目次

  1. 衝撃のパフォーマンスでオーディエンスを笑いの渦に陥れる4人組!
  2. 第5位 元カレ殺ス
  3. 第4位 また君に番号を聞けなかった
  4. 第3位 死 ん だ 妻 に 似 て い る
  5. 第2位 さよなら、さよなら、さよなら
  6. 第1位 女々しくて
  7. 最後にゴールデンボンバーが歌うおどるポンポコリンを紹介

衝撃のパフォーマンスでオーディエンスを笑いの渦に陥れる4人組!

Oricon 2069065 0 enlarge

ゴールデンボンバー 写真左から
Be-su 歌広場淳
Vo-karu 鬼龍院翔
Gita- 喜矢武豊
Doramu(暫定) 樽美酒研二

ゴールデンボンバーは2004年に喜矢武、鬼龍院を中心に結成されました。
2007年に歌広場が加入、2009年に樽美酒が加入して現在の体制になっています。
担当パートが「Vo-karu」などとなっていますが公式でこういう表記になっているため間違いではありません。

「エアーバンド」という体制をとっているためボーカルの鬼龍院以外は当て振りの演奏です。
音源はドラムセットに置いてあるiPodから流しているそうです。
ライブでは曲の間奏で「ギターソロ」と題したパフォーマンスを行っていて主に喜矢武がスイカの早食い、花火のシャワーを浴びるなど体を張ったパフォーマンスをしてオーディエンスを爆笑の渦に巻き込んでいます。
時折本当に楽器を演奏することもあり、2011年に再リリースしたダブルAサイドシングル「女々しくて/眠たくて」の収録曲「眠たくて」では喜矢武が本当にギターソロを弾いています。

メンバーはソロ活動も積極的に行っており、喜矢武は俳優としてドラマに主演したりするなど活躍しています。
鬼龍院はソロ名義「鬼龍院翔 from ゴールデンボンバー」としてドラマ「仮面ライダーウィザード」の主題歌シングル「Life is SHOW TIME」をリリースしたりスピッツのアルバム「ハチミツ」のトリビュートアルバムなど客演参加も行っています。
歌広場はブランドを立ち上げてモデルとして活動したり現在は閉店しましたが自身プロデュースのバーを経営するなどプロデュース活動も行っています。
樽美酒は単独でバラエティ番組に出演したりブログ本が大ヒットするなど話題をさらってきました。
野球経験もあり、プロ野球の公式戦で始球式を務めたこともあります。

ゴールデンボンバーの楽曲は作詞作曲を担当している鬼龍院が作り出すハイクオリティな楽曲と最初は意味が分からなくても後から聞けば聞くほど意味が分かってくる歌詞に注目です。
ここからはゴールデンボンバーの人気曲を5曲ランキング形式で紹介します。

第5位 元カレ殺ス

2008年8月リリースの4thダブルAサイドシングルの表題曲です。
彼女を汚した元彼への憎しみを込めた曲のタイトルとのイメージをいい意味で裏切ってくれるアップチューンですね。
この曲は後にアレンジ楽曲がアニメ「イクシオン サーガ DT」のOPとして同アニメの声優陣が歌う「DT捨テル」としてシングルリリースされました。

第4位 また君に番号を聞けなかった

2010年10月リリースの9thシングルの表題曲です。
好きなあの子に携帯の番号を聞けないもどかしい気持ちを歌う歌詞が好評を得ている楽曲です。
このシングルは初のオリコン週間チャートトップ10入りを果たし、「とくダネ!」などの番組で特集が組まれました。
また、シングル発売から5年後の2015年に「第35回高校生クイズ」の応援歌にも起用されました。

第3位 死 ん だ 妻 に 似 て い る

2015年5月リリースの16thシングルの表題曲です。
MVには菊地亜美さんが出演しており、喜矢武が死んだ妻、菊池さんが死んだ妻に似ている女性として登場します。
「結婚がしたい!」や「君の子が抱きたい!」など生き別れた妻への言葉が溢れた歌詞がゴールデンボンバーらしさを感じさせます。
このシングルは鬼龍院が歌うCDも存在しますがそれ以外にカップリング含め鬼龍院以外のメンバーが歌うCDと歌うメンバーの体臭付きトレカが封入された異例の方法でリリースされました。

第2位 さよなら、さよなら、さよなら

2015年6月リリースの2ndアルバム「ノーミュージック・ノーウエポン」のラストナンバーです。
別れた人への完全に捨てきれない恋心を歌っている歌詞が胸を締め付けられる楽曲ですね。

第1位 女々しくて

2009年10月リリースの9thシングルの表題曲です。
女性への執念深い気持ちを歌っていますがそれとは裏腹にノリノリの曲調でカラオケでも長きに渡る人気曲として君臨しました。
サビでの窓ふきダンスも注目です。
2011年8月には女々しくての替え歌「眠たくて」と共にシングルとして期間限定再販されました。

最後にゴールデンボンバーが歌うおどるポンポコリンを紹介

最後にゴールデンボンバーが歌うアニメ「ちびまる子ちゃん」OP「おどるポンポコリン」を紹介します。
こちらの動画はノンテロップオープニングですが楽曲もゴールデンボンバーらしいアレンジに仕上げていて4人もOP映像にも登場しまる子と共演しているので見応えのある映像に仕上がっています。
一時期はバラエティ番組に多く出演していた時期があり、現在はあまりテレビ出演はしなくなりましたが2016年は来年の2017年まで続くライブツアーも決定していたりROCK IN JAPAN FESなどのロックフェスにも出演が決まっています。
その場でしかできないパフォーマンスでオーディエンスを楽しませていってほしいですね。