目次

  1. もとストリートミュージシャンのプロたち ※抜粋
  2. いきものがかり『YELL』
  3. 奥 華子『ガーネット』
  4. I WiSH(川嶋あい)『明日への扉』
  5. コブクロ『YELL〜エール〜』
  6. サスケ『青いベンチ』
  7. シャ乱Q『上・京・物・語』
  8. 19(ジューク)『あの紙ヒコーキ くもり空わって』
  9. YUI『TOKYO』
  10. ゆず『夏色』

もとストリートミュージシャンのプロたち ※抜粋

今現在日本で活躍中(だった)のアーティストで、実はストリートミュージシャンを経てメジャーデビューを果たしたっていう人たちを一部にはなってしまいますが紹介します。


(五十音順)
・ いきものがかり
:言わずと知れた、男性2名、女性ボーカル1名による3人組音楽グループ。ヒット曲多数。

・ 奥華子
:鍵盤弾き語りの女性シンガーソングライター。アニメ映画「時をかける少女」の主題歌、「ガーネット」がロングセラーヒット。

・ 川嶋あい
:同じく鍵盤弾き語りの女性シンガーソングライター。路上ライブ1,000回、自主制作CD手売り5,000枚を達成。歌声が評価高。

・ コブクロ
:男性2名のフォークデュオ。ヒット曲多数。Wikipediaには2013年に積極的に路上ライブを行ったという記述あり。

・ サスケ(SASUKE)
:男性のデュオ。ヒット曲「青いベンチ」。埼玉県の大宮駅で路上ライブ。一度解散をしたが、近年再結成をしている。

・ シャ乱Q
:ハロー!プロジェクトの総合プロデュースを務めた「つんく♂」擁するバンド。ヒット曲「シングルベッド」「ズルい女」など。大阪。

・ 19(ジューク)
:男性のフォークデュオ。当時の中高生に人気があった。ヒット曲は多い。代表的なのが「あの紙ヒコーキ くもり空わって」。

・YUI
:女性のシンガーソングライター。ギター弾き語り。その後バンド活動をしていたが、現在は結婚。ヒット曲は多数。

・ゆず
:日本の代表的な男性のフォークデュオ。小学校の頃からの同級生。横浜松坂屋の前で路上ライブをしていた。ヒット曲多数。

こう見ただけでも、結構沢山いますよね。

続いてYouTubeに上がっているもので、彼らの楽曲を紹介します。

いきものがかり『YELL』

Ikinomo-gakari - Yell + lyric 「いきものがかり 合唱付」 Live

もはや合唱曲の定番となっているこの曲。
切ないだけではなく、新しい門出に力強い一歩が踏み出せそうですね。

奥 華子『ガーネット』

奥 華子/ガーネット(弾き語り)

今でもずっと大切にしている恋愛を歌った曲。離れても、思い出は消えないですよね。すごく純粋です。

I WiSH(川嶋あい)『明日への扉』

明日への扉 - I WiSH(川嶋あい)

川嶋あいを一躍メジャーにのし上げたバンド、I WiSH『明日への扉』。
フジテレビ系のテレビ番組「あいのり」のテーマソングとして有名。
こんな恋愛してみたい、なんて思わせる曲ですね。

コブクロ『YELL〜エール〜』

YELL~エール~ / コブクロ

いきものがかりさんと同じ曲名ですが、コブクロのデビューシングルです。
人気が出て久しいので、デビューシングルまでは知らない人もいるかもしれません。
力強く励まされますね!

サスケ『青いベンチ』

青いベンチ / サスケ

埼玉県初のストリートミュージシャン。
テレビ朝日系音楽番組『ストリートファイターズ』で大々的に取り上げられたりしましたね。
追いつけ追い越せと奮闘したストリートミュージシャンも多いはず。

シャ乱Q『上・京・物・語』

シャ乱Q 上・京・物・語

この中では一番意外性のある人たち。
もともとは大阪城公園でのストリートライブ出身なんだとか。
今聞いても実はカッコいい曲です。
つんくにもこんな時代があったんですね。

19(ジューク)『あの紙ヒコーキ くもり空わって』

あの紙ヒコーキ くもり空わって

まさに青春真っ只中といった様相の曲。
B面に収録されている「卒業の歌、友達の歌。」も同じくらい有名。
当初の予定では、A面とB面が逆だったそうな。