目次

  1. 深川丼(深川めし)
  2. 柳川鍋(どじょう鍋)
  3. もんじゃ焼き
  4. 武蔵野うどん
  5. 電気ブラン

深川丼(深川めし)

857dd53bdbc7bf5e9a8596be7ed4b988

貝類の風味としみこんだ出汁との絶妙なハーモニーがたまらない「深川めし」。アサリ、ハマグリ、アオヤギなどの貝類とネギなどの野菜などを煮込んだ汁物をごはんにかけたもの、炊き込んだもの。アサリを使ったものはアサリ飯と呼ぶことも。
遠方からわざわざ訪れる方もいるそうです。
駅弁もありますので、新幹線の車中なので食べてもよし。
駅弁として長らくロングヒットしている商品があり、長らく愛されている名物です。

柳川鍋(どじょう鍋)

F61f71b25737e6fed3427e9c48a175e2

どぜう鍋とは、一般的には区別されている。
さばいたどじょうとゴボウを、みりんと醤油煮て卵でとじる。一緒にネギやミツバを入れる時もある。
丁寧に臭みを取っているので、それほど気にならず食べやすいです。

もんじゃ焼き

F3bcbf6e0166e56326a9a47d80f8181e

有名なのは、東京都中央区月島(現在もんじゃ屋が75店ほどある)の「西仲通り商店街」は「もんじゃストリート」と呼ばれ観光客の方がたくさん訪れている。

主な材料汁 - 水、小麦粉
調味料 - ウスターソースなど
野菜 - キャベツなど
乾物 - 揚げ玉、青のり、イカ、けずりぶしなど

今でも駄菓子屋で置いてあるお店もあります。

武蔵野うどん

A56f0cfd95ab289af04ebb91e6217ba7

使用される小麦粉は武蔵野台地で生産されたものを使用する事が原則(地産地消)である。麺は、太く少し茶色がかっている。少し塩分が強い。コシはかなり強い。食感は少し硬いぐらいででゴツゴツしている。つけ麺の汁は、かつおだしである。つけ汁はあたたかい。
その特徴的な麺は中毒性が高く、全国から人が集まります。とても満足度の高い名物です。

電気ブラン

C191a23d21b9289bdbbff5b5175c81c9

明治時代に作られた、ブランデーベースのカクテルです。
度数は約45度もあり、結構強め。
飲み方のおすすめは、よく冷やしてそのままストレート。
つまみは冷たい魚介類が合うとされている。
なかなか知名度が高くないため、おいてある店はそう多くはありません。