目次

  1. 「伝説の質問」きっかけはYahoo!知恵袋
  2. まさかの書籍化
  3. レビュー評価も高い!
  4. 人物紹介:無気力低燃費『旦那さん』
  5. 人物紹介:自由奔放すぎる妻『チエさん』
  6. 夫婦の日常
  7. 嫌よ嫌よも好きのうち
  8. 自由すぎるチエさん
  9. まさかまさかの実写化
  10. いかがでしたでしょうか?

「伝説の質問」きっかけはYahoo!知恵袋

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。
どういうことなのでしょうか?

妻はどうして欲しいのか?
そしてこの先どこに行きたいのか?
全く分かりません。誰か教えてください。

この間など頭に弓矢が貫通したまま
夕飯を作っていました。

出典: DETAIL.CHIEBUKURO.YAHOO.CO.JP

2010年、1人の男性がお礼チップ500枚を用意して知恵をもらうべく投稿したこの相談内容は、閲覧数約400万という数値を叩き出しています。あまりに多くの反応があったことに驚いた男性ですが、とても冷静に対応しました。この男性の冷静さは、のちに紹介するマンガからもヒシヒシと伝わってくるので、合わせて見て頂きたいです。

まさかの書籍化

O031704501115

出版:PHP研究所
・家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています1~3(2011~2013年にかけて発売)

男性は投稿後、天然妻のことをブログで公開し、本は反響が大きく7万部以上もの売り上げました。

レビュー評価も高い!

まさか感動するとは(笑)
1巻は、サラリーマンの夫が帰宅すると妻が死体のコスプレで迎えてくれるというシュールなもので笑ってしまいましたが、2巻目は二人が結婚するところなど普通のカップルもので、けっこうじんわりしました。実話に思えない(あるいは誇張している)のですが、この部分は本当なのかな?面白いです。

出典: WWW.AMAZON.CO.JP

夫婦の間でしか見せられない、愛すべきボケとツッコミ、ギャグとゴッコのいっぱい詰まった毎日をコミカルに描いた作品。
こういうのって、子供が出来てしまったらどこかぎこちなくなって出来なくなってしまうんじゃないだろうか?
だから、夫婦二人だけで毎日を過ごしている間だけに許された大事な時間のような気がする。

いい意味で「おバカ」になりきってボケることが出来るのも、相手に対する揺るぎない信頼と愛情があるからゆえのこと。
こういうのって、本当に第3者には決して見せられない姿だと思える。

出典: WWW.AMAZON.CO.JP

人物紹介:無気力低燃費『旦那さん』

・冷静 ・低燃費 ・無気力とみせかけて心は温かい これぞ進化したロールキャベツ系

虎視眈々と旦那さんが帰宅すると必ず死んだフリをしている奥様と違い、冷静に状況把握をする旦那さん。奥様と同じ土俵に立っていないように見えるのに、気が付けば一緒に楽しんでいるこんな素敵な旦那さんは、もはやマストヒューマンとも言える愛されるべき理想の夫!

Renote1
Renote7

これぞ愛!妻を労う旦那さん

人物紹介:自由奔放すぎる妻『チエさん』

・死んだフリなど愉快な事に全力(驚かそうと思ってない) ・体力ある ・一方通行 興味があるものに一直線で疲れるけどデレると可愛い

旦那さんを驚かそうとしているように見えるけど実はその先を楽しんでいる妻チエさん。旦那さんより体力があり、花火大会やビールかけなどに全力を注いでいる。旦那さんの時間はチエさんの時間なのです。

Renote3
Renote4

部屋の模様替えでご満悦のチエさん。カワイイ一面もあります。

夫婦の日常

Renote2
Renote6

チエさんの放った攻撃に、冷静に返す旦那さん。これが彼らのコミュニケーションの形なのです。そんな二人が冷静でいられないのが、旦那さんの好きな「ラーメン」。チエさん曰くラーメンはジャンクフードと一緒だと猛攻撃!いつも冷静な旦那さんが、ここは折れずに説得し一緒にラーメンを食べに行くことに。なんだかんだ文句言いながらも二人で完食☆

嫌よ嫌よも好きのうち

Renote5

旦那さんはチエさんの毎日の”ちょっかい”を嫌だとまでは思っていないけれど、ふとその事が無くなると寂しさを感じるのでしょう。私達の生活でも同じで、家族からの説教や子供のわがままなど、そんな事がなくなってしまってから初めて気付く事もあるものです。

自由すぎるチエさん