「アルスラーン戦記」を見た海外の反応 動画(全25話)

1

アニメの面白さは万国共通なのか!?「アルスラーン戦記」を楽しむ世界中のアニメファンのリアクション動画を全25話分まとめています。本編を見た事がある人もそうでない人も、同じ作品を愛する者同士のリアクションには共感してしまう所があるかもしれません。(※最終話のみリアクション動画が無かったため、コメントを載せています。全動画の表示に時間がかかります。ご了承ください。)

第1話「エクバターナの栄華」

あらすじ
中原の大国パルスの王太子・アルスラーンは、御年11。老大将軍をはじめとする臣下の者に囲まれ、
穏やかな時間を過ごしていた。しかし、市中散策の最中、アルスラーンは、脱走した捕虜の少年に捕まり、
人質として連れ去られてしまう。それは、アルスラーンにとって、新たな世界との最初の出会いだった……。

出典: arslan.jp

今後も活躍する主要キャラが多く登場した第1話。
パルス王宮を背景に映し出された本作品のタイトルが美しいですね。
アルスラーンがルシタニアの少年兵に連れ去られるシーンは、どうしてもニヤニヤしてしまいます。

第2話「十四歳、初陣」

あらすじ
14歳になったアルスラーン王太子は初陣の日を迎えていた。戦場には歴戦の勇士が集い、パルス王国の勝利は
確実と思われた。しかし、王子は晴天の空から舞い戻った愛鷹の濡れた羽根を訝しみ、心を騒がせる。
そして戦いが始まる。パルス軍を待ち受けていたのは、敵の仕掛けた巧妙な罠だった。戦いの行方はいかに――!

出典: arslan.jp

第1話とは打って変わって、物々しい雰囲気に包まれている第2話。
パルス兵がルシタニア兵の罠に嵌まり、散り散りになっていく姿は底知れぬ恐怖感を演出します。
無敗を誇るパルス軍をこうも易易と攻略するルシタニア兵とは一体…。
この謎が視聴者を物語に引きずり込むひとつの要因にもなっているようです。

第3話「黒衣の騎士」

あらすじ
混迷を極める戦場で、部下をすべて失ったアルスラーンは、ひとり強敵にまみえ、死の恐怖に直面していた。
窮地に立った王子を救うため、黒衣の騎士は霧と炎に包まれた戦場を駆ける。一方、アンドラゴラスは部下の進言を受け、自身にとって初めての退却の道を選ぶ。無敵の王が敗走したとの報は、すぐさま戦場に響き渡り、
兵達の心を挫くのだった。そして王の退路には、銀仮面の男が立ち塞がった……。

出典: arslan.jp

冒頭から始まるダリューンの戦闘シーンには興奮してしまうのがアル戦ファンの性なのでしょうか…(笑)
パルスとルシタニアの戦いが混迷を深める一方で、今後の主要キャラクターでもあるエラムとナルサスが初登場しました。
一体彼らはどんな人物なのか?
気になる行方は次回へと持ち越されます。

第4話「厭世(えんせい)の軍師」

あらすじ
アルスラーンとダリューンが向かったのは、ダリューンの友で、訳あって隠遁中の知者・ナルサスと、その従者の
少年・エラムの住まう土地だった。ナルサスの武勇伝を聞いたアルスラーンは、力を貸してほしいと願い出る。
世俗と関わることを嫌うナルサスの心は動かないように思われた。アルスラーンの提案を聞くまでは……。

出典: arslan.jp

ナルサスが仲間になった瞬間は思わず「よっしゃあ!!」と言ってしまいますよね。
手持ちポケ〇ンが増えたのに近い感覚です!(オイ
『お仕えします』の一言が出るまでに、ナルサスという人物がどういった思考の持ち主なのか、また彼の従者のエラムとはどういった人物なのかを上手く説明しつつ、アルスラーンの並外れた洞察力についても描かれています。

第5話「王都炎上~前編~」

あらすじ
先の会戦において大敗を喫したのち、パルス王国の都は敵国の大群に包囲された。敵国の聖職者は、
王国民に魅せつけるかのように、捕虜となったパルスの将軍に対して残忍な辱めを行おうとする。
あたりに響く捕虜の叫び。そのとき、はるか遠方より放たれた一筋の矢が、空を切り裂いた。
矢の射手は、琵琶を携えた謎の男。その名は、ギーヴ。

出典: arslan.jp

やはり今回の見所はなんといってもギーヴでしょうか。
今までのキャラには無かった独特の言動が、その場の空気を一変させます。
既に「おかしなキャラ」の位置を確立した彼の動きに今後も要注目ですね。

