目次

  1. 鮮やかに乗りこなす猫
  2. くつろぎ過ぎ
  3. 退場しても降りない犬達
  4. まさかのプレーリードッグまで
  5. ウサギだって乗る
  6. ハムスター乗せられ疑惑
  7. オウムもか
  8. もはや何も言うまい、トカゲまで
  9. 動物にとっては、乗り物

鮮やかに乗りこなす猫

ルンバの稼働音は結構大きいので、怖がって近づかない猫も多いのですが、逆に興味しんしんの猫もいます。その中でも敵と認識して戦いを挑む猫と、遊び友達になるタイプと分かれています。この猫は後者ですね。しかもキッチリと乗りこなしています。そもそも乗り物ではないのでけれどね。

くつろぎ過ぎ

こちらも猫ちゃんですが、なんと器に入ってのんびりと遊覧気分を味わっています。怖がるどころかリラックスしていて、落ちた後まで乗りっぱなしという胆の据わり方。可愛くて和みます。

退場しても降りない犬達

柴犬もチワワも怖がらずに乗っています。むしろ、斜めになっても降りない。ご主人から離れて退場していっても降りない。やっぱり楽しいのでしょうね。犬は車やバイクなど乗り物が好きな動物なので、進んで乗ることも多いようです。サーフィンをする犬とかもいましたね。

まさかのプレーリードッグまで

なんと、プレーリードッグまで乗っていました。追いかけて畳おざぶの上に乗っかる姿も、ずっこけて落ちる姿も、二匹でじゃれながら乗る姿も全部可愛すぎます。バスの停留所のようにサッシの前で待ち構えて乗っかるなんてテクニックまで持っています。ルンバのリズムに乗って眺めていると癒されますね。掃除兼遊び道具としてフル活用です。

ウサギだって乗る

ウサギまでルンバに乗っていました。怖がらないものですね。むしろどっしりと座り込んで、貫禄すらあります。降りる時もスルリと落ち着いて降りています。ちょっと意外でした。

ハムスター乗せられ疑惑

めちゃめちゃ可愛いのですが、これは乗ったと言うより乗せられた形ですね。ゆさゆさと揺れるたびに小さい足を踏ん張る姿がなんとも言えずに可愛いです。

オウムもか

ついにオウムまで乗ってしまいました。エリザベスカラーが付いているので「危ないっ」という場面がありましたが、見事なのけ反りで回避しています。根性あります。むしろ、そこまでしても降りたくないくらい気に入っているというのが笑えます。

もはや何も言うまい、トカゲまで