目次

  1. どんな怪獣なの?
  2. 今回はここまで!

どんな怪獣なの?

ゴモラが初登場したのは約50年前に放送された初代ウルトラマンの第26話「怪獣殿下」。元々は古代に生息していた恐竜の生き残りで、日本万国博覧会に展示しようとした人たちによって麻酔を打たれ生け捕りにされてしまう。しかしそこはお約束通り、麻酔が切れて怒りが爆発したゴモラは大阪で大暴れ。あの大阪城を豪快にブチ壊しながら市内を蹂躙。その力は強大で、ウルトラマンを尻尾を振り回して叩きのめし(技名はメガトンテール)2回戦に持ち込んだほど。突進や格闘などで善戦するが、最後は尻尾を切られ鼻と頭の角も折られた後にスペシウム光線で力尽きた。人間が最初から手出ししなければ無人島で無害な怪獣として生息できていたであろうことを考えると、なんとも不憫な怪獣である。

ちなみにその後ゴモラは別のウルトラ作品にたびたび登場しており、「大怪獣バトル」では主役級のキャラにまで出世している。個人的に印象に残っているのは「ウルトラマン80」に登場したゴモラ。一応初代ゴモラと同じ恐竜の生き残りなのだが、なんと体から様々な光線技を出せるように進化しているのである。地底に眠っていた間に何があったのか…。余談ではあるがゴモラは登場回数を重ねるごとに動きが機敏になっているような気もする。

1

これが「ウルトラマン80」に登場したゴモラ。角や手から多彩な光線技を繰り出す。それにしても目がおかしいような…。

初代ウルトラマンに登場したゴモラとウルトラマン80に登場したゴモラ2代目を比較した動画。比べれば違いがとてもよく分かるので一見の価値あり。

Gomora

こちらはゴモラのソフビ人形。基本的なフォルムはほぼ一緒だが、画像右の体色が赤みがかっているファイアーゴモラのような亜種も存在する。またウルトラマンXにはサイバーゴモラというデータ怪獣としても登場した。

Gomoraarmor

こちらはサイバーゴモラのデータをアーマーとして装備したウルトラマンX。両腕に装備された巨大な爪状の武器、頑丈な肩アーマーなどゴモラの特性を上手く再現したものとなっている。

今回はここまで!

いかがでしたか?次回もきっと気になるウルトラ怪獣を紹介しますのでチェックしてみてくださいね!