NPCが生きている! ゼルダの伝説 ムジュラの仮面の作りこまれたNPC達

Guruguru

『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』は3日間を何度も繰り返すコンセプトであり、同じ風景・NPCの行動を何度も見る事になります。 この為か、プレイヤーが飽きないようにNPCの行動が非常に作りこまれています。

NPCが作りこまれている『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』

『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』は”3日間を何度も繰り返す”というコンセプトの作品です。 同じ場面を何度も見なければならないというのは飽きるんじゃないかと思いがちです。 それを防ぐ為か、キャラの何気ない行動が非常に作りこまれています。

ゴーマン座長

20150813144157

「ミルクバーで飲んだくれている」、「主人公に悪態をつく」、「バーで楽器を演奏するイベントの際、野次を飛ばす」など、粗暴なセリフが目立ちます。
その理由はゲーム序盤で始まる、市長宅での会話イベントを見ればわかります。
初めてプレイした時のゴーマン座長のセリフに「なんだコイツは?」と思ったプレイヤーも多いでしょう。 3日間を何度もループすることで上記の会話イベントを聞いて、ゴーマンが自暴自棄になっている理由に気づく……という作りこまれた演出です。

お面を付けた謎の少年

5522d89ddffd9f7d3b5c2dd70bdec8bb

1日目の最初に見かける、黄色い狐のようなお面をつけた少年。 ポストに手紙を投函するとすぐに走り去ります。 この少年には話しかけることが出来ず、後を追いかけると家に閉じこもってしまい、この時点ではその家に入ることもできません。 そして3日目にはクロックタウンから遠く離れた場所にこの少年が居ます。

この少年の正体はあるイベントで判明し、投函した手紙の内容、家に閉じこもる理由、なぜ3日目にクロックタウンから離れた場所にいたのかが分かります。 このイベントは3日間を費やしてようやくクリアできる長いものですが、ストーリークリアに必須ではありません。 サブイベントにも関わらず、3日間の行動が大変作りこまれています。 イベントの流れと結末を知った後だと、少年がどういう気持ちで3日間の行動をうかがい知れます。

アンジュ

60no3

ナベかま亭の受付をしているアンジュ。
行方不明になった婚約者を探しており、何かを思い悩むような言動が目立ちます。
カーフェイイベントの一部では、壁紙がはがれた壁からアンジュと母の会話が聞こえてきます。 この会話はイベント進行に直接関係せず、聞かなくてもイベントは問題なく進みます。 つまり完全に裏設定をプレイヤーに伝える為だけに用意された会話イベントであり、裏を返せばここまでキャラ設定が作りこまれているという事です。

クリミア

Smile

ロマニー牧場の牧場主であるクリミア。
アンジュとその婚約者であるカーフェイとは友達の関係です。 馬車で街に牛乳を運ぶイベントでは、アンジュとカーフェイに関する話をします。 この話ですが、捉え方を変えるとまるでアンジュとカーフェイの中を祝福していないかのような発言に聞こえます。ゲーム内では明言されませんが、クリミアはカーフェイに対して友達以上の感情を抱いています。 これに気づくと、クリミアのセリフやアンジュ関連のセリフの理由が全て分かります。

サコン

20121119082905

バクレツのお面を入手するイベントで登場するサコン。 スリの常習犯です。
1日目にサコンがスリをするイベントが発生するのですが、そこでスリに成功している場合、後々マニ屋に売りに来ます。 さらにイカーナ渓谷で怪しくうろついている姿がある他、岩で塞がれた洞窟のような場所に消えていく姿も確認でき、これも別のイベントで理由が明らかになります。
ストーリーにはまったく関わらない脇役なのに、ここまで行動や設定が細かく設定されています。

NPCがここまで作りこまれている作品もなかなかありません

コアなゲーマーには、キャラの設定や行動が綿密に作りこまれた作品を好む人が居ます。 もしアナタがそうだとしたら、『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』を是非プレイしてみることをオススメします。 ここで挙げたキャラ以外も非常に細かく設定されており、作品の背景も凝りに凝られています。 何度プレイしても新しい発見がある作品です。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス(トワプリ、The Legend of Zelda: Twilight Princess)とは

任天堂より発売された、Wii・ニンテンドーゲームキューブ用のアクションアドベンチャーゲームで、ゼルダの伝説シリーズの1つです。略称は「トワプリ」。ハイラルと呼ばれる世界を舞台に、主人公のリンクが、多くの人々との出会いの中で、彼らの助けを借りながら、困難に立ち向かい、ゼルダ姫を助けだしたり、巨悪から世界を守るお話です。

