目次

  1. 昭和ライダー
  2. 超クライマックスヒーローズ
  3. 対戦動画

昭和ライダー

まずは昭和ライダーから。
昭和関連の人となると、年齢等の事情から本人には難しいということも多いので、ゲームでは決して見れない音声は数知れず。
……と思っていたら、最新作のバトライド・ウォー創生では、一号は藤岡弘、氏本人の声が充てられたので、人生わからないものですね。

ちなみにライダーマン、X、ストロンガー、スカイライダー以降がいないのはデフォルトです。

超クライマックスヒーローズ

現状最新作、超クライマックスヒーローズにて追加されたキャラクターの差し替え動画です。
この超クラヒでは多くの新規操作キャラクターが作られ、本人ボイスも多かったのですが、それでも不満点はありました。
そういったところを差し替えたものです。

様々な事情があるのはわかりますが、本篇でもこのぐらいのものを作ってくれたら楽しいんですけどね…。

対戦動画

ここからは、超クラヒの対戦動画の音声を差し替えた物を紹介したいと思います。

超クラヒで追加された仮面ライダーエターナルと、同じく新規追加のザビーの対戦動画。
エターナルは松岡充氏演じる大道克己のボイスを、映画やOVから持ってきたもの。
しかしザビーは、もともとゲーム中でもカブトの時の矢車や影山ボイスは本人のものなので、なんとディケイド版ザビー、弟切のものに変更。
一番馴染みがないザビーですが、一応本物。

しかし、SEが違うとここまで違うものですね……。

同じく超クラヒで追加された仮面ライダースカルと仮面ライダーデルタ。
こちらは両方共代役の声優さんだったので、両方共本人に差し替え。
とはいえもともとスカルも北崎デルタも戦闘中にペラペラ喋るキャラクターじゃないので、戦闘中がまあ静か。

それでもかっこいいのは、吉川晃司の鳴海荘吉がもともとカッコいいからですね。

ギルスとアマゾンの野獣対決。
どちらも特徴的な叫び声のライダーですが、残念ながらクラヒシリーズではどちらも再現度は低め。
それを差し替えになるとこんなにも盛り上がるものなのかと。
本物というのは偉大ですね。

最後はタッグバトルの動画。
高貴な身分の蛇蝎コンビ、サガ&サソードと、銃ライダー繋がりのドレイク&デルタ。
共にディケイドで同時に呼びだされたコンビでもあります。

タッグバトルで音声入り乱れても、本人だと華がありますね。特にサガとサソードは超クラヒの中でも似てない筆頭だったので、本物が恋しくなります。
一方デルタは、先程は北崎でしたが、今回は最終装着者の三原。モーション的にはこれが正しいはずです。
ドレイクは超クラヒ追加どころか、クラヒシリーズ屈指の似てる人でしたが、やはり本物というのは良いものです。
しかし空気っぷりまで本物っぽくしなくても良いんじゃないでしょうかね……

この他にも数個、音声差し替え動画は存在しています。
気に入ったのならぜひ、自分でも探してみて頂けたらと思います。