目次

  1. 圧倒的クソゲー『スーパーモンキー大冒険』
  2. クソゲーの中のクソゲー『たけしの挑戦状』
  3. ×クソゲー○詐欺ゲー 『マインドシーカー』
  4. まとめ

圧倒的クソゲー『スーパーモンキー大冒険』

6800000001052

西遊記をモチーフとしたFCソフトRPG。あのドラゴンクエストに対抗して創りだしたというゲームなのですが、その内容はというと……
昔のゲームは説明不足だった、などとよく言われますが、説明せずともわかるような単純ゲームも多かったです。
しかし、このスーパーモンキーはそんなレベルではない。始まって早々、謎のフィールド画面に放り出され、何をするかも教えられません。
適当に歩いて何か建物らしきものを見つけ、戦闘が始まり(この戦闘についても説明はない)、敵を倒すとまた何も表示されずに歩き回るしかない……を、繰り返すのみ。
なんとかクリアしても感動のEDもなく、メッセージが表示されるだけ、と、なんとも味気ない。
一応出てくる敵は西遊記に沿っているようだが、グラフィックも悪いので何が何だか。
ドラクエの足元にも及ばない完成度です。苦行に耐えられる自信があるならどうぞ。

クソゲーの中のクソゲー『たけしの挑戦状』

C781bdb0

かの有名なクソゲー、たけしの挑戦状。
歌を歌わされたり、リアルタイムで一時間待たなければいけなかったりと、いろいろと難がある本作。
ただ、その他の単純に出来が悪いクソゲーというものとは違い、敢えてそのように作ったタイプのクソゲー。
それを知ってさえいれば楽しむことは十分可能です。
ゲームオーバー時と、クリア後のメッセージはいろいろと有名。
この他、芸能人プロデュースのゲームは多々出ましたが、その中でも異色の作品。ある意味、たけしという人物をよく表していますね。

×クソゲー○詐欺ゲー 『マインドシーカー』

6800000067829

エスパーキヨタこと、清田益章監修のエスパー養成ゲーム……という触れ込みで発売したゲーム。
透視や予知などで、エスパー能力を高めよう、という具合なのだが、それらはプログラム的には完全にランダム。攻略法など存在し得ないのです。
本当にエスパーでないと確実なクリアは不可能。ランダムのランダムを超えて正解を当てなければEDにはたどり着けません。
正直なところ、製品として成り立っていないゲームです。プレイしないほうが無難。
こんなゲームがまかり通っていた時代……いい意味ではおおらかですが、悪い意味では……

まとめ

三者三様のクソゲーを紹介いたしました。
ゲームとしてクソゲー、作られたクソゲー、製品としてクソと言った感じです。
クソゲーと言ってもいろいろな物がありますね。ないに越したことはないのですが、こういったクソゲーをたまにプレイしてみると、なかなか味があるものです。
世間的にはクソゲーと呼ばれるものでも、遊んでみると案外楽しいゲームもたまにありますので、ぜひ、自分に合うクソゲーを探してみては?