作品です。第1部から50年後、ジョナサン・ジョースターの孫であるジョセフ・ジョースター達「波紋」の戦士と、第1部から続く石仮面と吸血鬼の力を持ち、「究極生命体」を目指す「柱の男」との死闘が描かれています。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険(第3部)のスタンドとスタンド使いまとめ

『ジョジョの奇妙な冒険(第3部)』とは、荒木飛呂彦による漫画作品である。吸血鬼DIOの覚醒に伴い、突如スタンドなる能力が発動した高校生、空条承太郎。母ホリィにもスタンドが発動するが、操る力がなく死に至る高熱に倒れる。ホリィを救うため、DIOを見つけ出し倒すための旅が始まった。超能力の概念に像を与えた「スタンド」は『ジョジョ』の魅力として広く知られている。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険(第5部)のスタンドとスタンド使いまとめ

『ジョジョの奇妙な冒険』とは荒木飛呂彦の漫画作品である。第5部『黄金の風』はジョルノ・ジョバァーナという青年が、麻薬がはこびるイタリアで正義のギャング・スターなるために奮闘する物語。組織での成り上がりを目指すジョルノだったがボスの非道な行いに仲間たちと共に反旗を翻すことになる。第4部では敵スタンドが弱いという声があったが、第5部では強力なスタンドが登場し、ジョルノたちを苦しめた。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険(第4部)のスタンドとスタンド使いまとめ

『ジョジョの奇妙な冒険(第4部)』とは、荒木飛呂彦の漫画作品である。副題は『ダイヤモンドは砕けない』。空条承太郎は、祖父ジョセフの財産整理の調査でジョセフの隠し子・東方仗助の存在を知る。仗助はスタンド能力を持っており、杜王町を舞台に承太郎や仲間と共にスタンド使い達、果ては殺人鬼の吉良吉影と戦うことになる。日常に潜む恐怖、奇妙さが描かれているこの部は第3部までとは違った雰囲気を持ち、人気も高い。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険(第1部)の名言・セリフまとめ

ジョジョの奇妙な冒険(第1部)は荒木飛呂彦によって1987年に少年ジャンプで連載されたマンガである。 石仮面によって吸血鬼となったディオと、主人公ジョナサンの闘いを描く。 その後ジョジョ第6部まで続くディオとジョースター家の因縁の原点になっている。 人間とは何か?、勇気とは何か?など、まさに少年漫画といえる内容を荒木飛呂彦の独特なセリフ回しで表しており、非常に名言が多い。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険(第2部)の名言・セリフまとめ

ジョジョの奇妙な冒険(第2部)は荒木飛呂彦によって1987年から少年ジャンプで連載されたマンガの第2部である。第1部主人公ジョナサンの孫、ジョセフ・ジョースターと1万年の眠りから覚めた「柱の男」たちとの闘いを描く。 ジョナサンとは対照的にユーモアのあるジョセフのセリフや、第1部にも増してのテンションの高さから名言も多い。

Read Article

子供、動物、ゾンビまで?『ジョジョの奇妙な冒険』異質のスタンド使いまとめ(第六部まで)

『ジョジョ』のスタンドバトルは知略戦、意外な能力などで見ていて白熱します。基本的にスタンド使いといったら10代半ば以降の人物、人間が多いのですが、中には「こいつがそうだったのか!」となるような「スタンド使い(本体)」も。動物だったり子供だったりと、そんな異色のスタンド使いをまとめました。能力を操れていなかったり、修行の果てに能力が目覚めた人までいて、奥の深いスタンド道です。

Read Article

『ジョジョの奇妙な冒険』×「資生堂」になんだかワクワクさせられた!

資生堂といえば日本が誇る化粧品メーカー。ところが資生堂が“本気”を出した「ジョジョ」のコスプレ(?)を、それも18人にも及ぶキャラクターを披露していた事実をご存知でしょうか? その本気クオリティたるや「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!」レベルなうえに、実はコスプレをしたモデルやスタッフなどにも大きな秘密があったのです。

Read Article

『ジョジョの奇妙な冒険』第3部スタンドの「暗示」まとめ

『ジョジョ』第3部で初めて登場し、今やパロディやたとえで使われる「スタンド」ですが、初期のものはタロットカードがモティーフで、各スタンドの「暗示」が語られていました。が、「イエロー・テンパランス」以降何でか暗示を言わなくなりましたね。「いや、何の暗示だよ」と。気になりますよね。主人公側も特に語られていませんし、ネット上で散々解釈されているかもしれませんが、まとめました。

Read Article

[誰が好き?]ジョジョの奇妙な冒険・敵キャラクターまとめ[第8部(ジョジョリオン)]

濃いキャラクター達や歴史に残る名言を残した人気マンガ、『ジョジョの奇妙な冒険』の敵キャラクターを各部、登場順でまとめました。 第3部からは「スタンド」の概念が登場したので、見えるスタンドは本体の下に表示してあります。 第8部は現在連載中のため、不明なスタンドが多めです。随時更新します。

Read Article

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめですが、今回はvol.16〜vol.30までをまとめてみました。15巻までで、とりあえずガンダムネタは一段落ですが、まだまだたくさんネタは存在しますよ。ちなみにDVDは全て2枚組、さらにテレビでは放送されていない完全限定特典映像などもついてきますb

Read Article

彼女が出来て幼なじみと修羅場!?『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』

2013年冬に放送されたアニメ『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』に関する記事です。この作品は、色恋沙汰を毛嫌いする主人公に彼女が出来て、それを知った主人公の幼なじみが、その彼女と修羅場を繰り広げる物語です。この記事では、個性豊かなキャラクターと彼女らが描く青春について紹介します。

Read Article

Contents