Read Article

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計(夢砂、The Legend of Zelda: Phantom Hourglass)とは

2007年に任天堂からニンテンドーDS用ソフトとして発売された、ゼルダの伝説シリーズのひとつ。「ゼルダの伝説 風のタクト」から数か月後の話で、主人公リンクが幽霊船にさらわれたテトラ(ゼルダ)を助けるために冒険に出るストーリーとなっている。システム面では、ニンテンドーDSのタッチスクリーンやマイク機能を活かした謎解きがダンジョン各所に散りばめられている。

Read Article

ゼルダの伝説 ムジュラの仮面(The Legend of Zelda: Majora's Mask)とは

ゼルダの伝説シリーズの「時のオカリナ」の続編にあたり、NINTENDO64用ソフトとして2000年に任天堂から発売された。「時のオカリナ」で世界を救った主人公・リンクは、冒険の終わりで別れた友人を探して愛馬エポナと共に旅に出た。道中で奇妙なお面をつけた小鬼・スタルキッドと妖精の姉弟と出会い、お面をめぐった事件へと巻き込まれてゆく。

Read Article

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(The Legend of Zelda: Breath of the Wild)とは

2017年に任天堂より発売されたWii U/Nintendo Switch用アクションアドベンチャーゲーム。本作の特徴としてオープンワールドを使用しており、一本道の攻略ではなく自分で選び新しく探すゲームになっている。 それに伴い、武器防具の破損など『ゼルダの伝説』として新たな要素が組み込まれおり、今までにないハイラルの世界をリンクと共に冒険し、救うことが目的になる。

Read Article

ファイナルファンタジーI(FINAL FANTASY I、FFI、FF1)とは

「ファイナルファンタジー(FF)」とは、1987年に発売されたファミリーコンピュータ(FC)用ゲームソフト。ジャンルはロールプレイングゲーム(RPG)。以降、様々なゲーム機にリメイクされている。 FFシリーズの記念すべき第1作目。 闇に覆われた世界に、クリスタルを手にした4人の若者が現れる。 彼らは「光の戦士」として、この世界の闇を払い、平和を取り戻すために冒険の旅に出る。

Read Article

ゼルダの伝説 風のタクト(風タク、The Legend of Zelda: The Wind Waker)とは

任天堂より発売されたアクションアドベンチャーゲームで、ゼルダの伝説シリーズの1つです。ハイラルと呼ばれる世界を舞台に、主人公のリンクが、世界から世界へ、時には時空を超えて旅をし、多くの人々との出会いの中で、彼らの助けを借りながら、困難に立ち向かい、ゼルダ姫を助けだしたり、巨悪から世界を守るお話です。

Read Article

ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし(The Legend of Zelda: The Minish Cap)とは

2004年に任天堂からゲームボーイアドバンス用ソフトとして発売された、ゼルダの伝説シリーズのひとつ。リンクの体を小さくすることでダンジョン攻略をしていくシステムや、リンクが装備できる新アイテムが多く搭載されている。魔人・グフーの呪いによってゼルダ姫を石にされてしまった事件をきっかけに、リンクは言葉を話す不思議なぼうし・エゼロと共にゼルダ姫の石化を解くため、またグフーを倒すために冒険に出る。

Read Article

ゼルダの伝説 時のオカリナ(時オカ、The Legend of Zelda: Ocarina of Time)とは

1998年に任天堂より発売されたNINTENDO64用アクションアドベンチャーゲーム。 ゼルダの伝説シリーズ5作品目であり、初の3D作品。 完成度の高さと革新的な提案は世界中から高く評価され、第3回CESA大賞大賞や、第2回文化庁メディア芸術祭 デジタルアート部門 大賞など、日米欧で数多くの賞を受賞した。また、光村図書の高校美術の教科書にゲーム画像が記載されている。

Read Article

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2(The Legend of Zelda: A Link Between Worlds)とは

2013年に任天堂からニンテンドー3DS用ソフトとして発売された、ゼルダの伝説シリーズのひとつ。世界観は、1991年にスーパーファミコンで発売された「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」からはるか未来の設定である。ロウラルの司祭・ユガによって絵画にされたゼルダ姫と七賢者たちを救うため、リンクは冒険に出る。今作新たに加わったシステムは、主人公リンクが壁の中に入り込める壁画化能力である。

Read Article

Contents