目次

  1. いきなりピカソの世界観が分かった、気がする
  2. どっかで切れてる、はず
  3. 急げや、急げ
  4. へこんでるのか、飛び出てるのか
  5. どっちが大きい?
  6. 何してんですか・・・
  7. よーし、パパ猫探しちゃうぞー
  8. 地面に騙し絵
  9. 思わず減速
  10. 地面に描いた・・・
  11. ちょっとグロテスクですが・・・
  12. 何か歪んでるけど、立方体
  13. 古くは・・・

いきなりピカソの世界観が分かった、気がする

横向いてるのか、前向いてるのか。何だかピカソの絵画を思わせる一点です。絵じゃなくて写真ですが。

Img 0

ピカソにはこんな風に見えてたんでしょうか。

どっかで切れてる、はず

まあ、素敵なおうち・・・って、木に乗ってる!?地面にちゃんとついてるのに!?

Hqdefault

遠近法のなせる業、と考えてみましょう。無理ですか。

急げや、急げ

ええと、走っている人がいて、空間部分が矢印に見える、と・・・。何だか目元がしょぼしょぼしそうな、胸のあたりが変な気分になりますね。逆方向を向いている矢印は、「そんなに急いでどこ行くの」とでも言いたげに・・・。

11128518 70

へこんでるのか、飛び出てるのか

多分、同じ絵を180度ひっくり返しただけなんでしょうけど、でも左側は飛び出て見えるし、右側はへこんで見える。「錯視」「トリックアート」によくある「実は同じなんだよ」シリーズの一つだと思いますが、ホント、どういう仕組みなんでしょうね。

Craterillusion02

どっちが大きい?

どうせ同じなんでしょうけど、上の影が大きく見えますね、はい。まさか、球体の色も同じとか言わないでしょうね・・・。ありえる。錯視の世界ではありえる!

Shadow

何してんですか・・・

Img 1

水に浮いた街、と見せかけて鏡持った集団が練り歩いているという。何かの行事でしょうか。後ろはきっちりしているのに、前の方はばらついてますね。

よーし、パパ猫探しちゃうぞー

ネコが同行以前に、壁の骨だとかクワだとかが普通に「錯視」の典型例ですね。猫探しよりもそっちの方に目が行っちゃいます。しかし、絵柄自体はかわいいのになんか不安になります、この絵。

Sanmainoofuda1

地面に騙し絵