目次

  1. まず、タイトル
  2. ハーメル
  3. オーボウ
  4. フルート
  5. ライエル
  6. トロン=ボーン
  7. ホルン
  8. クラーリィ・ネッド
  9. コル・ネッド
  10. サイザー
  11. オカリナ

まず、タイトル

童話『ハーメルンの笛吹き』ですね。ネズミにより甚大な被害をこうむる町。そこに、ふらりとあらわれたのが笛吹き男。彼は「袋一杯の金貨」という条件の元ネズミ退治を買って出ます。見事な笛の演奏で、ネズミを川に誘導して退治に成功しますが、町長も大人たちも報酬を渋ります。で、笛吹き男がした「復讐」がエグくて怖い。笛の音で子供たちを先導し、どこかへ連れ去ってしまうのでした・・・。

Home illust

自分が昔見たバージョンだと、巨大な岩山が笛の音でぱかっと割れて子供たちがそこにぞろぞろと・・・。最後の一人が入った後自然に閉じるというトラウマ級の描写がありました。

ネズミ(魔族)、町の人々(人間)、笛吹き男(ハーメル)と考えると何か納得です。

ハーメル

楽器ではなく「ハーメルン」という地名ですね。

Geki hermelun main

魔族の主たる大魔王の息子で、その血に苦しみます。彼を笛吹き男と同一視するのは、
・(いろいろな意味で)人を操る曲を奏でる。
・厄介な存在(ネズミ、魔族)と戦う。
・要求した報酬を払ってもらえない。
といった点からです。もっとも、最後の場合意味が逆なんですが。笛吹き男は事前に報酬の約束をしていましたが、ハーメルは倒した後に「払えるか!」というような額を要求してるわけですし。

20080411123436 img1 61

音はちゃんとバイオリン、だった気がします。アニメ版。

そんなハーメルの武器が巨大バイオリン。チェロかコントラバスのごとく巨大です。外見上、普通のバイオリンよりも迫力があるから、という理由だけで巨大にしたのではなく、「特殊な力がある」ことを分かりやすくしたんでしょうが、初期のハーメルのツンデレ具合も含め、外道勇者をしているのも何だか虚勢に思えます。

オーボウ

元は魔族側で、妖鳳王という立場にいました。色々あって今はカラスの姿をしていますが、本来はダンディなおじさまなんですよ。

Images

低くて渋みのある音で有名ですね。外見も黒くて威風堂々としています。オーボウは年寄りじみた話し方をするものの、ハーメル一行の知恵袋的な存在で、頼れるキャラクターです。ひどい目にはあってますが。黒いからカラスになったのか分かりませんが、オーボエの音色を擬人化するとこうなった、という所でしょうか。鳥ですけども。

Oboe

フルート

ヒロインです。

7cfd77f3

彼女は「スフォルツェンド(これも音楽用語から来ているようですが)」という国の王女で、王位継承者。このことが分かるのは第一部の中盤辺りですが、問題は地位ではなく、その能力にあります。それは「癒しの能力」。楽器のフルートと言えばオーケストラでも使われる横笛で、優しい音色が特徴。何か鳥のさえずりさえ彷彿とさせます。元々優しい性格の子ですし、フルートという名前の響きや音色にピッタリだと思うのです。

P flute b01

管楽器の中でも、材質のバリエーションが豊富。プラチナ製のものもある。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

作中でのフルートの扱い(ハーメルにいいように使われることもある)や、役割を考えると何か納得です。時には姉のように、母のように、そして時には(十分ではないものの)ストッパーとして機能しているのが。

ライエル

ハーメルの幼なじみで、親友、そして仲間。しかし少年時代、「血の暴走」で両親を惨殺された過去があります。それを乗り越えての友情はいいんですが、今や格好のいじり相手・・・。