目次

  1. 太宰治作品の秘密

太宰治作品の秘密

太宰治作品には共感や歓喜ではなく、嫌悪や恐怖悲痛などの共感がある
例えば、自分もそうだなぁ、私もこれはそう思う
これは経験したことあるぞなどなど
そうすればより物語に深く入り込むことができるだろう。
何せ自分に似ている主人公が登場するのだから面白くないわけがない
作風が陰鬱としていて好きでない人も多いだろうが、意外と洒落の利いている作品も数多くある
如是我聞や駆け込み訴えなどはとても読みやすい印象を受けることだろう
今まで太宰作品に手を出さなかった人たちもぜひこれを機に手に取ってみてほしい