目次

  1. おわりに

COMIC.PIXIV.NET

Kaji1

ある日突然オオカミ獣人の住む家に連れてこられた女子高生。人間には理解できない言語を話し、
人間のように振舞う獣人は自分を食そうとしているのか…と警戒。一方、オオカミ獣人のジノヴィは
人間の少女を寂しい独り暮らしの癒しとなるペットとして飼うことにきめ、そわそわワクワク。
ジノヴィはヒトの飼育に詳しいという後輩・ロルフに助言を仰ぐことに。
ヒトの飼育に役立つというハウツー本を大量に譲り受けたジノヴィは、人間の少女にリラと名付け、
飼育を始めるのですが…最初こそ警戒して近づきすらしなかったのですが、ぬいぐるみを与えたり
筆記具(スケッチブックとクレヨン)を与えることで警戒心が解けたのか、自ら背中をべしべし叩いて
スキンシップを図るまでに!犬や猫に服を着せるような感覚なのか、子ども服みたいなフリフリの
ワンピースを着せようとしてくるジノヴィに首を振るリラ。ヲタク趣味のロルフは「分かってないっすねぇ」
とメイド服を着せようとしてリラにはたき落されてしまいます(笑)
大分ジノヴィとの生活には慣れてきてはいるものの、家族や友達と会えない不安
からホームシックに陥り、夜中にうなされることがまだまだ多い様子のリラ。
どうしていいか分からないジノヴィでしたが、子どもの頃、傍に母親が居てくれると安心
したことを思い出し、添い寝してあげることに。ジノヴィの体温を感じ、リラは安心して眠りにつくのでした――

COMIC.PIXIV.NET

Kaji2

親馬鹿が止まらないジノヴィは、仕事中にもニヤニヤヘラヘラ。昨晩リラに服の裾を掴まれたのだ!
ジノヴィがこっそり撮ったリラの寝顔を5分おきに眺めるため、上司だけでなく、人間を飼っていた経験のある
ロルフさえも呆れ顔。まあたしかに、自分から懐いてきてくれたペットにメロメロになる気持ちは良く分かります(笑)
ジノヴィが不安そうなリラに添い寝してから、リラはジノヴィに慣れてしまったようで本を取るために
彼の膝に圧し掛かることも厭わなくなった様子。調子に乗ったジノヴィが抱きしめようとすると
顎にリラのフックをお見舞いされてしまい直接の接触すら拒否されるものの、
発熱し、様子のおかしいリラを人専門医(人間界でいうところの獣医のようなもの)に診せると
環境に慣れ、気が緩んだことによる風邪とのこと。体調が悪いため、心細いリラは一人にされるのが
嫌でジノヴィの服を引っ張り、はずみで胸に倒れ込みます。ダイレクトに触れられたことで舞い上がってしまった
ジノヴィは、職場で気を張っていないとすぐ顔が緩むほどデレデレのメロメロ(笑)
一方で、ジノヴィの家でジノヴィそっくりのぬいぐるみを見つけたリラは、「あんな犬居なくても寂しくない」と
強がりつつ胸に抱きしめるのでした…素直じゃないリラのツンデレが微笑ましいですね。

ジノヴィとリラの愛の巣(?)に、ヒト嫌いの弟、レヴォリが来襲…!!
リラに甘く、メロメロなジノヴィに対し、レヴォリは眼光鋭くリラを睨みつけ、
飽きっぽく何事も長続きしない兄にタラタラと文句を垂れるのです…
そんな中、ジノヴィが仕事している間、レヴォリと二人きりになったリラは
なんとかコミュニケーションを図ろうと試み、レヴォリの服を引っ張って
アピールするのですが、レヴォリはリラを睨みつけ、今にも掴みかからんばかり…
リラの運命やいかに!?

おわりに

獣人×JKの異種間ラブコメ、3話ほど紹介いたしましたがいかがでしたか?『飼い主獣人とペット女子高生』、
通称かじぺじは、pixivコミック内『ジーンピクシブ』にて連載中です。現在は全話公開中となっておりますが、
一部掲載終了になる場合もありますので、1~2巻まで発売中のコミックを購入されてはいかがでしょう?

COMIC.PIXIV.NET

RENTA.PAPY.CO.JP