目次

  1. 甲鉄城のカバネリとは
  2. 本作の主人公 蒸気鍛冶師の青年 生駒
  3. 生駒の独自の武器「ツラヌキ筒」
  4. 生駒の生い立ち

甲鉄城のカバネリとは

Logo

世界中に産業革命の波が押し寄せ、近世から近代に移り変わろうとした頃、突如として不死の怪物が現れた。鋼鉄の皮膜で覆われた心臓を撃ち抜かれない限り滅びず、それに噛まれた者も一度死んだ後に蘇り人を襲うという。後にカバネと呼ばれる事になるそれらは爆発的に増殖し、全世界を覆い尽くしていった。

極東の島国である日ノ本の人々は、カバネの脅威に対抗すべく各地に「駅」と呼ばれる砦を築き、その中に閉じ籠もることでなんとか生き延びていた。駅を行き来ができるのは装甲蒸気機関車(通称、駿城)のみであり、互いの駅はそれぞれの生産物を融通しあうことでなんとか生活を保っていた。

製鉄と蒸気機関の生産をなりわいとする顕金駅に暮らす蒸気鍛冶の少年、生駒。彼はカバネを倒すために独自の武器「ツラヌキ筒」を開発しながら、いつか自分の力を発揮できる日が来るのを待ち望んでいた。

そんなある日、前線をくぐり抜けて駿城の一つ甲鉄城が顕金駅にやってくる。車両の清掃整備に駆りだされた生駒は、義務であるカバネ検閲を免除される不思議な少女を目撃する。
その夜、生駒が無名と名乗る昼間の少女と再会するなか、顕金駅に駿城が暴走しながら突入してきた。乗務員は全滅し、全てカバネに変わっていたのだ!
顕金駅に溢れ出るカバネたち。パニックに襲われる人々の波に逆らうようにして、生駒は走る。今度こそ逃げない、俺は、俺のツラヌキ筒でカバネを倒す!

──こうして、本当に輝く男になるための生駒の戦いが始まるのだった。

出典: KABANERI.COM

なんと、このアニメはアニメ版『進撃の巨人』を手がけたWIT STUDIOによるオリジナル作品になります。監督は 「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」「 ギルティクラウン」等を手掛けた荒木哲郎が務め、シリーズ構成・脚本は『コードギアス 反逆のルルーシュ』『OVERMANキングゲイナー』等の大河内一楼、音楽は澤野弘之、キャラクター原案は『超時空要塞マクロス』などの美樹本晴彦がそれぞれ担当をしています。それぞれ有名になってきたアニメを手掛けてきた人たちが作るオリジナル作品になります。

本作の主人公 蒸気鍛冶師の青年 生駒

00 images

ぼさぼさの髪に黒い首輪に、右のみレンズの入った眼鏡、右手に装着している緑色の石が特徴的です。顕金駅で蒸気鍛冶をしながら、密かに収集したカバネの死体を用いて研究を行いながら、外の世界におびえて日々生きる事や、本来人々を守る役目の武士階級がそれを怠っていることに憤りを感じており、周囲に罵られつつもカバネの生態について研究をしています。

Fa07a39e s

国の決まりで死んだカバネの死体は持ち帰ることが禁止されているが、独自の武器「ツラヌキ筒」やカバネのウイルス侵食を食い止める器具を開発しカバネに対抗する為に死体を持ち帰ろうとする生駒

20160412012059

顕金駅がカバネに襲撃された際にカバネに噛まれるも「ツラヌキ筒」を使い見事に撃退することが出来ましたが、ウィルスに感染してカバネになってしまいそうでしたが、カバネのウイルス侵食を食い止める器具を用いて脳へのウイルス侵食を止め、カバネにならなかったのですが、心臓部に心臓被膜が出来てしまい、人間でもカバネでもない存在カバネリになってしまいます。

生駒の独自の武器「ツラヌキ筒」

Img02

人々はカバネに怯え閉じ篭もっている。この状況を覆すべく主人公、生駒は友人の逞生(たくみ)と共に、より貫通力の強い武器を日々研究・開発しています。通常の武器ではカバネの心臓被膜を破壊することが出来ない為、火薬爆発の衝撃波を金属板にぶつけることにより金属噴流が発生することを発見した生駒が、これによりカバネの心臓皮膜を貫通する、金属噴流を生み出す特殊な弾頭(通称、噴流弾)を発明し、噴流弾を撃ち出すために鋲打ち機を改造して作った射出機と合わせて「ツラヌキ筒」と名付けました。

20160414011833

標的に肉薄する必要がある為、カバネリである生駒がカバネの攻撃に耐え至近距離で打つことしか出来ない為、生駒でしか出来ない戦い方になってはいるが、カバネに対しては一撃必殺の威力を誇ります。

生駒の生い立ち

Bandicam 2016 04 29 11 53 20 038 304x170

本編から5年前、かつて暮らしていた別の駅で妹と一緒にすごしていた生駒

A7e2936c65c2c86a0a233a2ab332af0d

駅に突然カバネに襲撃され、その際にカバネに妹が噛まれてしまい、その時に噛まれた妹を置いて助けを呼びに行ったが、大人に助けを求めるも、手荒く拒絶されてしまいます。その間にどんどんとカバネ化してしまい、妹は瀕死状態になります。その時に生駒が自ら止めを刺します。そのことが今でもトラウマになっている。以来正義感が強く、納得いかなかったらとことん立ち向かい、カバネに対する恐怖心と自分のことをかえりみない利己性を理性で抑え込められる「誇れる自分」になることを誓っています。ちなみに右手に装着している緑色の石はカバネになってしまった妹の形見です。