目次

  1. BL
  2. 総受け
  3. 外角受けの変化球攻め
  4. カップリング
  5. リバ可
  6. スーパー攻め様
  7. まとめ

BL

5c989752 s

本来は男同士の恋愛を描いた作品のことをBoys Love略してBLと言います。
しかし、十四松ワードだとBLはBaseBall略した言葉のようです。
ちなみにBaseBallは日本語で野球です。
略すところが微妙におかしい気が…
何故最後のlを使って略したの!?BBじゃないの!?

総受け

%e7%84%a1%e9%a1%8c

本来の総受けとは、全てのキャラクターに対して受けになることです。
しかし十四松ワードでの総受けは、ボールを受ける人(キャッチャー)という意味のようです。
確かに受けって言うけど…!なんかちょっと違うよ!

外角受けの変化球攻め

%e7%84%a1%e9%a1%8c

本来は○○受け(健気受けなど)や○○攻め(鬼畜攻めなど)など、受けや攻めの種類を表す際に使います。
しかし十四松ワードでは、バッテリーのことを外角受けの変化球攻めというようです。
ちなみにバッテリーとはラテン語の言葉であり、日本語で「打つ」という意味になります。
また野球での意味は投手が投げたボールを受ける捕手のことを指します。
十四松~!!!その使い方は完全に間違えていますよ!

カップリング

%e7%84%a1%e9%a1%8c

本来はキャラクター同士の恋愛関係や組み合わせのことを表しています。
しかし十四松ワードでは、早慶戦のことをカップリングと言うようです。
ちなみに早慶戦とは、早稲田大学と慶應義塾大学との対決のことを指しています。
何 故 そ う な っ た…いや使い方は微妙にまちがってない気がするけど!

リバ可

%e7%84%a1%e9%a1%8c

本来の意味は特定のキャラクターが受けがから攻めになっても、攻めから受けになっても全然構わない!という方のことを指します。
だがしかーし!十四松ワードではスイッチヒッターのことをリバ可と言うようです。
ちなみにスイッチヒッターとは、両サイドの打者席でバッティングを行う人のことを指します。
十四松はどうやってこの言葉を覚えてきたのかが気になります…

スーパー攻め様

%e7%84%a1%e9%a1%8c

本来の意味は攻めのキャラクターが攻めとしか言いようがないことを指します。
しかし十四松ワードでは、強打者を押さえるため一度体に近い所に速球を見せて上体を仰け反らせる必要なインコース攻めになるようです。
十四松ワードの説明が凄く長い!
チョロ松そして神谷さん、お疲れ様です。

まとめ

ここでは十四松ワードをご紹介していきました。
いかがでしたでしょうか?
どのワードもとても印象に残りますね!
そして使い方が凄く面白いです。
個人的に好きなワードはやはりBLです。
予想外の言葉が十四松の口から出てきて笑いましたw
ところで何故十四松はBLワードを覚えたのか…そして何故間違えて覚えているのか…
色々と気になることだらけですが、筆者はもっと十四松ワードが出来たらいいなと思っています!
これからの十四松の活躍にも期待ですね!