目次

  1. ゼルダの伝説
  2. ドラゴンクエスト
  3. ファンタジーゾーン
  4. 北斗の拳
  5. 高橋名人の冒険島
  6. 悪魔城ドラキュラ
  7. プロレス
  8. ザナック
  9. プロ野球ファミリースタジアム
  10. アルカノイド
  11. 関連記事

ゼルダの伝説

01

1986年2月21日に、任天堂より発売された、ファミコン用のアクションRPG。

01

ディスクシステム第一弾であり、宮本茂の「ゼルダの伝説シリーズ」一作目。

ドラゴンクエスト

02

1986年5月27日に、エニックスより発売された、ファミコン用のロールプレイングゲーム。

02

ロールプレイングゲームというジャンルが、まだ一般的ではない時代に、家庭用ゲーム機に持ち込んだ歴史的作品。

ファンタジーゾーン

04

1986年6月15日に、セガより発売された、セガマークIII用の横スクロールシューティング。

04

アーケードゲームの移植であるが、スプライト性能から様々な変更点がある。
買い物でパワーアップするシステムが特徴的。

北斗の拳

05

1986年7月20日に、セガより発売された、セガマークIII用の横スクロールアクションゲーム。

05

アニメ化もされた「北斗の拳」のキャラクターゲーム。
原作の世界をうまく表現した作品。

高橋名人の冒険島

06

1986年9月12日に、ハドソンより発売された、ファミコン用の横スクロールアクションゲーム。

06

アーケードゲームの「ワンダーボーイ」をベースに、子供に人気だったキャラクター「高橋名人」を主人公としたゲーム。
人気作となりシリーズ化される。

悪魔城ドラキュラ

07

1986年9月26日に、コナミより発売された、ファミコン用の横スクロールアクションゲーム。

07

主人公シモンが鞭を手に、ドラキュラに挑むというホラーゲーム。

プロレス

08

1986年10月21日に、任天堂より発売された、ファミコン用のプロレスゲーム。(開発はヒューマン)

08

プロレスゲームのスタンダードとも言えるデザインの作品。
開発したヒューマンの増田雅人は、後に「ファイヤープロレスリング」を製作する。

ザナック

09

1986年11月28日に、ポニーキャニオンより発売された、ファミコン用の縦スクロールシューティング。(開発はコンパイル)

09

アレスタといったコンパイルのシューティングゲームの初期作品。
「高速スクロール」「高難易度」といった点が特徴的だ。