目次

  1. 価格破壊の波をもたらした「Polysix」
  2. 価格破壊の決定打となった「JUNO-106」
  3. バンド少年たちの「ビンテージ」
  4. 関連記事

価格破壊の波をもたらした「Polysix」

かつてポリフォニックシンセサイザーといえば高嶺の花でした。Sequential CircuitsのProphet-5が170万円、それよりもはるかに安いRolandのJupiter-8が98万円と、アマチュアには手が出るような代物ではありませんでした。当時のアマチュアたちは、いつかはあれを弾いてみたいものだと指をくわえて見ているしかありませんでした。ですが、技術の進歩はそうした製品の低価格化をもたらしてくれるのです。ポリフォニックシンセサイザーもその例外ではなく、価格破壊の波が訪れます。その波を最初にもたらしたのは、わが日本のKORGから1981年に発売された「Polysix」です。

Polysix 1

当時、驚かれたのがその価格です。ポリフォニックシンセといえば上記のように高価なものばかりだったのですが、それが24万8000円です。これで6音ポリフォニックのうえ、音色メモリーまで付いていたのですから、アマチュアたちはこぞってこの楽器に飛びつきました。オシレーターはメイン1系統とサブ1系統、エンベローブはフィルターとアンプ兼用の1系統と、音作りの幅はかなり狭かったのですが、なんといっても価格が価格ですから、人気にならないわけがなかったのです。

価格破壊の決定打となった「JUNO-106」

もちろん、KORGのライバルであるRolandも、Polysixの人気を黙って見ているわけがありません。1984年に発売した「JUNO-6」は、それを下回る16万9000円に価格設定されました。ただ、音色メモリーが付いていなかったこともあり、Polysixほどのムーブメントにはなりませんでした。その後、音色メモリーを追加した「JUNO-60」が発売されたものの、こちらは23万8000円とPolysixと価格がほぼ同じになってしまいました。Rolandの価格破壊の決定打となるのは、これらの後継機である「JUNO-106」です。

Juno106 1

価格なんと13万9000円、しかもJUNO-60と同様に音色メモリーが付いていただけでなく、ハイパスフィルターが追加されて音作りの幅が広がったのです。これが人気にならないわけがなく、現在でも多くの実機が残っていることが人気のほどを証明しています。アマチュアに限らず、電気グルーヴなどプロのミュージシャンも使用したほどでした。

バンド少年たちの「ビンテージ」

価格ゆえに人気になった両機ですが、機能が限られているだけにシンセの音作りを勉強するのには最適な楽器でもありました。人気機種ゆえに多くの音楽少年が使用したため、青春の思い出としての「ビンテージ」になっていることもよくあるようです。このため、どちらもソフトウェアで復刻されています。
Polysixについては本家本元のKORGから「KORG Legacy Collection Polysix」として、4980円で販売されています。

Polysix 2

一方、JUNO-106の方は本家Rolandから音源モジュール「JU-06」として復刻されていますが、価格が4万円台とPolysixに負けてしまっているのが悔しいところ。他のベンダーが開発したソフトシンセもありますが、注目すべきはTALの「TAL-U-No-62」で、なんとフリーソフトです。これならば「価格破壊の決定打」にふさわしいのではないでしょうか。

Juno106 3

関連記事

RENOTE.JP

RENOTE.JP

RENOTE.JP

RENOTE.JP