目次

  1. 「9栄神」という名に関して
  2. ゲブ神
  3. クヌム神
  4. トト神
  5. アヌビス神
  6. バステト女神
  7. セト神
  8. オシリス神
  9. ホルス神
  10. アトゥム神
  11. まとめ
  12. おまけ動画・『アク役 協奏曲』
  13. 関連記事

「9栄神」という名に関して

エジプト神話に存在するのは9柱神。また、実際の9柱神とも異なる。『ジョジョ』オリジナルの呼び名と設定。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

ゲブ神

本体:ンドゥール
能力:音に反応する「水」のスタンド。水として相手の口に入り込んで窒息させたり、水の持つ圧力をカッターのようにして使用。追跡速度は速い。

I320

大気の神と湿気の神を両親に持つ。大地の神で、天空の神(妹でもある)を妻とするが、大気の神により強引に引き離される。古代エジプト人は地震をゲブの笑いととらえていた。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

大地と天空が夫婦で無理やり引き離されたってギリシア神話にもありますけど、どこでも同じようなこと考え着くものなんでしょうか。それは兎も角、暗示の方。スタンド自体は水と一体化しており、あまり大地感ないような。しかし舞台は砂漠。水は地下に広がっているということでしょうか。主人にして、ラスボスでもあるDIOに見捨てられること(妻と引き離されたゲブ神を暗示?)を恐れて自殺したことを考えるに、神話になぞらえているのかもしれません。

クヌム神

本体:オインゴ
能力:変身能力。身長、体重、においに至るまで完璧に再現可能。ただし、自身の持つ知識や能力以上のことはできない。

2aace331 s

人間を創造した神であり、多産を司るヘケトという神を妻とする。人間だけでなく万物を作り上げた際、粘土をこねたという。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

自分で創造の神と言ってますね。弟想いというか過保護なお兄ちゃんなんです。しかし創造したのが人間だったとは。変身して別の人間になりきる、つまり「別人の創造」といったところなんでしょうか。そして「粘土で創造」。最初の変身シーン、見ようによっては粘土こねてるっぽかったですね。

トト神

本体:ボインゴ
能力:本と一体化したスタンド。少し先の未来を「漫画」という形で「予言」する。その予言は100%確実だが、曖昧な点があったり細かい時間の指定がされていることもあるため、解釈には注意が必要。「トト神絵」と呼ばれるほどに個性的な絵柄。

E07

成長性低!

知恵の神。書記の守護神である他、時を管理したり楽器を発明したりと多岐にわたる事物を司る。誕生時、自力で石を破って出てきたとされる。言葉により、世界を形作る神。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

劇中では「書物の神」としか記されていませんでしたが、「言葉」ですか・・・確かに予言は漫画という形ですが、セリフも励ますような言葉も書かれてました。不明瞭な予言という能力になったのはボインゴがまだ子供で成長の余地があるということだけでなく、トト神さんが手広くやっている忙しい神様でもあるからなんでしょうか・・・って成長性低いし、手広くやってるのトト様だけじゃないんですが。

アヌビス神

本体:なし。
能力:刀と一体化したスタンドで、水でぬれたように美しい刀身。人間を魅了し、魅せられた人間の心を乗っ取って操る。任意のものだけを斬る能力も持つ。一度戦った相手の戦法は「覚え」てしまい、二度目以降は通じない。

6b75a701464a55181e6644e8fefebfe1 500x282

結構あわてんぼうさんです。

ミイラづくりの神。オシリスが弟のセトに殺された際にはすぐに防腐処理を施し、以降ミイラづくりを担当することになった模様。医学の神でもあり、また速やかに魂を運ぶために足が速いとも言われる。冥界の入り口では死者の心臓と真実の羽をはかりにかけるといった「閻魔様」的な役割もこなす。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

この刀剣を作った鍛冶師が当初の本体だったようですが、既に亡くなっておりずっと博物館に死蔵されていたようです。それをDIOが出してくれたそうで。ただ従っているのは恩義ではなく「敵わないから」だそうです。色々と「死」を想わせるスタンドですが、元ネタの神がミイラづくりや冥界で閻魔様のようなことをしていることから考えるに妥当かもですね。最後ギャグキャラ状態でしたが。

0ed443ac

うん、とりあえず落ち着こう。

某刀剣擬人化ゲームを思い出しました。あと、個人的には仲間になってほしかったです。