新たなマーベルヒーローの誕生! 映画「アントマン」がやっぱり面白い!

1

様々なヒーローを世に生み出しているマーベルコミックスからこの度また新たなヒーローが誕生しました。その名もアントマン。え、なんかちょっとダサい、と思ったそこのあなた、ぜひこの映画をご覧になってみてください。最高にクールなミクロヒーローであることが分かります。映画「アントマン」をご紹介致します。

あらすじ

Main

仕事や人間関係がうまくいかず、頑張ろうとすればするほど空回りしてしまうスコット・ラング(ポール・ラッド)。別れた妻が引き取った娘の養育費も用意することができず、人生の崖っぷちに立たされた彼のもとにある仕事が舞い込んでくる。それは肉体をわずか1.5センチに縮小できる特殊なスーツをまとい、正義の味方アントマンになるというものだった。スーツを着用した彼は、ヒーローとして活躍するために過酷なトレーニングを重ねていくが……。

出典: movies.yahoo.co.jp

はっきり言って外見は仮面ライダーそのもの

20150921 1435261

アントマンの外見を見て、あなたはこう感じることでしょう。あれ、仮面ライダーじゃね、と。そうです、仮面ライダーに激似なんですよ、このヒーロー。しかも最近のライダーではなく、初代のようなレトロな感じ。はっきり言ってダサい。アイアンマンなどに比べるともはや雲泥の差と言えるでしょう。

しかしこのヒーローの魅力は外見ではありません。小さくなったり、元に戻ったりしながら戦う姿にこそ魅力が凝縮されています。戦闘シーンはかなりスピーディで見応えがあり、また小さくなった時の世界の魅せ方も一言に美しいと言えるほど。これも現代の技術が成せる業でしょうね。しかもこのヒーロー、なんとありとあらゆるアリたちを味方につけ、画像にあるように乗ったりもするのです。仮面ライダーでいうバイクでしょうかね。アリの造形も丁寧で、アリたちが身を挺してアントマンと戦う姿に胸が熱くなること必至です。まさかアリに感動させられる日が来るとは。

テンポの良い展開と、マーベルらしい分かりやすい悪役

150413ktantman thumb 640x320 99186

画像に映っているハチを擬人化したようなこの人物。実は敵です。敵がアントマンと同じようなスーツを着て戦うのです。いやあ、やっぱり思っちゃいますよね。敵なのに異様にカッコ良い。むしろこいつを主人公に据えて欲しいくらいのクールさ。かくいう私も危うく敵を応援しそうになってしまいました。カッコ良い上に背中から伸びるサソリのような針でビームも撃つのですから、存在感としては断然こっちの方が上なんですよね。今後アントマンも改造とかされませんかね。

テンポはかなり良いです。この辺りはマーベルらしいですね。善悪がはっきりしていて、勧善懲悪ものとして楽しむことができます。ヒーローものはやはり王道をいってこそ魅力が100%引き出されますね。主人公が最初はクズ人間だったところもなんだか人間味があって良い感じです。正義にかぶれない姿勢がマーベル全体の空気としてあって、それもまた魅力の1つとなっています。

まとめ

普段あまりヒーローものなどは観ないのですが、侮っていました。単純明快なストーリーと手に汗握る戦闘シーンがこんなにも面白いとは。男ならば思わず熱くなってしまうこと間違いないですし、女性の方も十分楽しめます。しかし、アリが苦手という人はお気を付けください。アリが大画面に出てきます。人によってはそれをグロテスクに感じてしまうかもしれません。本当に面白い映画でした。ぜひ皆さんもご観賞ください。

ryosuke0712
ryosuke0712
@ryosuke0712

Related Articles関連記事

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(Captain America: The First Avenger)とは

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された劇場公開作品。 ひ弱な青年だったスティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となり、世界征服を企てる組織ヒドラのレッド・スカルと戦うことになる。アベンジャーズのリーダーであるキャプテン・アメリカのデビュー作。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(Captain America: The Winter Soldier)とは

スティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となった。彼は国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の一員として正義の為に戦う。 マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の続編として制作。2011年に製作された『アベンジャーズ』の後日談でもある。

Read Article

マイティ・ソー/ダーク・ワールド(Thor: The Dark World)とは

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』とはマーベルコミックのヒーロー、ソーを主役とした映画シリーズの第2弾であり、2013年に公開された。次元移動のできる橋を壊してしまったソーは、地球にいるジェーンを想いながらも次期国王としての仕事をこなしていた。そんなとき、ジェーンがインフィニティ・ストーンのひとつを吸収してしまうという事件が起きたため、恋人と世界を守るためにソーは再び地球に降り立った。

Read Article

アベンジャーズ(Marvel's The Avengers)とは

マーベル・スタジオ製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給で公開された2012年の映画。アメリカン・コミックヒーローのクロスオーバー作品である。 『アイアンマン』『キャプテンアメリカ』などアメリカン・コミックのヒーロー達で結成したアベンジャーズが、地球支配を目論むロキと闘う姿を描く。

Read Article

マイティ・ソー(Thor)とは

アメリカのMARVELが出版しているコミックスに出てくるヒーロー、マイティ・ソーが主役の映画シリーズの第1作目である。個々のヒーロー映画をクロスオーバーさせたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の中では第4作目に当たる。アスガルドの第1王子のソーは、その傲慢さゆえに弟の策略にのり人間界に追放されてしまう。人間たちと関わるうちに感謝の心を学んだソーは、弟を止めるために立ちあがる。

Read Article

アイアンマン2(Iron Man 2)とは

マーベルコミックにおいて連載されている作品が原作であり、マーベルシネマティックユニバースにおいては第3作品目である。2010年公開。前作でアイアンマンとして活動することを宣言してから半年後の世界を描いており、アベンジャーズ計画が本格始動した回。装着した生命維持装置により命の危機に直面するトニーだったが、同時にライバル会社のハマーと組んだ電撃の鞭を操るウィップラッシュの襲撃に逢ってしまう。

Read Article

アイアンマン(Iron Man)とは

アイアンマンとは、2008年に公開された「マーベル・コミック」の「アイアンマン」を原作としたスーパーヒーロー映画。監督はジョン・ファヴロー。 トニーはある日、プレゼンのために親友のいる空軍を訪れているところをテロリストに襲撃される。 そこでトニーは自社の兵器が罪のない人間の命を奪っているところを目撃。 トニーは悪に立ち向かうためにスーツを身にまとう。

Read Article

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(Captain America: Civil War)とは

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の続編として2016年に製作された。 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後日談で、アベンジャーズの2大巨塔キャプテン・アメリカとアイアンマンが、ヒーローを監視下に置く『ソコヴィア協定』を巡って対立する姿を描く。

Read Article

NEW

アイアンマン3(Iron Man 3)とは

マーベルで連載されているヒーローコミックの実写化作品で、アイアンマンシリーズとしては第3作品目。”アベンジャーズ”のNY決戦後の1年後の話で、アイアンマンことトニーがテロと、自身の精神的問題と戦う。1作目からトニーを苦しめている悪の組織、テン・リングスとの最終決戦が今作では描かれていて、シリーズで1番多くのアイアンマンスーツが登場するのも見どころのひとつ。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン(The Amazing Spider-Man)とは

「アメイジング・スパイダーマン」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 幼いころ両親を亡くした青年「ピーター」は、ある時遺伝子操作された蜘蛛に噛まれ超人的な力を身につける。両親の死の真相を知るため、伯父を殺した犯人を探し出すため、彼は「スパイダーマン」となった。

Read Article

アベンジャーズに出てた人 その1 ジェレミー・レナー

「日本よ、これが映画だ」のCMのおかげで大体の日本人が知っている映画「アベンジャーズ」シリーズ。でも主要登場人物のうち、日本で広く名前が知れ渡っている俳優は「アイアンマン」役のロバート・ダウニー・Jrくらいではないでしょうか。意外と知らない他のメインキャストについて、今回から勝手にシリーズものとして紹介していきます。

Read Article

Contents