目次

  1. 始祖ウィルス
  2. T-ウィルス
  3. G-ウィルス
  4. T+Gウィルス
  5. t-Veronicaウィルス
  6. ウロボロスウィルス
  7. t-Abyssウィルス
  8. C-ウィルス
  9. 強化型C-ウィルス
  10. t-Phobosウィルス
Cg nap

C-ウイルス完全変異体

強化型C-ウィルス

通常のC-ウィルスと違い、サナギ化の過程を経ることなく肉体を変異させる作用を有し、更に驚異的な不死性を備え、なおかつ知能の低下が見られないなどの特徴が存在する。また、強靭な精神力があればウィルスを制御することも可能で、投与された個体によって変異した後の姿は異なる。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

t-Phobosウィルス

恐怖によって発症するウイルス。
作中では感染者が恐怖を感じた瞬間に発症し、ゾンビのような肉体に変異した。

ほとんどの感染者が適合しなかったようですが、まれに適合した場合は自我を残したまま肉体が強化されているようです。

投与された者の「精神的な強い負荷」つまりは恐怖で発症するウィルス。

このウィルスが発症してしまうと、たちまち脳を破壊され、アフリクテッドと呼ばれるt-ウィルス、C-ウィルス由来のゾンビに似たクリーチャーになる。自我と理性が失われているが、筋組織はほとんど劣化せずに維持されているため、走ったり、ジャンプしたりすることが可能。

更にウィルスの活動の影響で、新陳代謝が進み、人間の物とは全く別の組織に変化していくと同時に、徐々に新たな細胞が作られなくなり、皮膚の腐敗だけが進行し、屍のような姿に変化させる。このような状態になったアフリクテッドはロトンと呼ばれる。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

従来のt-ウィルスよりも改良されt-ウィルスが持つ致死性は抑え込まれている。「精神的な強い負荷」つまり恐怖で発症する仕組み。恐怖を感じた際に脳から分泌されるノルアドレナリンにウィルスが反応し、発症する。発症した人間は瞬く間に自我と理性を失い、アフリクテッドと呼ばれるクリーチャーに変化する。

出典: DIC.NICOVIDEO.JP

O0799107113291642166

アレックス変異前

Cbgfxzzugaabxie

変異アレックス