目次

  1. あらすじ
  2. 筋書きは平凡だが随所に光るユニークな演出と描写
  3. 驚くほどの完成度と続編への期待
  4. まとめ

あらすじ

The man from uncle

東西冷戦の最中の1960年代前半。CIAエージェントのナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)とKGBエージェントのイリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)は核兵器拡散をたくらむ謎多き国際犯罪組織を制圧するために、長年の政治的対立を超えて手を組むことに。思考や方法論も真逆の二人は、組織につながる手掛かりである行方をくらました科学者の娘を守り、核兵器の大量生産を阻止すべく奔走する。

出典: MOVIES.YAHOO.CO.JP

筋書きは平凡だが随所に光るユニークな演出と描写

Uncle sub005 large

堅物と軟派な男のコンビはおそらくこれまでにもあったでしょう。凸凹コンビを表現しようとすれば、自然そういった組み合わせになってしまいますからね。しかしこの映画の凄味は見慣れた設定でも全く真新しいものに見せてくれるところです。会話の軽妙さやユニークな演出(画像はローマの休日を意識したシーン)で視聴者を引き込みます。とりわけ音楽の使い方が絶妙で、一見緊迫したシーンも軽快な音楽を使用することでコメディテイストなシーンへと早変わりします。

物語の筋書としては平凡なものです。二転三転する物語は予想できますし、ラストの驚きも特になし。それでもこの映画が傑作たりえるのは、ひとえにキャラクターのおかげでしょう。キャラクター映画というのは少々気が引けますが、それでも魅力的なキャラクターがいさえすれば、どんな物語でも光ってしまうというのは当たり前のこと。聞けばこれは1960年代のテレビシリーズをリメイクしたものらしいですね。通りで面白いわけです。

驚くほどの完成度と続編への期待

Uncle000 large

この作品はいわば「コードネーム U.N.C.L.E. 」の誕生譚です。ちなみにいうと、「オジサン」という意味ではないですよ。5つの単語の頭文字を取っただけです。名コンビの誕生をこの目で見ることができてとても幸せです。続編を匂わせるような引きではあるものの、これ1本できちんと完成しており、風呂敷をまとめきれずに仕方なく続編があるよという終わり方ではありません。やはり映画はこうでなくてはなりませんね。続編ありきの作品はあまり好ましくありません。

ぜひとも続編を観てみたい作品です。評価も高いようですし、そのうち作られるとは思いますが、これほどまでに完成が待ち遠しい映画もまた珍しい。最初から最後まで全く退屈せずに観賞できる映画。まさに傑作と言うにふさわしいものでした。

まとめ

スパイ映画でここまで笑えるとは思いませんでした。チグハグなコンビは観ているだけで楽しいですし、それでいてお互いのことを徐々に理解し始め、最後には国や組織を越えた友情のようなものが芽生えるシーンなどは思わずグッときてしまいます。笑いあり、アクションあり、もちろんスタイリッシュなシーンも満載の映画「コードネーム U.N.C.L.E. 」。ぜひともご観賞ください。必ずやあなたも2人のファンになってしまうことでしょう。