目次

  1. はじめに
  2. ・桂言葉(School Days)
  3. ・園崎詩音(ひぐらしのなく頃に)
  4. ・江迎怒江(えむかえ むかえ)(めだかボックス)
  5. ・佐久間まゆ(アイドルマスター)
  6. ・曽根美雪(君と彼女と彼女の恋)
  7. さいごに

はじめに

最近ではアニメを見ている人にとってヤンデレ、なんてみんなが知っているワードですよね。
その中でも、ネット上で有名なヤンデレの女の子がなぜヤンデレと言われているのかをご紹介します!

・桂言葉(School Days)

Katurakotonoha1

榊野学園1年4組。今作のメインヒロインの一人として登場。
おとなしく引っ込み思案な性格で、軽度の男性恐怖症で体が弱いです。
度々電車で見かける同高校の男子「伊藤誠」(クズ主人公として有名)が気になっており、実は両想いでした。
のちに「西園寺世界」の仲介で「伊藤誠」と付き合うことになります。
恋愛に関しては奥手で、可愛すぎる顔であるためか、クラスの女子からは嫌われており、いじめられています。
「伊藤誠」と付き合った後、「西園寺世界」との関係によってヤンデレ化するルートがあり、話題となりました。
ゲームでは、自殺、または殺害を行うことも。
しかし、アニメではさらに悲惨な状態になり(「西園寺世界」を殺害、誠の頭部をそぎ落とす等)、地上波での放送は中止され、一時期はネットで大炎上し、以降はヤンデレの代名詞となりました。

・園崎詩音(ひぐらしのなく頃に)

Sonozakision1

雛見沢の御三家の一つ「園崎家」の娘として生まれたが、家の掟により雛見沢やその近郊に立ち入ることも許されません。しかし、今作の主要キャラの一人「園崎魅音」の双子の妹であるため、度々魅音と入れ替わり学校に出入りしていました。ある日不良に絡まれていたところを北条悟史に助けられ行為を抱くがその後「北条悟史」は行方不明となってしまい、雛見沢や園崎家に対して恨みを持ちます。そして、本作の「綿流し編」「目明し編」では「悟史君の為」に園崎家の当主、園崎魅音、北条悟史の妹を殺害する等の惨劇を起こします。

Sonozakision2

・江迎怒江(えむかえ むかえ)(めだかボックス)

Emukaemukae

一年マイナス十三組在籍。城砦女学院からの転入生。偶然出会った人間、人吉善義に一目惚れし、出会って一分もしないうちに下記のセリフを見開き2ページで喋り倒すというヤンデレっぷりで読者をドン引きさせました。
彼女自身の身体能力は人並以下だが、彼女にはその両手で触れたものを理屈無用で腐敗させることができる能力があります。またどこからともなく取り出す包丁が武器ですがなぜか刃の方を握って手から血を流しながら襲ってきます。怖い。

Emukaemukae2

出会って何分かでこれである。

・佐久間まゆ(アイドルマスター)

Sakumamayu3

出会い頭からプロデューサーに運命を感じるとか言っちゃいます。もともと読者モデルですが、プロデューサーのために前の事務所を辞めたようです。プロデューサーに対する純愛が強く、ゲームでは特訓前はまだ大人しめですが特訓すると徐々にヤバくなります。他の子と仲良くすることを意識するなど独占欲を見せ、全体を通して「拘束」「束縛」がモチーフになっています。
着ている衣装では必ず左手が隠れていることからネット上では何か意図的に隠しているのではないかと疑惑が浮上しています。

・曽根美雪(君と彼女と彼女の恋)

Sonemiyuki5

トラウマゲーを作ると有名なニトロポリスの作品。
あっさり1週目は終わりますが、2週目からが本番。
違うキャラを攻略してハッピーエンド…と思いきや美雪が急に攻略対象を殺害。
主人公ではなくプレイヤーに話しかけてきます。
そして、今までの攻略データを全消し。一回閉じてもう一度しようともデータは復活しません。そして、永遠と彼女を攻略しなければいけない、というプレイヤーに対してかなりの混乱とトラウマを植え付けます。
ちなみにこちらのゲームはR18となっておりますのでご注意ください。



Sonemiyuki4

有名なワンシーン。狂気を感じます。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
ヤンデレには恐怖と同時になぜかかわいく思えてくる不思議な魅力があります。
最初は怖いと引いてしまっても、彼女たちのひたむきな想いにいつの間にか惹かれていって気が付けばもっと彼女たちを知りたくなってしまいます。
是非興味があれば今回ご紹介した女の子たちの作品も見てくださいね!