目次

  1. 「デメント」
  2. 「バイオハザード リベレーション2」
  3. 「アムネシア」
  4. 「five nights at freddy's」
  5. 「夜廻」
  6. 「トワイライトシンドローム」

「デメント」

51jhzqk6wgl

「デメント」は、とある洋館に閉じ込められてしまった少女と、彼女を助ける一匹の白犬の物語です。

Img 3251

こちらは、ホラーゲームとして「いきなりバーン!」はありませんが、少女を探して歩き回っている敵に遭遇するのか遭遇しないのか、その緊張感にドキドキします。ゲーム内では、勇敢に立ち向かっていく場面もありませんが、基本はとにかく逃げ回る、そんな攻防戦が見物。
ちなみに弟者さんの心拍数は・・・当然ながら、測定不能という事態に。

兄者弟者「デメント」(youtubeのリンク先です)

「バイオハザード リベレーション2」

004

いわずも知れた「バイオハザード」シリーズですね。
余談ですが、弟者さんはホラーゲームが大好き(?)なので、バイオハザードシリーズは結構プレイ動画がございますよb

Img 3250

バイオハザードは、もはや説明不要ですよね。
しかしながら、もちろん弟者さんがプレイすると、またひと味もふた味も違います。ホラーに偏りがちなバイオハザードですが、FPS&TPSが極めて上手な弟者さんにかかれば、もはやバイオが・・・。

兄者弟者「バイオハザード リベレーションズ2」リンク先ですb

「アムネシア」

51sa dqmkgl

「アムネシア」は、スウェーデンのゲーム会社が開発した、かなりドキドキ要素強めのホラーゲームです。

Img 3248

注目ポイントは3つ!
①とにかく、このゲームは暗い!
②主人公は攻撃出来ず、逃げ回るしかない!
③ホラーの要素が広範囲かつ緊張感がヤバすぎる!

そして内容を一言でまとめると「自分が何者なのかわからずも、自分が”何か”に追われている」とのこと・・・。

兄者弟者「アムネシア」(リンク先です)

「five nights at freddy's」

2014 0917 fivenightatfreddys 28

「five nights at freddy's」(ファイブナイツアットフレディーズ)
このゲームは、とあるピザ屋でアルバイトを始めた主人公が夜勤を担当。しかし、そこには夜な夜な人形たちが自分たちの仲間を探して店内を徘徊しているーーというゲームです。限られた電気を駆使して、無事AM6時まで主人公が粘れれば・・・

Img 3245

この動画では、とにかく緊張感がハンパないです。ホラーが苦手な方は、ほぼ100%見続けることが出来ないーーといっても過言ではないくらいに。
人形たちは主人公に気づかれないように、そっと忍び寄ってきているのです・・・気づいたときには、もう・・・
(こちらは兄者さん、弟者さん、おついちさん、の3人プレイです)

兄者弟者「Five Nights at Freddy's」(リンク先です)

「夜廻」

20150702 yomawari 01

風来のシレンやウィッチャー3などでお馴染みの、我らがスパイク・チュンソフト様の伝説になりつつある最新ゲームb
それが「夜廻」・・・

Img 3246

突然の出来事でいなくなったポロと姉を探し求めて、主人公の女の子が夜の町を歩き回る・・・そんなお話。
しかしそこには、今までにありそうでなかったおばけや幽霊たちが存在し、その行く手を阻むのです。比較的動画では弟者さんの「ぎゃあああ!!」がたくさんあるので、音量にだけはお気をつけ下さいね。

兄者弟者「夜廻」(youtubeへのリンク先です)

「トワイライトシンドローム」

Maxresdefault 5

かなり昔のゲームになりますが、こちらもスパチュン様のホラーゲームb

Img 3247

コチラは兄者さん、弟者さん、おついちさんの3人が、台詞を全て読み上げる、ホラーアドベンチャーゲームです。主には、学校およびその周辺地域で起こるホラーで不思議な現象に立ち向かう女子高生3人の物語です。
ポイントは、やはり3人のナレーションがとにかく面白い(▶︎まあ、漢字とか台詞の言い方とかw)です。ホラー要素は少々弱めなので、ホラーが苦手な方でも楽しく見られますよb

兄者弟者「トワイライトシンドローム」(youtubeのリンク先です)