【平成編】ウルトラマンの必殺技まとめ!

%e3%81%9c

3分間で地球を救う大人気ヒーローウルトラマン。皆さんはウルトラマンの必殺技を幾つご存知ですか?「スペシウム光線しか知らない」という方もこれを見れば詳しくなること間違いなし!今回は平成ウルトラ作品の必殺技を紹介していきます。

ゼぺリオン光線

%e3%81%9c

ウルトラマンティガの主な必殺技。両腕を胸の前に突き出し水平にクロスさせL字に組んで発射する。発射前の溜め動作が特徴的。ティガの必殺技の中では一番強力で、最終話では強化版であるグリッターゼぺリオン光線も発射された。

ソルジェント光線

So

ウルトラマンダイナの主な必殺技で、腕を十字に組んで発射する。発射時は青色の光線で相手に命中するとエフェクトが変わる。平成ウルトラマンの中では珍しく溜めのモーションがあまりない。このため素早く発射することができるのだが相手によっては効かないシーンも見られた。余談ではあるが劇中でギャビッシュとよばれる怪獣には、通常とは異なるソルジェント光線が発射された。

フォトンエッジ

Fo

ウルトラマンガイアの主な必殺技で、頭部にエネルギーを溜めながら体をかがませ、後方に振りかぶった後光線をしならせながら発射する技。オーソドックスに腕を組んで発射しないため、放映当時は類を見ない技として話題を呼んだ。喰らった怪獣は木っ端微塵に爆発する。ちなみにウルトラマンガイアは地球のウルトラマンなので3分間という時間の制約は無い。

バーニングプラズマ

Ba

ウルトラマングレートの最強必殺技。劇中ではあまり使用されなかった。両腕を上に広げプラズマを発射する。ウルトラマングレートもAと並んで多種多様な光線技の持ち主で、後の平成ウルトラマンより先に光の剣で攻撃する技を使ったこともある。ウルトラマンの中では珍しく腕を組んで発射する光線技を持っていない。

メガスペシウム光線

Supe

ウルトラマンパワードの主な必殺技。十字に組んで発射するのはウルトラマンと同じだが、こちらは両腕のパワードスタビライザーにエネルギーを溜めてから発射する。威力はダイナマイト200万本分ともスペシウム光線の5倍とも言われており、その温度は一億度に達する。温度だけで見ればウルトラマン中で最強だが、公式設定ではゾフィーのM87光線が最強なのを忘れてはいけない。

フルムーンレクト

Re

ウルトラマンコスモス(ルナモード)の必殺技。右拳を体の前に突き出して発射する。怪獣の興奮を鎮める作用があり、劇中ではカオスヘッダーによって凶暴化した怪獣に使用された。

今回はここまで!

いかがでしたか?次回も気になるウルトラマンたちの必殺技を紹介していくので是非チェックしてくださいね!

renote.jp

renote.jp

bbman
bbman
@bbman

Related Articles関連記事

ウルトラマン(初代ウルトラマン、Ultraman)とは

1966年(昭和41年)7月17日~1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で放送。 『ウルトラマン』とは、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。 映像上の題名は「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」である。全39話放送された。 ウルトラマンと地球人のハヤタ隊員が一心同体となり、科学特捜隊と共に、怪獣や侵略宇宙人を倒し、地球の平和を守るストーリーである。

Read Article

まさかの円谷プロ公式!「ウルトラ怪獣擬人化計画」地球を萌やす怪獣たちはフィギュアも熱い!

「ウルトラマンを知らない若い世代に、怪獣の魅力を通じてもっと作品を知ってもらおう」という志から始まったプロジェクトが、何をどう間違えたのか怪獣の萌え擬人化というメディア展開に発展した異色の「ウルトラ怪獣擬人化計画」! 既に商品化も始まっているウルトラ怪獣達の萌えるフィギュアをご紹介しましょう!

Read Article

ウルトラマンなどの成田亨のデザインの世界

1966年に生まれ、今も作品が作られ続ける「ウルトラマンシリーズ」。「ウルトラマン」の初期シリーズで、ウルトラマンなどのデザインで作品を支えたのが、彫刻家・成田亨だ。ウルトラマンのみならず、怪獣、メカニック、コスチュームなど、成田亨のデザインワークスは古びないものだ。 そういった、成田亨のデザインを紹介したい。

Read Article

今こそ注目したい!ウルトラマンゼロについてあれこれ

今やウルトラマンギンガがメインを張っているウルトラワールド。しかし、ギンガ登場まで、子供たちを大いに沸かせていたヒーローがいることをご存知でしょうか?彼の名はウルトラマンゼロ。ゲスト出演を果たした映画や主役を務めるパチンコの発表など、2015年もまだまだ目が離せません。そんなゼロについてまとめました。

Read Article

Contents