目次

  1. スーパーマリオブラザーズ
  2. 高橋名人の冒険島
  3. 熱血高校ドッジボール部
  4. エキサイトバイク
  5. 魔界村

スーパーマリオブラザーズ

任天堂が1985年、世に送り出した大ヒット作。
現在までもシリーズが作り続けられている大定番シリーズだが、
未プレイの方は革命的作品に触れてみるだけの価値あり。
前身の「マリオブラザーズ」、名作「スーパーマリオブラザーズ3」もダウンロード出来る。

WWW.NINTENDO.CO.JP

高橋名人の冒険島

当時、一世を風靡した高橋名人の名を冠した横スクロールアクションゲーム。
「ワンダーボーイ」のファミコン移植作だが、あまり知られていない。
操作感も痛快で楽しいが難易度は高め。
慣れればダッシュで一気に駆け抜けるようにクリアも可能で気持ちいい。

WWW.NINTENDO.CO.JP

熱血高校ドッジボール部

くにおくんシリーズ初のスポーツゲーム。
ドッジボールというのも異色だが、ボールを当てて相手の体力ゲージを減らし倒すというシステムも斬新。
高校生のドッジボール世界大会が舞台となっており攻撃力が高い、防御力が高いなど、各国の個性も豊富。
各人2パターンの必殺技を持っており、これがさらに試合を盛り上げる仕様となっている。
とにかく2P対戦が熱いゲームだ。

WWW.NINTENDO.CO.JP

エキサイトバイク

モトクロスをテーマにした横スクロールのレースゲーム。
アクセル、ブレーキ、ターボ(使いすぎるとオーバーヒートで一時停止)を駆使し進むのだが、
モトクロスなだけに障害や台など常にジャンプ状態。
ジャンプ中も車体を操作出来、前に傾けるとスピードが増す等あるが、傾けすぎると着地時に転倒しタイムロス。
4レーン分の奥行き移動もあり、ライバルとの接触もある。
前輪に後輪を当てると転倒させる事が出来るなど、かなり戦略性に富んだゲームプレイを楽しめる。

WWW.NINTENDO.CO.JP

魔界村

中世を舞台としたアーケードから移植された横スクロールアクションゲーム。
シリアスな世界観にマッチするように難易度も超難度。
ラスボス前に再び1面に戻され、更に難易度の上がったステージのやり直しをさせられるという鬼設定にプレイヤーは苦しめられる。
しかし純粋に面白くもあり、後にシリーズも重ねられる事からも人気のゲームであった。

WWW.NINTENDO.CO.JP