目次

  1. ラム
  2. ジン
  3. ウォッカ
  4. ベルモット
  5. シェリー
  6. キャンティ
  7. コルン
  8. ライ
  9. キール
  10. バーボン
  11. スコッチ
  12. テキーラ
  13. ピスコ
  14. カルバドス

ラム

組織の中でも正体不明、男、女など噂だけでも数多くあり、信憑性に欠けるものばかり。

3f3f 8

謎多い人物のようです。ボスの側近だそうですが、案外実在してなかったり?それはないか。

00601 b

サトウキビの絞り汁、もしくは廃糖蜜を原料とする。1492年、かのコロンブスが見つけたアメリカ海域にサトウキビを持ち込み、気候があっていたために一大産地となった。発祥、名前の由来には諸説ある。また色や香りなどで分類される。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

それで「謎の人」というキャラになったんでしょうか、ラムさん。

ジン

Jinn

一部で無能呼ばわりされているジンの兄貴です。個人的にはかっこいいと思います。そして新一を「コナン君」に変えた張本人でもあります。

201309212209376e7

透明だったり、色がついてたり。

蒸留酒。原料は大麦、ライ麦、ジャガイモなど。そのまま飲んだり、カクテルにしたりと種々の飲み方がある。18世紀イギリスで産業革命が起き、低所得者が「ジン中毒者」となった旨、風刺画として残されている。悪徳にまみれた場所を「ジン横丁」と呼ぶ風潮もあった模様。現在ではごく一般的な酒であり、上流貴族にも愛飲されている。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

兄貴のプロフィール見る限り、何て言うかピッタリ感が・・・。出身等については分かりませんが、かなりダークな印象ですし。名前の響きも合ってますしね。

ウォッカ

Image

ジンとよく行動を共にしている人ですね。ジンよりは「抜けている」というか注意力が足りないような印象を受けました。

蒸留酒。原料は大麦、小麦、ライ麦、ジャガイモなど。期限は諸説あるが、ロシアにおいては14世紀ころブドウを原料にした「命の水」と呼ばれる蒸留酒が誕生。15世紀になるとジーズネンナヤ・ヴァダーと呼ばれるようになり、略したのがウォッカ、とも言われる。名所運起源をめぐってはポーランドと対立したりもした。クセの強い味と臭いが特徴。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

作中のウォッカさんですが、原料がジンとほぼ同じだからジンと一緒にいるんでしょうかね。何かかわいいというか切ない裏設定があったりしますが。現在では癖の強さが消えたというウォッカの特徴なんでしょうか。

ベルモット

「秘密は女を美しく・・・」などの名言で知られるベルモット姐さんですが、その名の元になったお酒とは・・・?

Frumx5yk 400x400
150px vermouth

白ワインを主としたカクテル。食前酒、もしくはカクテルの材料、料理に使われることも。甘口のスイート・ベルモットと辛口のドライ・ベルモットがある。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

表向き人気女優、実は裏組織メンバー。二種の味があるのも何か納得です、姐さん。