目次

  1. ヒテッマン
  2. ロックマンX
  3. バグ動画集
  4. 逆転裁判
  5. 小ネタ

ヒテッマン

チートバグ動画のすべての元凶です。
彼が作った、ドラゴンクエストをわざとバグらせて遊ぶという動画が、チートバグ動画に火を付けました。
しかし、ヒテッマン氏は2012年に引退、動画もすべて削除されてしまったため、動画を見ることは出来ません。
消えてしまった伝説ですね。

ロックマンX

まだあまりチートバグ動画が流行していなかったころ、ロックマンX をバグらせて遊ぶという動画がニコニコ動画にアップされました。
バグによってステージがぐっちゃぐちゃ。スタートすらまともに出来ないことも多々あるというシュールっぷりが大流行。
上からロックマンが降ってくる開始地点に穴が空いていたり、針があったり壁の中にいたり。
あるはずのない壁のせいで進めなかったり、ボス部屋からボスがフェードアウトしていなくなったりと、爆笑必至です。

バグ動画集

上記のヒテッマン氏をリスペクトした方々による、ゲームをバグらせた動画というものも流行。
これといった一つのゲームをプレイするわけではありませんが、その分古いものから比較的新しいものまで、さまざまなゲームをバグらせ、シュールな世界を垣間見ることが出来ます。

同じくバグ動画集ですが、こちらはいわゆるゆっくり実況動画となっています。
垂れ流すよりわかりやすいところもあうので、お好きな方もしくは両方を見てみると良いでしょう。

逆転裁判

バグらせた逆転裁判、すなわちバグ転裁判。
もはやまともに進まない裁判や唐突な判決。終わらない会話などもう裁判としての体裁をまったく成していません。
見ているともう笑えてしまって仕方がありません。

小ネタ

その他、ゲームをバグらせた動画というのはさまざま存在します。
そのほとんどは上記のヒテッマン氏をリスペクトしたものとなっていて、始祖のすごさを証明しています。

一度見てみると嵌まること必至なバグ動画。チートを使っているので嫌だという人もいるかもしれませんが、大丈夫だという人は是非一度見ていただきたいですね。
シュールで爆笑なゲーム動画は いいぞ。