アルスラーン戦記 第1巻 あらすじ/コミックおまけ収録 ネタバレ

Ars1

田中芳樹原作、ハガレンでもお馴染みの荒川弘版「アルスラーン戦記」の内容まとめです。アニメを観た人も、原作小説を読み終えた人も楽しめる!それが漫画版「アルスラーン戦記」ではないでしょうか。今回は、単行本でしか見られないイラストや対談インタビューについてザッとまとめています。(※画バレ無し)

リメイクされすぎてるのも「アルスラーン戦記」の魅力?

94898bfd3f82998b6e08405b58ca5e9e l

買おうか買うまいか・・・。

振り返れば1年間悩んでいた筆者ですが(笑)、この度ようやくアルスラーン戦記第1巻を手にしました!
購入を渋っていたのは、流行に乗ってアニメを見終えた流れで原作小説も読んでしまったからです。
元々同じ話な訳だし、アニメ、小説の上にわざわざ漫画を購入する意味は無いかな・・・と思ったんですよね。

ですが、「アニメや原作小説とでは所々ストーリーが違う」というのを耳にして、どうしようもなく気になって。
読んだ方の感想なんかをチラっと見たついでに漫画のカットを見てしまいまして、我慢の限界が来て今回、購入に至りました。

結果、原作小説も読んでアニメも見た後でも、漫画になるとまた違う面白さを味わ得ることを痛感した次第です。
今回は、そんな荒川版アルスラーン戦記について気の赴くままに語っていこうと思います。

第1巻収録話

第一章「エクバターナの栄華」
第二章「アトロパテネの会戦」
第三章「黒衣の騎士」
第四章「旧友との再会」

「アルスラーン戦記」第1巻 あらすじ

栄華を極めたパルス王国の王太子・アルスラーンは、14歳で初陣を迎える。
イアルダボート教信者のルシタニア国が攻めてきたのだ。
当時の国王・アンドラゴラス三世の下にその強国ぶりを大陸航路に轟かせ、
無敗を誇っていたパルス軍を敵に回したルシタニアに勝ち目はないように思われた。
がしかし、事態は急変する。
戦場となったアトロパテネの野に突如、視界を奪うほどの濃い霧が蔓延したのだ。
さらにアトロパテネの地形に乏しいはずのルシタニアが、その形状を熟知しているとしか思えない罠を無数に張り巡らしパルス兵をどん底に叩きのめしていく。
この世のものとは思えない惨状の中に、王太子アルスラーンの姿もあった。
一切の護衛を失い、命の危険にさらされながら戦場を彷徨っていたアルスラーン。
そんな彼をさらに追い詰めたのは、アンドラゴラスの腹心の部下でもあるパルスの万旗長・カーラーンの裏切りであった。

『あなたは何も悪くない、悪くないがここで死んでもらう。』

大勢の敵兵にも囲まれ、絶体絶命に陥った王太子を救ったのは、黒衣のパルス騎士・ダリューン。
突如現れた味方の力を借り、アルスラーンは命からがら戦場を抜け出す。
パルスの王都へ戻る道はルシタニア兵で溢れかえっている・・・。
ダリューンはいつか話した旧友を頼り、アルスラーンと共に敗残兵として「ナルサス」の元を尋ねるのだった。

ファンを魅了してやまない敗戦からの奪還劇が、幕を開ける。

単行本特典その① カバー下表紙

コミックのカバーを剥いだ下にあるもう一つの表紙を「カバー下表紙」と言う事にします!

