目次

  1. 機動戦士ガンダムZZのメカ
  2. ZZガンダム (ダブルゼータガンダム)
  3. Zガンダム (ゼータガンダム)
  4. ジムIII
  5. バウ
  6. ドライセン
  7. ザクIII
  8. ドーベン・ウルフ
  9. キュベレイmkII
  10. サイコガンダムmkII
  11. クィン・マンサ
  12. 関連記事

機動戦士ガンダムZZのメカ

 ZZガンダムのストーリーでは、モビルスーツは量産機はあまり登場せず、試作機に近いものが多くを占め、その種類もとても多い。これらのなかから、HGUCシリーズなどで模型化されており、人気の高いもの10種を選んでみた。

ZZガンダム (ダブルゼータガンダム)

Msz 010

型式番号・MSZ-010。
アナハイム・エレクトロニクス開発による、エウーゴのモビルスーツ。
物語の主役メカ。
コア・ファイター、コア・トップ、コア・ベースの三機に分離が可能。
ダブルビームライフル、額についたハイメガキャノンといった、スーパーロボット的な重武装が特徴だ。
ジュドー・アーシタが搭乗する。
デザインには小林誠、明貴美加などが参加している。

01

Zガンダム (ゼータガンダム)

Msz 006

型式番号・MSZ-006。
アナハイム・エレクトロニクス開発による、エウーゴのモビルスーツ。
前作の後半の主役メカであり、ZZガンダム登場までの主役メカ。
飛行形態のウェーブライダーに変形可能。
ジュドー・アーシタが搭乗し、後にルー・ルカが搭乗する。
デザインには大河原邦男、永野護、藤田一己などが参加している。

02

ジムIII

Rgm 86r

型式番号・RGM-86R。
地球連邦軍、カラバのモビルスーツ。
「ジムII」の後継機であり、「ジェガン」に繋がるジム系のモビルスーツ。
ダカールの攻防戦で登場。
続編となる劇場映画「逆襲のシャア」にも登場している。
デザインはカトキハジメ。

03

バウ

Amx 107

型式番号・AMX-107。
ネオ・ジオンのモビルスーツ。
グレミー・トトが搭乗する。
上下に分離して飛行形態となることができる。
後に、緑色の量産タイプも登場する。
デザインは出渕裕。

04

ドライセン

Amx 009  1

型式番号・AMX-009。
ネオ・ジオンのモビルスーツ。
オウギュスト・ギダンなどが搭乗する。
ジオン軍のドムの発展形のモビルスーツ。
ビーム・トマホークや固定武装のビームガンなどが特徴的だ。
デザインは出渕裕。

06

ザクIII

Amx 011

ザクIII
型式番号・AMX-011。
ネオ・ジオンのモビルスーツ。
ラカン・ダカランなどが搭乗する。
後に、マシュマー・セロの「ザクIII改」も登場する。
ジオンの傑作機「ザク」を冠したモビルスーツ。
デザインは有名モデラーの小田雅弘。

05

ドーベン・ウルフ

Amx 014

ドーベン・ウルフ
型式番号・AMX-014。
ネオ・ジオンのモビルスーツ。
一般パイロット向けの有線サイコミュを搭載したモビルスーツ。
ラカン・ダカランなどが搭乗する。
デザインは明貴美加。

07

キュベレイmkII