第6話「王都炎上~後編~」

あらすじ
アルスラーン一行が決起のときを探る中、王都では、敵国の誘いに応じた奴隷が反乱を起こし、
内側から守りが崩壊しつつあった。力で抑えようと試みても、圧倒的な数を誇る奴隷たちの勢いは
とどまることを知らず、都の治安は悪化するばかり。その混乱の渦中に身を置いていたギーヴは、
宰相から直々に、王妃を城外の安全な場所まで逃すという依頼を受ける。

出典: arslan.jp

地下水道での戦闘中、ギーヴが壁を蹴って一回転する流れで思わず顔がニヤけますよね。
「こいつ、やりおるぞ」と(笑)
最終的にはルシタニア兵がエクバターナに流れ込んできてしまいますが、
「パルスは一体どうなってしまうのだろう?」
という興味が、視聴者の意識をより一層、物語に引き込む要因になります。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

『アルスラーン戦記』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

1986年に角川文庫(現・カッパノベルズ)から刊行された田中芳樹(たなかよしき)の大河ファンタジー小説、およびそれらを原作としたアニメ、漫画、ゲーム作品。中世ペルシアをモチーフとした異世界で、敗国の王太子・アルスラーンが祖国奪還を目指す物語である。

Read Article

『藍井エイル』解説まとめ【経歴・人物(メンバー)・アルバム・代表曲など】

J-POPやアニソンを中心に歌い上げる女性歌手・藍井エイルは、アニメ『Fate/Zero』『ソードアート・オンライン』『アルスラーン戦記』などのテーマ曲で一躍有名となり、「アニソン界のヒロイン」と呼ばれる。テレビ出演に始まり、世界13ヵ国でライブを行うなど精力的な活動を続けてきたが、2016年、体調不良を理由に無期限の活動休止を発表した。

Read Article

【アルスラーン戦記】ダリューンがアルスラーン(殿下)を呼んだ回数を徹底調査!

若干14歳の王太子・アルスラーンに揺るぎない忠誠を誓うダリューン。アルスラーンを「殿下!」と呼び仰ぐ姿が本編でも印象的ですが、あまりの殿下コールの多さから、ダリューンが海外で「殿下マン」と呼ばれてるのをご存知でしょうか?一体、作中随一の忠臣は、何度「殿下」と口にしたのか…。全25話分に渡って調査し、まとめてみました。長いです。

Read Article

アルスラーン戦記 第1巻 あらすじ/コミックおまけ収録 ネタバレ

田中芳樹原作、ハガレンでもお馴染みの荒川弘版「アルスラーン戦記」の内容まとめです。アニメを観た人も、原作小説を読み終えた人も楽しめる!それが漫画版「アルスラーン戦記」ではないでしょうか。今回は、単行本でしか見られないイラストや対談インタビューについてザッとまとめています。(※画バレ無し)

Read Article

【アルスラーン戦記 1期】流浪の楽士・ギーヴのキラキラシーンまとめ

アルスラーン戦記21話目にして唐突に軍から追放され旅立ってしまったギーヴ。だがその真相は、軍内の対立を鎮めるための一時的な離脱だった。しかし、やはり彼が去ってしまうとどこか物足りなさを感じてしまう…。その原因はギーヴ特有の発光現象・キラキラ効果にあるのではないか?という考えに至ったので、この記事を作成してみた。

Read Article

アニメの裏話も!「アルスラーン戦記 風塵乱舞」ミニ朗読劇まとめ

「アルスラーン戦記2期 風塵乱舞」の放送を記念して配信されているミニ朗読劇のまとめです。第1章はアルスラーンとダリューン、第2章はアルスラーン・ナルサス・エラム。第3章はヒルメス・サーム・ザンデで、新たに公開された第4章がギーヴ・ファランギース編となっています。アニメとは少し違った視点で語られるエピソードから覗く、キャラの意外な能力にも注目です!

Read Article

アルスラーン戦記 第2巻 あらすじ/コミックおまけ収録 ネタバレ

第2巻の内容などについてのまとめ。荒川弘版のアルスラーン戦記の魅力は、アニメ視聴済みの方でも原作読破組でも楽しめるところだと思います。天才軍師ナルサスや、その従者エラム、さらに流浪の楽士ギーヴと絶世の美女ファランギースが登場し、アルスラーン戦記は新たな顔を見せ始めますよ。(※画バレ無し)

Read Article

アルスラーン戦記「黒衣の騎士・ダリューン」の過保護な名言/迷言まとめ‐その概要に迫る

物語当初からアルスラーンに忠誠を誓い、右腕として活躍している天下無双の騎士・ダリューン。彼の言動にはアルスラーンに対する並々ならぬ忠誠心が見え隠れしますが、それは時として”過保護”なレベルにまで達する事があります。一体、それはどれ程の物なのか…?ここでは過保護なダリューンの忠臣セリフをまとめて振り返っています。

Read Article

Contents