目次

  1. 身体は人間、頭はオオカミ。その名は究極生命体「MAN WITH A MISSON」
  2. 色物ではない!確かな実力のオオカミバンドが日本を席巻!
  3. MAN WITH A MISSIONの曲を紹介!
  4. ファッション、グッズ関係!
  5. 「MAN WITH A MISSION」から目が離せない!

身体は人間、頭はオオカミ。その名は究極生命体「MAN WITH A MISSON」

Manwithamission

写真左よりKamikaze Boy(カミカゼ・ボーイ/Ba.Cho)、Spear Rib(スペア・リブ/Dr.)
Tokyo Tanaka(トーキョー・タナカ/Vo.リーダー)、Jean-Ken Johnny(ジャン・ケン・ジョニーVo.Gt.)
DJ Santa Monica(DJサンタ・モニカ/DJ)からなる五人組ロックバンド。
バンド名は英語で「使命を持った男」という意味で、天才学者のマッドサイエンスにより生まれた
究極の生命体です。設定ではありません(笑)
自らが南極の氷に凍結されていたのですが、地球温暖化の影響で氷が溶けて地球に復活しました。
なんでも日本のAIR JAMに影響されて、音楽で世界を変えたいと思うようになったそうです。
その後2011年フルアルバム「MAN WITH A MISSION 」でメジャーデビューを果たします。
このアルバムから彼らのことを知った人も多いでしょう。
ライブの定番曲「FLY AGAIN」が収録されているのもこのアルバムです。
2012年日本クラウン主催の第48回日本クラウンヒット賞をJ-POP部門で受賞します。
その際ニュースにもなりましたが、あの演歌の大御所北島三郎さんと同席し、激励を受けていました。
あのマンウィズと北島三郎さんが一緒に写っている様は、かなり異様なものでしたが、
個人的には感激したのを覚えています。
ちなみに日本語を話せるのはボーカルのジャンケンジョニーのみ。
他のメンバーに話かけても通じないので、注意してください。

Pn2012021001001998. . .ci0003

北島三郎とMAN WITH A MISSION。
コラボとかしないのかな?(笑)

色物ではない!確かな実力のオオカミバンドが日本を席巻!

話題のオオカミバンドは徐々に日本に浸透していきます。
日本三大ロックフェスであるフジロック、ロックインジャパン、サマーソニックにも出演を果たします。
また全国各地のフェスにも引っ張りだことなる人気ぶり。
テレビ番組にも多く出演し、ついにはあの「ミュージックステーション」にも出演を果たします。
他にもダウンタウンの音楽番組「HEY×3NEO」にも出演し、ダウンタウンとトークを繰り広げたりと
その知名度を一気に上げていきます。
2013年には今音楽業界で最も欲しいと言われている、CDショップ大賞の大賞を二枚目のアルバム
「MASH UP THE WORLD」で受賞します。
CDショップ大賞は出版業界でいう本屋大賞のようなものです。
その勢いは凄まじく、色物バンドではないことを証明しました。

MAN WITH A MISSIONの曲を紹介!

「FLY AGAIN」
バンドを代表する曲の一つ。
ライブではオーディエンスが左右に手を上げます

「Emotions」

「FROM YOUTH TO DEATH」

「フォーカスライト」

「Feel and Think」

「distance」

代表的な曲を紹介しましたが、まだまだカッコイイ曲はたくさんあります!

ファッション、グッズ関係!

5 years 5 wolves 5 souls

彼らの新しいロゴ。おしゃれでカッコイイ。
以前より強そうな印象になっています。

Man with a mission 300x300

おしゃれなファッションも彼らの魅力!

Man with a mission13.03 560x380

思わず真似したくなるコーディネート

Techinsight 20150819 127143 1

このシャツも素敵!

P1

こんなステッカーもあるみたいです。色んなところに
貼りたくなってしまいますよね!

Sim

マンウィズで全身コーディネートしてみるのもありかも!

0703 05

タワレココラボTシャツ

ファッションにも注目してほしいのですが、彼らの代名詞といえばワークシャツ。
胸にはロゴ入りで、オリジナルの物になっているようです。
また彼らのグッズも充実しており、大人気です。
パーカーにTシャツやタオル、帽子にワークシャツ、ワークパンツと眺めていると
どれも欲しくなってしまう程のカッコ良さ!ブランド「X-LARGE」とのコラボ商品も
あるみたいですので、欲しい方は検索して見てみて下さい!

「MAN WITH A MISSION」から目が離せない!