目次

  1. 北海道にて「tacica」活動開始。メンバー脱退により現在は二人。
  2. ボーカル猪狩翔一、その歌声に注目。
  3. 活動休止を経て再び放たれるアルバム「命の更新」、「HOMELAND 11 blues」。
  4. 猪狩翔一結婚!メンバー脱退を経て、更に進化し続けるtacica。

北海道にて「tacica」活動開始。メンバー脱退により現在は二人。

Tacica

2005年4月、北海道札幌市で活動を開始したスリーピースバンド「tacica(たしか)」。
初めはスリーピースバンドとして活動していましたが、ドラムの坂井俊彦が2014年
に脱退することになり今現在2人で活動を続けています。
写真左から小西悠太(Ba.)、猪狩翔一(Gt.Vo.)。
メジャーデビューを果たしたのは2008年。現在までにシングルを9枚
フルアルバムを5枚発表しています。

ボーカル猪狩翔一、その歌声に注目。

彼らの魅力は何といっても、ボーカルの猪狩翔一の歌唱力にあります。
初めて聴くとまず「いい声だな」との印象をもってもらえると思います。
独自の世界観を持っており、猪狩が書くその歌詞にも注目して聞いてもらえると
より興味を持っていただけると思います。
どの曲も一つの物語のように、素敵な曲ばかりです。


「黄色いカラス」
1stシングル

「人間哀歌」
2stシングル

「メトロ」

活動休止を経て再び放たれるアルバム「命の更新」、「HOMELAND 11 blues」。

2010年当時のメンバーだったドラムの坂井が入院することになり、当面の活動休止を
余儀なくされます。坂井が退院後は活動を再開し、2011年には3枚目のアルバム
「命の更新」を発表します。またシングルで発売した「new song」が大人気アニメ
「NARUTO」のOPに起用されることになり、その名を広めることになります。
2013年には4枚目のフルアルバム「HOMELAND 11 blues」を発表。
シングル「HALO」がアニメ「宇宙兄弟」にOPに起用されることになり
徐々に知名度を上げていきます。
コンスタントに楽曲を発表し続け、大型フェスへも参加しライブ活動も精力的に
行われています。
大物バンドのトリビュートアルバムへも参加しており、THE YELLOW MONKEYの
トリビュートアルバムには「カナリヤ」で、
エレファントカシマシのトリビュートアルバムでは「リッスントゥザミュージック」で
参加しており、まるでtacicaの曲のような仕上がりとなっています。

「命の更新」
アルバム「sheeptown ALASCA」収録

「ハイライト」
アルバム「sheeptown ALASCA」収録

「掟と碇」
アルバム「sheeptown ALASCA」収録

「不死身のうた」

「Co.star」
アルバム「HOMELAND 11 blues」収録

「new song」
アニメ「NARUTO疾風伝」OP

「From the Gekkô」
アルバム「HOMELAND 11 blues」収録

猪狩翔一結婚!メンバー脱退を経て、更に進化し続けるtacica。

「サイロ」
東名阪ツアーイベント「三大博物館」のテーマ曲­
バンド史上初となる配信限定でリリースされる。

2013年ボーカルの猪狩翔一が結婚していたことを発表。なんとそのお相手はあの大人気
ガールズバンド「チャットモンチー」の橋本絵莉子であることがわかりました。
この時点ですでに妊娠していることが明かされ、その後第一子男児を出産されました。
この発表は両バンドのファンを驚かせたニュースとなりました。
おめでたいニュースもつかの間、2014年にはドラムの坂井俊彦がバンドを脱退することになり
サポートメンバーを入れて、現在の二人体制で活動を続けていくことになりました。
そんな二人体制で初となるアルバム「LOCUS」を発表。
二人となりましたが、その楽曲は変わらず、むしろよりtacicaらしい世界観を作り上げられている
アルバムとなっています。
これまでtacicaの曲を聞いてどんな感想を持たれましたか?
個人的には、もっと評価されてほしいと思うバンドです。
この記事を読んで、少しでも興味を持たれた方、ぜひ彼らのライブに足を運んでみてください。