目次

  1. 討伐隊正式銃槍
  2. ユクモノ太刀
  3. 骨刀
  4. アッパーブレイズ
  5. アンバースラッシュ
  6. ダインスレイヴ

討伐隊正式銃槍

武器作成動画で一番有名なのではないのでしょうか。
ガンランスを作るだけではなく、ガンの要素を入れてきちんと発射できるようにしています。時代のせいで画質はやや悪いですが、それでも武器作成動画の中でも最高峰。
各種イベントでも引っ張りだこだった武器です。

ユクモノ太刀

モンハンの中では人気の武器種・太刀。作ろうとする人たちはやはり多いですが、苦労するのはやはりその長さ。
短ければ太刀っぽくないですが、長いと作りづらいし保持しづらいというジレンマ。
また、鞘を作らなければいけないということでその合わせも必要と、本当に刀を作るかのような工程が必要になっています。

骨刀

こちらも太刀。
他の武器にも言えることですが、ゲーム中では当然それぞれの素材で作っているという設定ですが、そんなもの再現できませんし、出来たところで重すぎて扱えません。
そのため軽い素材で作り上げるのですが、そうするともちろん手触りやら色やらが大変に。そこをどうにかしようとする技術はまさに職人技。製作者の熱意と苦労が伺えます。

アッパーブレイズ

今度は相当な質量を誇る大剣です。こちらもかなりの長さが必要なのですが、やはりその辺りはゲーム中ほどのど派手さは再現しきれない模様。
しかし、一つ一つの細かなパーツに気を配ることで、再現性という点ではまさしくゲーム中のような質感に。

今回作られたアッパーブレイズはゲーム中ではちょっとした変形機構があるのですが、さすがに手作りではそんな機構は……

アンバースラッシュ

なんと、作ってしまった人が。
アンバースラッシュはスラッシュアックスという武器種。斧モードと剣モードを使い分けて戦う武器なので、確かに再現性という意味では変形は重要です。
しかし、まさか手作りでそれを本当に作ってしまうとは、と思ってしまいますね。長さなどはやっぱりゲーム中には及びませんが、変形を再現できているというだけで充分でしょう。

ダインスレイヴ

昨今の作品からも当然作られます。
イビルジョー飢餓の武器を作られましたが、そのトゲトゲしく禍々しい形を完全再現。手間を惜しまず苦労して、各種装飾なども完璧に作り上げています。
こちらも変形機構があるのですが、ちょっと生々しい変形というか変化なのでさすがに再現は不可能。
また纏うエフェクトもさすがに無理なのですが、単純な武器としてならしっかりと作り上げられています。

これらの他にもさまざまな武器や、また衣装などを作る動画も公開されているので、いろいろとご覧になりたい方は是非ご自分でも探してみてはいかがでしょうか。
自分が愛用していたあの武器を作っている人もいるかもしれませんね。