目次

  1. D.Gray-manのあらすじ
  2. 原作とアニメについて
  3. D.Gray-manアニメ新シリーズは どこから放送される?
  4. 原作派が期待せざるを得ない新作の見所!
  5. まとめ
  6. 引用画像元と関連サイト

D.Gray-manのあらすじ

20090925 984352


仮想19世紀末のヨーロッパを舞台に、世界の命運を賭けた戦いが始まる――。

「機械」「魂」「悲劇」を材料に造り出される悲しき悪性兵器「AKUMA(アクマ)」。
AKUMAの製造者「千年伯爵」は、ノアの一族を率いて世界終焉への計画を進めていた。
そして、唯一AKUMAを破壊できる神の結晶「イノセンス」に選ばれた存在である「エクソシスト」達。
主人公・「アレン・ウォーカー」もその一人であった。

アレンは世界とAKUMAに縛られた魂を救うべく、仲間と共に長く険しい戦いに身を投じていく・・・。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

原作とアニメについて

61vuk9e0 2bzl. sy352 bo1 204 203 200

2004年から連載されている「D.Gray-man(ディーグレイマン)」は
ダークファンタジー要素の強い世界観と、飽きそうで飽きの来ないストーリー、
作品の雰囲気をより魅力的にする美麗なイラストがファンの心を掴んでやまない作品です。

当初は「週刊少年ジャンプ」で連載されていましたが、作者・星野桂さんの度重なる休載が続きました。
そんな事もあってか、月刊誌の「赤マルジャンプ」や「ジャンプスクエア」への移籍などを経て
現在は「ジャンプSQ.CROWN 」で連載されています。

Img 3

2006年からはテレビ東京系列にてアニメが放送開始。
全103話に渡って「黒の教団壊滅事件」編(原作では~158夜)までが映像化されました。

ノアの1人ルル・ベルや、とんでもない戦闘能力を持つLv.4のAKUMAが黒の教団本部を襲撃した後、どうなったのか・・・。

実はここから先、黒の教団本部の移転に加え、主人公・アレンをはじめとする主要キャラの過去や謎やらがどんどん明らかになってくるわけです。

D.Gray-manアニメ新シリーズは どこから放送される?

という事で、キービジュアルをご覧の通り「アルマ編」から放送スタートです!!

前シリーズと比べると、より原作寄りの絵柄になっていて期待大!
そして原作では黒の教団壊滅事件の後に短編のギャグ回や新キャラ登場回があるのですが、
新シリーズは「アルマ編中心」との事なので、短編はカットされそうな雰囲気ですね。

※以下アニメ派の方ネタバレ注意※「アルマ編」のあらすじ▼

黒の教団「北米支部」が千年伯爵とノアの一族による襲撃を受けます。
千年伯爵の目的は、北米市部にある”AKUMAの卵核と融合した「アルマ」という被検体の人間を覚醒させる”こと。
しかし、本当の目的はどうやら別にあるようで、世界各地でAKUMAと戦っていたエクソシスト達の中から神田とアレンだけが何故かノアの手によって北米支部へ誘導されます・・・。

ありがとうございます!
是非 燃え尽きるまで白熱した議論を繰り広げて頂きたいと思います!!(オイ

【新キャスト情報も続々!】

●アレン・ウォーカー / cv.村瀬 歩 (前シリーズ☛cv.小林沙苗
●ハワード・リンク / cv.立花 慎之介 (前シリーズ☛cv. 岸尾だいすけ

原作派が期待せざるを得ない新作の見所!

12224318 1107285462622530 597575945 n

〈星野桂さん Instagramより〉

今回の「アルマ編」では、第5使徒である「智」のノア・「ワイズリー」の術によって、アルマと神田の過去が明かされます。

やっぱり主要キャラの過去に迫る展開は熱いですよね~(´∀`)
作中でも1、2位を争う人気キャラだけにファンの期待も相当高まっている模様です。

そして過去に黒の教団が行っていた「セカンドエクソシスト計画」とは・・・?
若干の中二病感も織り交ぜつつ、神田VSアルマの激しい戦闘シーンがどう映像化されるのか注目です。

O0320024010730040579

一方、アレンはあんなこんなで14番目に覚醒・・・。
今までにも「それっぽい」描写は何度かありましたが、今回はガッツリ「14番目」も登場します。

不可抗力とはいえ、主人公が敵サイドに回る展開はなかなかに熱い!!

不気味かつゾクゾクする覚醒シーンの演出は漫画で見ても相当な迫力があったので、
個人的にこのシーンのアニメ化には期待していますw