目次

  1. 「京妖怪」とは
  2. 羽衣狐(はごろもぎつね)
  3. 鏖地蔵(みなごろしじぞう)
  4. 鬼童丸(きどうまる)
  5. 茨木童子(いばらきどうじ)
  6. しょうけら
  7. 狂骨(きょうこつ)
  8. 土蜘蛛(つちぐも)
  9. がしゃどくろ
  10. 鞍馬山の大天狗(くらまやまのおおてんぐ)
  11. 関連

「京妖怪」とは

7901721


羽衣狐及び彼女の息子である安倍晴明が率いる強力な百鬼夜行。
拠点は京都府だが大阪府等も活動範囲に含まれる。
京妖怪上位世界を作り上げ、全ての妖怪と人間を支配下に置くことを目的とする。
奴良組や四国八十八鬼夜行とは異なり、妖怪任侠組織(ヤクザ形式)ではないため、組長や若頭といった概念は持っていないようである。
元々は安倍晴明に従う百鬼夜行だったが、晴明の死後は彼の母親である羽衣狐の指揮のもと、宿願達成のために暗躍する。時には人間の政に介入することもあった(羽衣狐が憑依したよりしろには平家や豊臣家の女性権力者が含まれている)。

約400年前にぬらりひょんと十三代目花開院秀元による妨害を受け、長期間活動を休止していたが、羽衣狐復活により再び動き出した。

出典: DIC.PIXIV.NET

羽衣狐(はごろもぎつね)

9784086195768 b 1 l

・古くから京妖怪を統べる大妖怪で、九本の尾を持つ「九尾の狐」
・転生するたび尾の数は増え、それと比例して妖力も強大なものになってきた
・リクオと同じく、表向きは人間として暮らしている
・性別問わず人を魅了する「魔性」の力を持った美少女
・人間の生き肝を食らって力を増す事が出来る

鏖地蔵(みなごろしじぞう)

%ef%bc%91

・京妖怪の参謀
・催眠能力を使って心に闇を抱える人間の身体を乗っ取る事が出来る
・実は山ン本五郎左衛門の肉体から生まれた妖怪
・鵺と通じており、現世を支配しようとしていた

鬼童丸(きどうまる)

Kidoumaru

・京妖怪の幹部で鬼の頭領
・父「酒呑童子」と人間の母の間に生まれた半妖
・古くは千年前から羽衣狐に仕える忠実な下僕
・それゆえに京妖怪の悲願達成を阻止したぬらりひょんや奴良組、花開院家をひどく憎んでいる

茨木童子(いばらきどうじ)

Ibarakidouji

・京妖怪幹部の一人
・鬼童丸と同じく千年前から羽衣狐に仕えているが、好戦的な性格で主にもため口を聞く
・顔の半分は酒呑童子のもの
・かつては老夫婦に拾われた童子だったが、ひょんなことから人の血を口にしてしまい人間を殺して回るようになった

しょうけら

1%ef%bc%91%ef%bc%91

・京妖怪幹部のひとり
・人の罪を裁く虫の妖怪
・妖怪にしては風変わりな性格で、人を殺めるたびに教会に懺悔しに行くという
・かなりのナルシスト

狂骨(きょうこつ)

Kyokotsu

・父「狂骨」の跡を継いで京妖怪幹部になった
・畏れた相手を骸の世界へと引きずり込む
・彼女にとって人間は「美しい世界に蔓延る要らない物」でしかなく、徹底的に排除しようとする

土蜘蛛(つちぐも)

Tsuchigumo

・京妖怪幹部のひとり
・羽衣狐に対する忠誠心はなく、強い相手との戦いをただひたすらに求める戦闘狂
・その巨体で相手を軽く吹き飛ばす
・他妖怪とつるむのを好まない一匹狼
・太古から天災にも例えられた妖怪で、「絶対に遭遇してはならない妖」である