目次

  1. 攻殻機動隊(こうかくきどうたい、英語タイトル:GHOST IN THE SHELL)
  2. 攻殻機動隊のアニメ作品は原作を核としそれぞれ別作品なのです
  3. コミックレビューが高評価です
  4. 原作漫画、アニメ、映画・・どれから見ようか迷っちゃいますね
  5. 映画『攻殻機動隊 新劇場版』2015年6月20日公開
  6. あの世界観を舞台でも!

攻殻機動隊(こうかくきどうたい、英語タイトル:GHOST IN THE SHELL)

西暦2029年。より複雑化していく犯罪に対抗すべく結成された特殊部隊……公安9課に所属するその組織の名は、攻殻機動隊と呼ばれた。

西暦2029年。通信ネットワークに覆われ、膨大な情報が世界を駆け巡っている超高度情報化社会。しかし国家や民族、そして犯罪は依然として存在していた。より複雑化していく犯罪に対抗すべく結成された特殊部隊……公安9課に所属するその組織の名は、攻殻機動隊と呼ばれた。

出典: WWW.AMAZON.CO.JP

原作の舞台は1988年以降(本作品の初出の前年)の歴史が異なるパラレルワールドで、大規模な核戦争による第3次核大戦、および第4次非核大戦[注 2]を経て荒廃した2029年より始まる。特徴として、架空の都市を舞台の中心にしている事が挙げられる。また、著者のもうひとつの代表作『アップルシード』と同じ時間軸上に位置する物語である

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

攻殻機動隊のアニメ作品は原作を核としそれぞれ別作品なのです

この作品を原作とする劇場用アニメ映画が1995年に公開され、またテレビアニメ作品が2002年に公開された。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

他のアニメが霞んでしまうほどのクオリティです
話が気になるアニメなので是非視聴してみてください

出典: RENOTE.JP

一話完結のエピソードでは『人間の定義』というテーマを多角的に掘り下げながら、同時に刑事ドラマとしての面白さも両立しています。行間を読ませる会話の心地よさや、ご都合主義に終わらず余韻を持たせる海外ドラマ風の作りは、それぞれのエピソードにより深みを付加させていました。

出典: SAKUHINDB.COM

KOKAKU-A.JP

コミックレビューが高評価です

2fa28a98 bd1a b73e fbb6 39163563fcc9

初掲載は25年前! いまだに色あせない近未来SFサイバーアクションの傑作!!

現在の感覚でも、「充分に実現可能に思える近未来」の描写に思えます。
古くささは一切感じません。
当時はまだ一般的でなかったハズのPC用語も適切で、造語の中に上手く馴染んでいます。本当によくこんなものが描けましたね。

出典: WWW.AMAZON.CO.JP

難解な作品であり予備知識も必要だったが自分は楽しめた。
すべての攻殻機動隊の原点でありファンなら一度読んでも損はないと思う。

出典: SAKUHINDB.COM

SF傑作。
非常にリアリティーがある。
ストーリー設定も見事で矛盾点がない。

個人的にはアニメの方が好き。サントラも格好良いので。
とは言っても、漫画も最高。

出典: WWW.MANNGAREVIEW.COM

Bg

漫画は欄外の注釈書き込みが大量に書かれていることでも有名。また、素子を初めとした主要登場人物の性格や外見は漫画、アニメ、ゲーム、映画と各媒体で差がある。

原作漫画、アニメ、映画・・どれから見ようか迷っちゃいますね

攻殻機動隊には、アニメは、押井守監督の劇場版と、神山健治監督のTVシリーズ、そして、士郎正宗による原作漫画があります。

これらは類似点はありますが、世界観はすべてつながっておらず、パラレルワールドになってます。
だからどのシリーズから見ても大丈夫です。どれもおもしろいと思います。

出典: DETAIL.CHIEBUKURO.YAHOO.CO.JP

映画『攻殻機動隊 新劇場版』2015年6月20日公開

2015/03/19 に公開
攻殻機動隊25周年記念―。「新劇場版」6.20公開!!過去のある一匹狼たちが“攻­殻機動隊”となる軌跡。
“全身義体のリーダー草薙素子”生誕の秘密が遂に明かされる―。

http://kokaku-a.jp/

© 士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会

Koukakukidoutai poster

映画『攻殻機動隊 新劇場版』2015年6月20日公開 - 「ARISE」TVシリーズも4月放映

KOKAKU-A.JP

あの世界観を舞台でも!

[映画.com ニュース]士郎正宗氏の傑作SFコミック「攻殻機動隊」を新たにアニメ化した「攻殻機動隊ARISE」が、舞台化されることが決定した。11月5~15日に東京・池袋の東京芸術劇場プレイハウスで上演される。

出典: EIGA.COM