目次

  1. まさに金で買う命 『仮面ライダー サモンライド』
  2. うすっぺらい! 『人生ゲーム ハッピーファミリー ご当地ネタ増量仕上げ』
  3. ある意味知名度はメジャーに 『メジャーWii パーフェクトクローザー』
  4. まとめ

まさに金で買う命 『仮面ライダー サモンライド』

91cpi0uimul. sl1500

まずは一つ目。バンダイナムコゲームス販売の『仮面ライダー サモンライド』
四十年の節目を超えた仮面ライダーは、彼ら自身を題材とした様々なゲームを世に送り出しています。その中の一作がこのサモンライド。
まず、仮面ライダーというものは基本的に現代社会にいるヒーロー。なのに、今回の舞台は喋るフクロウや妖精が存在するファンタジー世界! 浮いているというレベルではない!
しかし、それがゲームの面白さに繋がるというのなら構わないのですが、まあ結局繋がらなかったわけです。
それもそのはず。せっかくファンタジー世界に降り立った仮面ライダーは、一言として言葉を発しません。戦闘中に掛け声を言う程度。そんなのでは話が広がろうというわけがありません。
しかし、そんなことは些細なこと。このゲームの一番クソな部分は、そのゲーム性。手持ちのフィギュアを読み込んで仮面ライダーを召喚するという斬新なものだったのですが……なんと、そのフィギュアは初期段階ではわずか三体! 全部で十人以上いるライダーたちのなかの、たった三人しか使えない!
そして、使うようにするには現実に売っているフィギュアを別途購入しなくてはならないのです。ゲームをフルプライスで販売しておきながらこの仕様は、批判されても仕方がありません。それでもゲーム自体が面白ければまだなんとななったのでしょうが、面白くなかったので批判は倍増。
これ以降コンシューマで仮面ライダーゲームは出ていないので、下手をすると……

うすっぺらい! 『人生ゲーム ハッピーファミリー ご当地ネタ増量仕上げ』

91px9xjcdgl. sl1500

人生ゲームと言えば、昔からあるボードゲーム。PSなどでもそのゲーム版は発売されていました。
しかしこの『ご当地』は、それらの過去の栄光を全力でぶっ飛ばすクソゲーだった!
そもそも、『人生ゲーム ハッピーファミリー』は、Wiiウェアで1000円で発売されていたもの。それを、ほんのわずかの追加要素でパッケージ版を出したのですが、それがなんとフルプライス。当然クソゲー扱いされていましたが……なんとそれにご当地ネタを追加したのが本作。大本のゲームがクソゲーなのに、それに何かを追加しようがクソゲーなことに変わりあるわけがなく。
自機に好きな名前が付けられない、BGMはたった一曲な上、二分弱でループ、イベントが少なく何度も何度も同じイベントを繰り返すナドナド……その上ウリのご当地ネタはいろいろと間違っているものばかり。
こんなゲームではどんな人生が味わえるというのか。

ある意味知名度はメジャーに 『メジャーWii パーフェクトクローザー』

5103qehvltl

大人気野球マンガ、『メジャー』。Wiiで発売された本作は、そのメジャーリーグ編を追体験できるのですが……何は無くとも、以下の画像をどうぞ。

Cdn26.atwikiimg

ピッチャーの首が百八十度回転。ちょっとしたホラーです。
これを始めとして、選手たちがみんな逆を向いたり、バットが伸びたり、センター前ヒットをキャッチャーが全力で追いかけたりといった、野球どころかゲームが成り立っていないバグが出るわ出るわの大漁です。
正直ここでは語りきれないことが多すぎるほどのバグの宝庫。実際にプレイした方には申し訳ないですが、見ている分にはめちゃくちゃ笑えるバグばっかりです。
なお、パッチが当てられてこれらのバグはかなり鳴りを潜めたようですが、肝心のゲームもあんまりおもしろいものではないので、評価はほとんど覆らないでしょう……

まとめ

今回は近年のクソゲーをまとめましたが、クソゲーというのはそれこそFCの時代から存在したもの。
次の機会には過去のクソゲーをまとめたいと思います。