目次

  1. 中居正広さん・『伝説の教師』
  2. 『砂の器』
  3. 木村拓哉さん・『言葉のない部屋』
  4. 『BLACK ROOM』
  5. 香取慎吾さん・『透明人間』
  6. 『赤ずきんチャチャ』
  7. 草彅剛さん・『成田離婚』
  8. 稲垣吾郎さん・『僕は旅をする』

中居正広さん・『伝説の教師』

「ダウンタウン」の松本人志さんとのダブル主演で、教師を演じていました。「どんな問題児も、更生してきた」という松本さん演ずる「伝説の教師」南波次郎の相棒というかお目付け役の教師、風間大輔役です。

Hqdefault

「嫌いなところを10個挙げて行って、それでも一緒にいたいと思えるのが本当の友達」と言われたことから、南波の「嫌いなところ」を心の中でちょっと楽しげに反芻するシーン、何かじんと来ます。

『砂の器』

『伝説の教師』では女好きなところもあるややコミカル、というか振り回されるといった感じの役どころでしたが、これは原作からしてシリアスなので、自然演技もシリアスになるというものです。ちなみに、主役でした。

木村拓哉さん・『言葉のない部屋』

ロングヘア姿も凛々しいキムタクこと、木村拓哉さん。「キムタク演技」「何を演じてもキムタク」などと言われていますが、実は意外な作品に出ていたこともあるんです。

WWW.DAILYMOTION.COM

ネット時代になるまでちーとも気づきませんでした。まだ若手だったのか、こういう役もやってたんですね。

『BLACK ROOM』

『世にも奇妙な物語』SMAPスペシャルにて放送。アメリカに留学中の息子が帰ってくると、家と両親の様子が何か変、というシュールコメディ。キムタク演技、「彼女美人?ブス?」という問いかけなど、異様なおかしみある作品でした。

香取慎吾さん・『透明人間』

道端で買った「薬」を飲ん出ら透明人間に・・・というお話。透明になるんは体だけなので全裸にならなくてはなりません。で、効き目は1時間。主人公長谷川半蔵の職業は報道カメラマン志望(出版社勤務)で、透明な姿のまま追跡して、不正現場などをパシャリ!

Ws000687 b27d4

しかし、「ゼウスグループ」なる表向きは大手企業が何か企んでいるらしい・・・と次第にシリアス味を増していきました。完全に透明になる前の決めポーズが一つの「ウリ」ではありましたね。行方不明の母親から聞いたおとぎ話『伝説のモグラ』の続きが聞きたいという半蔵の、ある種の純情さもまたよかったのです。

『赤ずきんチャチャ』

若かりし頃、アニメ出演も果たしていました。少女漫画の純主人公、狼男のリーヤです。

Img20090303 1 p

怪力馬鹿だけど、優しい子だった気がします。「うわあ、演技力が・・・」なんて思ったのもいい思い出ですが、そんな悪くもなかった、か、な?ちなみにSMAPはこのアニメの主題歌(最初のOP)も担当していました。

草彅剛さん・『成田離婚』

当時はやっていた「成田離婚」という言葉から生まれたドラマ。瀬戸朝香さんと夫婦役でした。お互い離婚はしたものの、未練はある。元妻が妊娠した。じゃあ復縁しよう!と子供の靴まで用意したんですが、「いや、妊娠間違いだったわアハハ」と笑う姿に怒ったり。何て言うか、歯がゆい感じでした。

Img 0

成田離婚とは、新婚旅行が元で離婚することです。つまり、スピード離婚のこと。