目次

  1. そもそも「電王戦」とは何か
  2. 将棋の魅力

そもそも「電王戦」とは何か

%e3%81%a7%e3%82%93%e3%81%8a%e3%81%86%e3%81%9b%e3%82%93

電王戦サイト

出典: EX.NICOVIDEO.JP

電王戦告知PV

電王戦は2012年から始まったイベントで、「コンピュータ」VS「棋士」の将棋対決イベントです。
近年のコンピュータの発展から、すでにチェスではコンピュータが人間を完全に上回る程度に強いためハンデ戦を行うようになりました。
そんな当時の環境下で始まった電王戦は、なんと当時の日本将棋連盟会長である米長邦雄永世棋聖が将棋ソフト(ボンクラーズ)と対局することになりました。

結果はボンクラーズの勝利で終わり、将棋ソフトが将棋連盟の会長に勝利するというニュースが飛び交いました。

電王戦をHUNTER×HUNTERのネテロ会長とメルエムとの戦いのように合わせたMAD。
将棋がわからなくても雰囲気だけでも楽しめる。

将棋の魅力

将棋の魅力は何かということを考えると、平手(ハンデ無し)の場合は「先手後手で有利か不利かハッキリしないほど奥が深く、知識と閃きが全てである」ことではないかと思います。



ゲームであれば、どうしてもお金を払ったユーザーが強くなったり、または運があるユーザーが勝ち進めてしまったりすることがあります。



しかし、将棋は個人VS個人で行い、かつ運が絡む要素がありません。
山札の上から有利なカードを引く運も、ポーカーのように何食わぬ顔をして相手を騙す手段も必要ありません。
将棋を指す力(棋力)が強いほうが勝つ。単純なゲームであるからこそ、昔からある将棋が廃れない理由の1つなのではないでしょうか。