目次

  1. 1.キジトラ
  2. 2.サバトラ
  3. 3.シロ
  4. 4.クロ
  5. 5.ブラック&ホワイト(黒白)
  6. 6.茶トラ
  7. 7.茶シロ
  8. 8.三毛
  9. 9.シマ三毛
  10. 10.さび

1.キジトラ

Top6

一説にはもともと猫の毛色はキジトラのみで、ほかの色はすべて突然変異のようで、
キジトラは元祖であるがゆえ、野性味あふれ警戒心がとても強い性格です。
乱暴な面がありますが、病気に強い面もあります。

2.サバトラ

9bdf40befda56aded47d3d00bffed8319

パッと見あまり見分けがつかないキジトラとサバトラなんですが・・・
性格も似ているようで気が強く、警戒心が強い子が多いようです。
中にはフレンドリーな子も多いようで、キジトラ君より少しだけ穏やかなようです。

3.シロ

20375ced40379f1e8ea26f8e6c287f044

基本的にクールで神経質。プライドが高いようです。
飼い主に対しての独占欲も強く、甘えだすととことん甘えるタイプです。

4.クロ

Yjimage

クロ猫といえば「魔女の宅急便」のジジをご想像する方が多いんじゃないでしょうか。
そんなクロ猫の性格は人懐っこい。飼いやすい毛色であること間違いなしで、
統計ではクロ色は野良猫が少ないようで、猫を飼うならまずクロを選択してもいいんじゃないでしょうか。

5.ブラック&ホワイト(黒白)

Yjimage

黒が多いと穏やかで、頭がよい。
白が多いと気が強くなる傾向があります。
協調性が高い。

6.茶トラ

Yjimage

茶トラ君は甘えん坊で元気いっぱい。オス猫が多いのも特徴。
人間が大好きで、特に日本人と相性がいいと言われています。

7.茶シロ

Yjimage

ほぼ茶トラですが白が多めです。
性格は甘えん坊でおっとりしています。
臆病な子も多いのが特徴です。

8.三毛

Yjimage

メスが多いのが特徴。
メス猫ということでわがままでプライドが高い。
気分屋。
警戒心が強い。
猫相手にも好き嫌いがはっきりしている。
母性本能も強い。