目次

  1. 登場人物
  2. そして海へ

わんおふのPV

登場人物

Images

わんおふでは、汐崎春野の他に、バイク仲間の鏑木小夜・別所杏里・前園利絵といつもバイクでつるんでいたが、田舎暮らしでいいのかと不満も覚える女の子でした。

%e4%b8%80%e4%ba%ba%e3%81%8a%e8%8c%b6%e4%bc%9a

いつも一人で景色のいいところで一人でお茶を飲み気を紛らわしていました。

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%a2

そこに、世界中を一人で旅しているシンシアがバイトで来ました。シンシアはとてもアグッシブな人で、春乃には特別な人間様に感じました。

%e4%ba%8c%e4%ba%ba%e3%81%a7%e3%81%8a%e8%8c%b6%e4%bc%9a

シンシアは春乃の気持を察し、お茶の場所に出向きあまり変に考える必要はないと諭します。

そして海へ

%e6%b5%b7%e3%81%ab%e8%a1%8c%e3%81%8f

シンシアは、春乃を炊き付けて、海へ行こうと誘います。山の中でか生活したことの無い春乃は、無理と決め込みことわろうとするが、やれば出来るという事を教えたいシンシアは、強引に出発します。何度も無理だ帰ろうと考える春乃だが、シンシアは自分の前を走れと命じ、海を目指して走り続けます。海が見えた時、海についた時に春乃は達成感を感じます。そして、シンシアは、人生は色々な人に頼っていいんだよと、語り、自分では考えたこともなかった春乃は、自分の人生を見直す決意をします。

%e3%81%bd%e3%81%93%e3%81%82%e3%81%bd%e3%81%93

春乃とバイク仲間は、ぽこあぽこと言うバンドを結成し、シンシアがバイトを辞める前にあらがとうと言う気持ちを歌で伝え、いつか自分がシンシアに会いに行くと伝えます。気持ちが楽になり、大きく羽ばたけることをシンシアに伝え物語は終わります。最後にシンシアが春乃のバイクに玉子と命名するのが笑えます。ほのぼのバスクアニメを楽しみましょう。

%e8%81%96%e5%9c%b0%e5%b7%a1%e7%a4%bc

このアニメは大変反響を呼んで、聖地巡礼をしたい都会人が増えます。その人様に作られたのが、上図マップです。