懐かしい駄菓子が勢揃い!『だがしかし』第2話に登場した駄菓子まとめ

89c1e260 s

『だがしかし』では名前の通り懐かしい駄菓子が沢山登場します。
ここでは第2話に出てきた駄菓子を御紹介していきます!
第2話ではおもちゃ付きのあのお菓子が登場!

きなこ棒

35e95a02 s

ほたるがココノツの店で一番目を引くと言ったこの商品。
こちらは『きなこ棒』という水飴を使った駄菓子です。
1958年より西島製菓にて発売が開始されました。
価格は一本10円前後。
独特な味付けに病みつきになってしまいます。

5685170

生いきビール

%e7%84%a1%e9%a1%8ckj j

ほたるが持って来ていた駄菓子。
こちらは『生いきビール』という粒状のドリンクです。
松山製菓株式会社にて発売が開始されました。
価格は30円前後。
見た目も味も本物のビールのようで思わず何度も買ってしまう商品です。

20130531 529632

キャベツ太郎

Kll lk

ほたるとココノツが生いきビールのおつまみとして食べた商品。
こちらの真ん中にある商品は『キャベツ太郎』というスナック菓子です。(他の商品は既にご紹介しました。)
1981年よりやおきんにて発売が開始されました。
価格はお一つ24円前後。
濃い味付けなうえにサクッと食べれてとても美味しいです。

5571518

フエラムネ

Lu

ほたるが自慢げに見せたこの商品。
こちらは『フエラムネ』というラムネです。
1960年よりコリス株式会社にて発売が開始されました。
価格はお一つ62円前後。
フエラムネを鳴らす、飽きたら食べる、おもちゃを使って遊ぶなど楽しめる要素が沢山ある商品です。

Korisufue1

フエガム

Jk

ほたるが紹介していた商品。
こちらは『フエガム』です。
1952年よりコリス株式会社にて発売が開始されました。
価格はお一つ21円前後。
こちらもフエラムネのように笛が吹けるうえにガムまで食べれるなんて一石二鳥ですよね。

014 pic

まとめ

ここでは『だがしかし』第2話に出てきた駄菓子を御紹介していきました。
いかがでしたでしょうか?
どれも食べたくなるような駄菓子ばかりですね!
そして物によっては懐かしみを感じます。
個人的にはやはりきなこ棒が好きでした。
駄菓子屋店で何度も買って食べていたことを覚えています。
当たり棒が出るととっても嬉しかったですね。
第3話ではどんな駄菓子が出てくるのか楽しみですね!

なつり
なつり
@natsuri0801

Related Articles関連記事

『だがしかし』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

「だがしかし」とは漫画家コトヤマによる少年漫画、及び2016年にfeel.で製作されたアニメーション作品。実際にある駄菓子を扱ったギャグコメディ。実家が駄菓子屋の主人公「鹿田ココノツ」は、父「鹿田ヨウ」に駄菓子屋を継ぐように言われるが、ココノツには漫画家になるという夢があった。そんなココノツの元へ、大手お菓子製造会社「枝垂カンパニー」の社長令嬢で美少女の「枝垂ほたる」が現れた。

Read Article

Contents