これは出版社や作家さんによってまちまちのようですが、大抵は「おもて表紙と同じイラスト」か「全くの別イラスト」かのどちらかが載ってますよね(他は作品タイトルのロゴとか・・・)。
で、荒川弘版アルスラーン戦記はどちらかというと、後者の方です。

全面を贅沢に使って描かれているのはプロット画(?)でしょうか。
「プロット画のようだ」と言っても一つ一つがしっかりした物で、
プロの漫画家さんらしいイラストになっています。
馬を走らせるアルスラーンやダリューンだったり、ファブリー・・・ヴァフリーズ、アンドラス、タハミーネだったり。
そんな感じで一見真面目なイラストに見えるんですが、
ちょっと離れたところではキリンがアンドラゴラスに♡を送っていて笑えますww

これからも各巻ずつでこんなイラストが見られるのかと思うとワクワクしますね。

単行本特典その② アル戦4コマ漫画&荒川弘あとがき戦記4コマ

開戦前のアトロパテネにて。
パルス軍が「抱負・夢」というテーマで各々コメントしていきます。
「俺、この戦いが終わったら結婚するんだ」と口にしたモブ兵を皮切りに、
次々とフラグを立てていくパルス兵たち。
それを見たアルスラーンは「この戦い負ける気がする!!」、
と焦りの表情で叫びます(笑)

そして「あとがき戦記」では、荒川弘先生がアルスラーン戦記を製作する過程でやらかした
とんでもないミスについて明かされました。多忙な漫画家業の闇が垣間見えます・・・。
あんなん笑うやろww

単行本特典その③ 荒川弘×田中芳樹(たなかよしき)によるビッグ対談

今回の漫画を担当する荒川弘先生と、アルスラーン戦記原作者の田中芳樹さんによる対談の様子が見開き3ページに渡って綴られています。
まさか本編も終わりにこんなサプライズが待っていようとは・・・。
正直、驚くと同時に嬉しかったです!

内容としては主にアルスラーン戦記の制作過程についてですが、
それぞれが漫画家・小説家になる過程のおもしろエピソードもざっくりと語られています。

個人的に意外だったのが、アルスラーンの容姿が一番最後に出来上がったということですかね・・・。
他にもイノケンティス王が本作において、意外と重要なバランサーになっていた点とか興味深かったです。

それぞれで違う面白さを味わえるアルスラーン戦記。
本編同様に、単行本ならではの特典にも注目したいですね。

関連

renote.jp

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

アルスラーン戦記(アルスラーンせんき、アル戦)の作品情報まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌(ネタバレあり)】

1986年に角川文庫(現・カッパノベルズ)から刊行された田中芳樹(たなかよしき)の大河ファンタジー小説、およびそれらを原作としたアニメ、漫画、ゲーム作品。中世ペルシアをモチーフとした異世界で、敗国の王太子・アルスラーンが祖国奪還を目指す物語である。

Read Article

銀の匙 Silver Spoon(ぎんのさじ シルバースプーン)の作品情報まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌(ネタバレあり)】

2011年より「週刊少年サンデー」で連載されている漫画及びそれらを原作とするアニメ、実写映画。著者は荒川弘。舞台は北海道の「大蝦夷農業高等学校(通称エゾノー)」。主人公の八軒勇吾は札幌の私立中学に通っていたが受験に失敗し、学力競争と父から逃れるため恩師の勧めもあり大蝦夷農業高等学校に進学する。農業未経験者の八軒は仲間たちと汗と涙と泥にまみれ、農業の厳しい現実にぶつかりながらも成長していく。

Read Article

藍井エイル(あおいエイル)の情報まとめ【経歴・人物(メンバー)・アルバム・代表曲】

J-POPやアニソンを中心に歌い上げる女性歌手・藍井エイルは、アニメ『Fate/Zero』『ソードアート・オンライン』『アルスラーン戦記』などのテーマ曲で一躍有名となり、「アニソン界のヒロイン」と呼ばれる。テレビ出演に始まり、世界13ヵ国でライブを行うなど精力的な活動を続けてきたが、2016年、体調不良を理由に無期限の活動休止を発表した。

Read Article

鋼の錬金術師(ハガレン)の作品情報まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌(ネタバレあり)】

