独断と偏見で紹介するウルトラ怪獣【カプセル怪獣編】

2

皆さんはウルトラ怪獣というものをご存知ですか?怪獣と聞くと「どれも似たような奴ばっかりでしょ?」と思われるかもしれませんが実はそうじゃないんです!今回はウルトラマンの味方のカプセル怪獣をまとめて紹介します。

カプセル怪獣ってなに?

作品によって名称は異なるが、基本的には味方となって敵の怪獣や宇宙人と戦ってくれる怪獣のこと。初登場は「ウルトラセブン」で主人公のモロボシ・ダンが偵察やセブンに変身できない時に使用していた。後の作品にもマケット怪獣という地球版のカプセル怪獣が登場している。

アギラ

1

トリケラトプスのようなカプセル怪獣。ゴジラ怪獣であるア〇ギラスによく似ているが別固体である。俊敏な動きを生かしてリッガーやにせウルトラセブンと戦うが、どちらも悲惨な目にあい敗北している少しかわいそうな怪獣。

ウインダム

2

金属的な体や電子頭脳が特徴のカプセル怪獣。頭部からビームを発射することが可能だが劇中ではあまり役に立っていなかった。敵の宇宙人に操られたりガッツ星人の円盤に攻撃され爆発したりと、どこか頼りない印象が強いカプセル怪獣である。SFCのゲーム「ウルトラセブン」にもプレイヤーキャラとして登場するが、攻撃のリーチが極端に短い、移動がドタバタ走りなどであまり強いとは言えなかったが、ある意味原作の弱さを再現していたとも言える。

ミクラス

3

頭の角が特徴的なカプセル怪獣。エレキングと交戦し、尻尾を掴んで投げ飛ばし善戦するが電撃を浴びせられて敗北してしまう。後の作品である「ウルトラマンメビウス」にもマケット怪獣として登場するもGUYSの隊員たちから不細工と言われるなど少し酷い扱いを受ける。最終的にはパワーアップしてエレキミクラスとなり大活躍を果たす。使用回数は少ないが口から熱戦を吐くこともできる。

セブンガー

4

ウルトラセブンに変身できなくなったモロボシ・ダンに与えられたロボット。やる気のない目にずんぐりむっくりな体型だが戦闘能力はウルトラ戦士以上。劇中で強敵として立ちはだかった怪獣アシュランを叩きのめし圧倒する。活動時間が1分間、更に1度使用すると長いインターバルが必要になるなど強力な分制約も多い。登場回数は2016年現在まで数えても1度だけであり、他の怪獣に比べると少し知名度に劣る。

今回はここまで!

いかがでしたか?次回もきっと気になるウルトラ怪獣を紹介しますのでチェックしてみてくださいね!

bbman
bbman
@bbman

Related Articles関連記事

ウルトラマン(初代ウルトラマン、Ultraman)とは

1966年(昭和41年)7月17日~1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で放送。 『ウルトラマン』とは、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。 映像上の題名は「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」である。全39話放送された。 ウルトラマンと地球人のハヤタ隊員が一心同体となり、科学特捜隊と共に、怪獣や侵略宇宙人を倒し、地球の平和を守るストーリーである。

Read Article

今こそ注目したい!ウルトラマンゼロについてあれこれ

今やウルトラマンギンガがメインを張っているウルトラワールド。しかし、ギンガ登場まで、子供たちを大いに沸かせていたヒーローがいることをご存知でしょうか?彼の名はウルトラマンゼロ。ゲスト出演を果たした映画や主役を務めるパチンコの発表など、2015年もまだまだ目が離せません。そんなゼロについてまとめました。

Read Article

まさかの円谷プロ公式!「ウルトラ怪獣擬人化計画」地球を萌やす怪獣たちはフィギュアも熱い!

「ウルトラマンを知らない若い世代に、怪獣の魅力を通じてもっと作品を知ってもらおう」という志から始まったプロジェクトが、何をどう間違えたのか怪獣の萌え擬人化というメディア展開に発展した異色の「ウルトラ怪獣擬人化計画」! 既に商品化も始まっているウルトラ怪獣達の萌えるフィギュアをご紹介しましょう!

Read Article

ウルトラマンなどの成田亨のデザインの世界

1966年に生まれ、今も作品が作られ続ける「ウルトラマンシリーズ」。「ウルトラマン」の初期シリーズで、ウルトラマンなどのデザインで作品を支えたのが、彫刻家・成田亨だ。ウルトラマンのみならず、怪獣、メカニック、コスチュームなど、成田亨のデザインワークスは古びないものだ。 そういった、成田亨のデザインを紹介したい。

Read Article

Contents