目次

  1. 動画目次
  2. エヴァンゲリオン / 「おめでとう」
  3. ソードアート・オンライン / 「スターバーストストリーム」
  4. デスノート/「計画通り」
  5. デスノート / 「高笑い→そうだ、僕がキラだ」
  6. ケロロ軍曹 / 「クルルとサブロー。電波コンビ襲来」
  7. さいごに

動画目次

①エヴァンゲリオン/「おめでとう」

②ソードアート・オンライン/「スターバーストストリーム」

③DEATH NOTE (デスノート)/「計画通り」

④DEATH NOTE (デスノート)/「高笑い→そうだ、僕がキラだ」

⑤ケロロ軍曹/「クルルとサブロー。電波コンビ襲来」

エヴァンゲリオン / 「おめでとう」

00:00~日本語
00:43~韓国語
01:28~中国語
02:10~広東語
02:54~タイ語
03:38~ロシア語(ボイスオーバー)
04:21~ドイツ語
05:04~フランス語
05:47~イタリア語
06:31~スペイン語(スペイン)
07:14~スペイン語(カタルーニャ)
07:58~ポルトガル語
08:41~スペイン語(メキシコ)
09:24~英語


やたらとテンションの高いイタリア語と英語が強烈な印象を残しますww
アニメの吹き替えにはそのお国柄も滲み出るもんなんですね~。

無言の拍手喝采で始まった広東は何だったんだろう・・・(゜д゜)。

ソードアート・オンライン / 「スターバーストストリーム」

00:00~日本語
02:03~英語
04:05~ドイツ語
06:07~フランス語
08:09~イタリア語

・・・・・・・以下、筆者の個人的評価・・・・・・・・

「一番良いな~」と思ったのは日本語です。
まぁ、最初に日本語で視聴しているので、他の言語や声だと
どうしても違和感を感じてしまうのが大きいですね。
それにやっぱりキリトの声は松岡さんの声に限ります。

最下位は問答無用のフランス語だ!(ごめんねフランス ´・ω・`)
『ウアアア↑アアアアアアアッッ↓』やら
『ファああああああああ!!』やら突っ込みどころが満載です。

笑いどころが盛り沢山なのは良かったのですが・・・ww

デスノート/「計画通り」

00:00~日本 ・・・ 新世界の神になれそうなキラ。やっぱり日本贔屓してしまう!
01:07~英語 ・・・ 絶叫は太ましいものの、『I've won!』が素晴らしいww
02:04~ポルトガル語(ブラジル) ・・・ 『大阪ミンチ木っ端微塵』。
03:00~スペイン語 ・・・ 絶叫は良い感じですが空耳がひどいですww
03:57~スペイン語(カタルーニャ) ・・・ 減速する絶叫。コミュ障のL。
04;52~スペイン語(メキシコ) ・・・ 断末魔の叫び。
05:49~フランス語 ・・・ 月が喘ぎます。多分掘られてますねww
06:46~イタリア語 ・・・ 月が絶叫しながら泣きます。
07:40~ドイツ語 ・・・ 悪くもなく、特段良くもなく、といった感じです。
08:37~ハンガリー ・・・ 杉田wwww
09:33~ロシア語 ・・・ 月がまた掘られますwwくそわろたwwwふざけんなww
10:29~広東語(香港) ・・・ 『あっあほぅ』。
11:25~タイ語 ・・・ オッサンすぎるww

デスノート / 「高笑い→そうだ、僕がキラだ」

00:00~日本語 
00:44~英語 
01:15~スペイン語  
01:47~スペイン語(カスティーリャ)
02:15~イタリア語 
02:48~ポルトガル語(ブラジル) 
03:18~フランス語 
03:48~ドイツ語 
04:20~ロシア語
04:50~ハンガリー語
05:20~韓国語
05:50~広東語

・・・・・・・以下、筆者の感想・・・・・・・・

概ね好評の国のところもあれば酷評されてる国もありましたが、
みんなそれなりに全力で演技していると思います。(´・ω・`)

楽しませてもらいましたww

ケロロ軍曹 / 「クルルとサブロー。電波コンビ襲来」

00:00~日本語・・・クルルの声が若干ぎこちないながらも、一番しっくりくる声。
01:14~イタリア語・・・「カップラ~メンギロ~ロ~」「んえっヘッヘッへ」。
02:28~スペイン語(1)・・・年増の夏美ちゃん。
03:42~中国語・・・ケロン人の声が総じて可愛い。
04:56~スペイン語(2)・・・クルルの笑い声がトラウマレベル。

さいごに

結局、「日本語版が最強だな!!」というのが
今回ご紹介した動画を見た筆者の感想なのですが、みなさんはいかがだったでしょうか?

一番最初に見るのが日本語版なのでキャラの声イメージが固定されている点もありますが、
全体的な演技力が日本の場合は高いような気がします。
まぁ、日本贔屓と言われればそれまでなのですが・・・ww

これからも、いちアニメファンとして、各国の吹き替え作品の行く末を見守っていきたいと思います。