目次

  1. ポケットモンスターの外伝作品まとめ
  2. ポケモンレンジャー
  3. ポケモン不思議のダンジョンシリーズ
  4. ポケパークシリーズ
  5. ピカチュウげんきでちゅう
  6. ポケモンスナップ
  7. ポケモン+ノブナガの野望
  8. まとめ
  9. 【関連まとめ】

ポケットモンスターの外伝作品まとめ

ある作品が人気になると、外伝的作品が必ず登場するものです。いまや国民的人気作品となった『ポケットモンスター』も例外ではなく、本編から離れたゲーム作品が多く登場しています。このまとめではポケットモンスターの外伝的作品を紹介します。

ポケモンレンジャー

51jfsqa7b8l

トレーナー以外の「ポケモンを扱う職業」が主人公となった作品。

本編ではポケモンを「ゲット」するトレーナーが主人公ですが、この『ポケモンレンジャー』は「キャプチャ」する『レンジャー』が主人公です。
ゲームの舞台となるフィオレ地方は、自然との共存を推進している地域であり、ポケモンを捕まえる行為は共存ではないとされます。そのためポケモントレーナーはほとんどおらず、代わりにいるのは「レンジャー」と呼ばれる人たちで、これはポケモンの力を一時的に借りる職業です。

新感覚の「囲む」アクションゲーム。「新しいアクションゲームとは、新たな動詞を考えること」という田尻智氏の思想に則った開発コンセプトだと言える。
「囲む」というアクションは最初から最後まで共通なのだが、ポケモンごとに全く異なった動きを見せ、単調さはほとんど感じない。

出典: WWW26.ATWIKI.JP

ポケモン不思議のダンジョンシリーズ

61jhahrcj8l

シレンやトルネコと同じ、ポケモン版「不思議のダンジョン」です。

ポケモンに変身した記憶喪失の主人公が、ポケモンたちと共に救助隊を結成し、「自分は誰か?」「なぜポケモンに変身してしまったのか」という謎を追って壮大な冒険を進めていくというストーリー。

本作は『ポケットモンスター』本編とは独立した作品です。他の外伝作品と違って連動要素は無く、ポケモン世界の物語なので人間キャラの友情出演もありません。ポケモン達が言葉を話し、店を経営しているなど、独特な世界観が展開されます。

システム的には他の不思議のダンジョンシリーズと大差無く、「救助隊」というコンセプトを溶け込ませたものとなっています。

『ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド』までの第3世代のポケモン全386種が全て登場し仲間にすることができる

出典: WWW26.ATWIKI.JP

ポケパークシリーズ

C20091030 poke 01 cs1w1 300x

ピカチュウを主人公としたシリーズ初の本格的なアクションゲーム。
3Dタイプのアクションであり、箱庭タイプのフィールドを自由に動きまわれます。その中でポケモン達とちからくらべやアトラクションを楽しんだりしながら、ポケパークに迫る危機を救うというストーリーです。

この作品の魅力は雰囲気です。ポケモン目線の世界を描いた作品は多くありますが、これほどポケモンだけの世界を演出できているものは他にありません。

各ポケモンの動きが綿密に作られており、その全てががいきいきとした姿をしています。
エリアごとに景色が違い、生息するポケモンも場所に合ったものばかりで、不自然さや無理やり感は皆無といっても過言ではありません。

箱庭アクションはフィールドを走り回るだけでも楽しいものですが、この『ポケパーク』も同様です。丁寧に作りこまれたポケモン世界の雰囲気を楽しめる傑作となっています。

ピカチュウげんきでちゅう

147000092

マイクを使ってピカチュウとコミュニケーションをとりながら育成していくシミュレーションゲーム。
付属マイクによる音声認識でピカチュウと会話できるというゲーム性で、当時としては画期的でした。

ピカチュウに言葉をかけることでアクションを見せるのですが、このアクションの種類が多く飽きがきません。
ゲームが進行すると家に来たり、家出したり、ピカチュウが他のポケモンとコミュニケーションをとる様子などを楽しめます。

ポケモンスナップ

Slide005

ポケモンだけの島「ポケモンアイランド」でポケモンの生態調査をするカメラアクションゲーム。
アニメにも登場したキャラ、トオルとなり、島で暮らすポケモンたちを撮影していきます。

このゲームの特徴はなんといっても「ポケモンの動き」です。
登場するポケモンにさまざまなリアクションが用意されており、まるで本当に意思を持って動いているかのようなアクションを見せてくれます。

たとえば人懐っこいという設定のラプラスに笛の音色を聞かせると少しずつこちらに近づいてくる……など。

これ以外にも登場ポケモン全てに細かいアクションが設定されているので、ポケモンに主眼を置いたキャラゲーといえる出来です。
ポケモンに詳しくない人にもオススメできるゲームです。

ポケモン+ノブナガの野望

Dfc48a4b

『信長の野望』シリーズとの異色のコラボ作品。
コーエーと任天堂の双方の社長がお互いのシリーズのファンで、かつ仲がよかったために実現したといいます。

システムとしては『ポケモン』の技や進化と、『信長の野望』の国盗り合戦を組み合わせたものです。
さらに技構成や内政といった複雑なシステムは省略され、独自のシステムとして構成されています。

コラボといってもゲームとしては本気で作られたものなので、両シリーズの魅力が失われず、どちらか一方しか知らないという人でも楽しめる良作です。

まとめ

以上、ポケットモンスターの外伝的作品まとめでした。
これらはポケモン関連ソフトなので、もちろん本編を知っていたほうがより楽しめます。しかしどの作品も1つのゲームとして完成されているので、本編をプレイしたことのない人でも十分遊べる出来となっています。ポケモンのどれか1匹でも好きならぜひプレイして見る事をオススメします。