目次

  1. 『モンスターズ・ユニバーシティ』及び「ロアー・オメガ・ロアー」とは
  2. 「ロアー・オメガ・ロアー」メンバー紹介
  3. ジョニー・ワーシントン
  4. チェット・アレキサンダー
  5. ハビエル・リオス
  6. レジー・ジェイコブス
  7. チップ・ゴフ
  8. ランドール・ボッグス
  9. 単なる「嫌な連中」でないと萌え抜きで好意的に見てみる
  10. 怖がらせ大会
  11. 決勝戦でのロアー
  12. ジョニーとマイク
  13. ロアーメンバーが嫌がらせをしたわけ、そのプライド
  14. ランドールについて
  15. 結論

『モンスターズ・ユニバーシティ』及び「ロアー・オメガ・ロアー」とは

子供の悲鳴をあらゆるエネルギーとするモンスターワールドを舞台とした『モンスターズ・インク(劇中で登場する会社の名前にもなっています)』の続編にして前日譚です。子供たちに悲鳴を上げさせる「怖がらせ屋」を多く輩出する名門大学モンスターズ・ユニバーシティ(以下MU)が舞台となります。「怖がらせ学部」は難関中の難関で、子供や学生たちの憧れの的。学内には様々なサークルが存在しますが、「ロアー・オメガ・ロアー」(以下ロアー)は怖がらせ学部でも特に優秀な学生で構成されているようです。

「ロアー・オメガ・ロアー」メンバー紹介

学期末試験以降のメンバーの紹介。

ジョニー・ワーシントン

ロアーのリーダーです。初登場時からエリート風吹かせまくりで、吹き替え版の声もその性格を表しているようでした。前作の主人公の一人、サリーことジェームズ・サリバンを一旦は勧誘しますが、勉強不足による成績不振からロアー象徴ともいえるトレーナーを「預かり」、サリーが怖がらせ学部から追われるやそのまま追放。見た目のかわいいマイクを子馬鹿にしてましたし、彼とサリーが所属する「ウーズマ・カッパ」(気はいいけど、間抜けた連中の集まり。以下OK)をわざわざパーティーに呼んで恥をかかせ、「恥ずかしい写真」を新聞の記事にしたり、シャツにプリントして売ったりしていました。

201403112242497fa

しかし声はカッコイイ・・・。

Cdwaivduaaae vy

「恥ずかしい写真」です。

チェット・アレキサンダー

ジョニーに心酔してるのか何なのか、しょっちゅう一緒にいては太鼓持ち的な印象を与えます。下衆いことやってる割に、何か子供っぽい無邪気さを感じるんですよね・・・。サリー再勧誘時の「いつでも声かけてくれよ」セリフとか。根は悪い奴じゃないと思いたいです。「恥ずかしい写真」を撮って、ジョニーと一緒にTシャツ売りまくってても。

Chetalexander

彼にとってジョニーは「ヒーロー」です。

ハビエル・リオス

一言もしゃべらなかった&むっつりしたままの・・・甲殻類なのか虫なのかよく分からないモンスターです。某所では「イケメン」だと人気です。結果を見るためとはいえ、サリーのテスト用紙をひったくったり少々強引なところがありますが。

Javier rios

・・・・・・・・・。

嫌がらせの際は楽しそうに笑ってたんですけどね。

レジー・ジェイコブス

Reggiejacobs

「俺はやったZE!」的な雄たけびの後の「え?」がかわいい・・・。

よだれが糸引いてたり、嫌がらせしたりはしましたが、何かかわいい気もするサボテンチックなモンスター。あまり頭良くなさそうに見えますが、このサークルにいる以上、成績はいいんでしょう。新入生の中に彼のそっくりさんがいたんですが、弟か妹か・・・。

チップ・ゴフ

2igfbmft

優しそうに見えますけどね。

あんまり印象に残らなかったんですが、実力は高いようです。真面目にコツコツ勉強してそう。

ランドール・ボッグス

『モンスターズ・インク』にも登場。前作ではサリーに対抗意識を燃やす「永遠の2番手」でしたが、最初は爽やか好青年で、マイクとも仲のいいルームメイトでした。しかし人気者と近づきたい、との願望が叶ったとたん掌返し。

Buhvixqcyaajcgz

じゃ、俺こっち(人気者)だから・・・。