2001年から2010年まで荒川弘により月刊少年ガンガンで連載された漫画およびそれらを原作とするアニメ、ノベライズ、映画、ゲーム作品。舞台は19世紀産業革命期のヨーロッパをモチーフとした錬金術が存在する架空の世界。主人公エドワード・エルリック(エド)は弟アルフォンス(アル)とともに、自身らが犯した禁忌の錬成によって失ったエドの右腕と左足、アルの全身を取り戻すための方法を求め旅に出る。

Read Article

アルスラーン戦記 第2巻 あらすじ/コミックおまけ収録 ネタバレ

第2巻の内容などについてのまとめ。荒川弘版のアルスラーン戦記の魅力は、アニメ視聴済みの方でも原作読破組でも楽しめるところだと思います。天才軍師ナルサスや、その従者エラム、さらに流浪の楽士ギーヴと絶世の美女ファランギースが登場し、アルスラーン戦記は新たな顔を見せ始めますよ。(※画バレ無し)

Read Article

「アルスラーン戦記」を見た海外の反応 動画(全25話)

アニメの面白さは万国共通なのか!?「アルスラーン戦記」を楽しむ世界中のアニメファンのリアクション動画を全25話分まとめています。本編を見た事がある人もそうでない人も、同じ作品を愛する者同士のリアクションには共感してしまう所があるかもしれません。(※最終話のみリアクション動画が無かったため、コメントを載せています。全動画の表示に時間がかかります。ご了承ください。)

Read Article

【アルスラーン戦記】ダリューンがアルスラーン(殿下)を呼んだ回数を徹底調査!

若干14歳の王太子・アルスラーンに揺るぎない忠誠を誓うダリューン。アルスラーンを「殿下!」と呼び仰ぐ姿が本編でも印象的ですが、あまりの殿下コールの多さから、ダリューンが海外で「殿下マン」と呼ばれてるのをご存知でしょうか?一体、作中随一の忠臣は、何度「殿下」と口にしたのか…。全25話分に渡って調査し、まとめてみました。長いです。

Read Article

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

アニメ、漫画の中でも安易な展開を避けたいがために死んでしまうキャラクターは星の数ほどいます。しかしそういう作品はキャラクターを殺すことで逆に安易な展開になってしまうものもあります。 そんな中でも、悲惨だったり、予想だにできない衝撃の死を遂げたキャラクターをまとめました。

Read Article

アニメの裏話も!「アルスラーン戦記 風塵乱舞」ミニ朗読劇まとめ

「アルスラーン戦記2期 風塵乱舞」の放送を記念して配信されているミニ朗読劇のまとめです。第1章はアルスラーンとダリューン、第2章はアルスラーン・ナルサス・エラム。第3章はヒルメス・サーム・ザンデで、新たに公開された第4章がギーヴ・ファランギース編となっています。アニメとは少し違った視点で語られるエピソードから覗く、キャラの意外な能力にも注目です!

Read Article

アルスラーン戦記「黒衣の騎士・ダリューン」の過保護な名言/迷言まとめ‐その概要に迫る

物語当初からアルスラーンに忠誠を誓い、右腕として活躍している天下無双の騎士・ダリューン。彼の言動にはアルスラーンに対する並々ならぬ忠誠心が見え隠れしますが、それは時として”過保護”なレベルにまで達する事があります。一体、それはどれ程の物なのか…?ここでは過保護なダリューンの忠臣セリフをまとめて振り返っています。

Read Article

【アルスラーン戦記 1期】流浪の楽士・ギーヴのキラキラシーンまとめ

アルスラーン戦記21話目にして唐突に軍から追放され旅立ってしまったギーヴ。だがその真相は、軍内の対立を鎮めるための一時的な離脱だった。しかし、やはり彼が去ってしまうとどこか物足りなさを感じてしまう…。その原因はギーヴ特有の発光現象・キラキラ効果にあるのではないか?という考えに至ったので、この記事を作成してみた。

Read Article

Contents