異色のコラボ! ゴジラ×ぐでたま

024gu godzilla

超ゆるゆるキャラ・ぐでたまと、2016年7月公開予定「シン・ゴジラ」がタッグを組むことになりました。
ゴジラを筆頭として、キングギドラ、モスラ、ラドンなど東宝映画往年の「スター怪獣たち」が、ぐでたま化するとこんな風になっちゃうの?
思わずくすっと笑えて、絶対に二度見したくなります!

映画「シン・ゴジラ」とは

shin-godzilla.jp

Shin

映画のゴジラはこんなに迫力満点です。
最新型ゴジラは、なんと身長118.5m!

めちゃめちゃ怖いです。

Godzilla6294b

ちなみに・・・初代ゴジラの設定は「身長50m、体重2万トン、放射能を含んだ火を吐く」でした。

2016年版のゴジラは、初代ゴジラの約2倍の身長があるんですね。

F160414 shingodzilla 03

映画の中では、このように街中をズッシンズッシンとのし歩くゴジラのシーンが。

F160414 shingodzilla 13

やっぱり怖いです。

ところがこれがぐでたまバージョンになると・・・

024gu godzilla

なに、これ!wwwwwwwwww

下にいるのがゴジラで、その上に乗ってるのはもしかして息子のミニラか?
そして一等上に乗っているのがぐでたま本人です。

思えば日本を破壊し続けて数十年、ゴジラも結構なお年です。
「あぁ、もう暴れるのだるい・・・・」そう思っていても確かにおかしくはないですよねぇ。

「ぐでたま」とは

2014 08 09 065708

ぐでたまは、サンリオのキャラクターグッズ用キャラクター群。

「ぐでぐでとしたやる気のない卵」のキャラクターとして2013年にデビューを果たし、同年の投票企画「食べキャラ総選挙~食うか食われるか真剣勝負!~」で2位を獲得した。
また、2014年夏に行われた投票企画『2014年サンリオキャラクター大賞』で7位入賞を果たした。
2014年11月16日には歌手デビューを果たし、自身の出演する番組『あさチャン!』(TBS系)内のショートアニメのテーマ曲となった。
『あさチャン!』の前座番組『はやドキ!』では、宇月田麻裕監修による「ぐでたま占い」というコーナーを設けている。
ショートアニメは2016年1月からTBSチャンネル1でも放送されている。

出典: ja.wikipedia.org

Main 2x

ちなみにコラボ作品の他のバージョンとしては・・・

2016051200170 1

・・・たしかにまぁそうだ。だって映画の公開は7月だから。

Miya 160513godzilla03

繭から生まれ出たモスラ(幼虫の方)が、ぐでたまの頭をかじっている!
「やめれ」と言いながらも全然切迫感がない。モスラも全然怖くない。

Miya 160513godzilla04

こちら、ゴジラの長年の「ライバル」であった怪獣キングギドラ。
一つの体に3つの頭を持つ、筆者が子供の頃はけっこうな「悪役」だったんですよ。

「ひとりになりたい」とか・・wwwwwww

最後に

こわ〜いゴジラも、ぐでたまと融合するとあっというまにグデグデでだるだるなやる気のない奴になってしまいます。
映画も楽しみですが、これからどんどん別バージョンのコラボ作品が出てくるの楽しみです。

matsurika
matsurika
@matsurika

Related Articles関連記事

『キングギドラ』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

キングギドラとは、東宝製作の怪獣映画「ゴジラシリーズ」に登場する架空の怪獣で、1964年のシリーズ第5作「三大怪獣地球最大の決戦」で初登場して以来、多くの怪獣映画に登場を果たしている。 竜のような3本の首と2本の尻尾、コウモリのような巨大な翼、黄金の体と、一度見たら忘れられないインパクトを持った見た目が特徴的。度々ゴジラと激突していることから、ゴジラ最大のライバルとも称される。

Read Article

『シン・ゴジラ』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

2016年7月29日より公開された空想特撮映画。脚本・編集・総監督は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明。監督・特技監督は、漫画「進撃の巨人」の実写版を作った樋口真嗣。東宝製作のゴジラシリーズとしては12年ぶり、29作品目となる。 東京湾より突如現れた巨大不明生物ゴジラに対し、日本政府が立ち向かっていく様を描く。 キャッチコピーは「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」

Read Article

『メカゴジラ』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

メカゴジラとは、東宝製作の怪獣映画「ゴジラシリーズ」に登場する怪獣の一体。 その名の如くゴジラを模した姿のロボットであり、視覚的に分かりやすいコンセプト、 カッコよさ、劇中で見せる圧倒的な強さから人気の高い怪獣である。 劇中の描写には、映画製作当時におけるロボットや機械に対するイメージが反映されており、各作品ごとの特色がみられる点が興味深い。

Read Article

『ガイガン』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

ガイガンとは、東宝製作の怪獣映画「ゴジラシリーズ」に登場する架空の怪獣である。 初登場作品は1972年のシリーズ第12作「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」で、その後も度々シリーズに出演している。「未来怪獣」「サイボーグ怪獣」の異名通り、ゴーグル状の単眼、鉤爪状の手、腹部に回転ノコギリと全身武器の凶悪怪獣であり、その華麗な姿と残忍な戦いぶりから、根強い人気を誇る怪獣である。

Read Article

『ゴジラ』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

ゴジラ(The Return of Godzilla)とは、日本を代表する特撮映画「ゴジラシリーズ」の第16作目として、1984年に公開された怪獣映画。1954年以来、30年ぶりに出現したゴジラと人間の戦いを、当時の世界情勢等も織り交ぜながらリアリティ溢れる描写で描いている。 1990年代のヒットシリーズとなる「平成VSシリーズ」の事実上の第一作目にして、導入部にあたる作品でもある。

Read Article

『ゴジラVSキングギドラ』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

キャッチコピーは「お前だけには絶対負けない!」、「世紀末、最大の戦いが始まった。」、「12・14決戦!」。 「ゴジラvsキングギドラ」は、1991年12月14日に公開されたゴジラシリーズ第18作目で、東宝創立60周年記念作品。 ゴジラのライバルである人気怪獣キングギドラが再登場し、ゴジラとの戦いを描いた怪獣映画。

Read Article

Contents